TOP > 政治・経済 > ハライチ岩井が文章を「面白く書く」ときに一番大事にしていること(山本 ぽてと) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

ハライチ岩井が文章を「面白く書く」ときに一番大事にしていること(山本 ぽてと) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

57コメント 登録日時:2019-12-04 07:35 | 現代ビジネスキャッシュ

“僕のような一介のお笑い芸人でも、自分の生い立ちを深掘りされるトーク番組に出演することはある。そこでは今までの人生を面白おかしく話さなくてはならない。僕は正直それが苦手だ”...

ツイッターのコメント(57)

インタビューだけで面白かった。本も読んでみよう。

@gendai_biz
面白く書くことについて、岩井さんはどう捉えましたか。
本当は2、3行で終われるエピソードを、2500字にしている。なんでもないことを、どれだけ膨らませられるのかだと思います。
@gendai_biz
ハライチ岩井氏のインタビュー初めて読んだが結構近いものを感じた
『でもだいたいの人間はぼーっと生きていて、それについて深く考えていない。そこを深く考えるようにしているから、「そんなことを考えたことがなかった」と多くの人が思うんじゃないんですか。』

他人との違いはここか。

ハライチ岩井 @gendai_biz
ブクマ消化。若の話の次にこれ読むと…wwうーんとがってる!!
この文章読んでハライチが好きになった。ハライチの笑いの質とは異なる価値観感じる

@gendai_biz
この文章読んだだけで、すごい好きになった。シニカルなようで現実主義だし、自分が何者かや、読者が何を求めてるか考えに考えてるんだろうな。

@gendai_biz
山本ぽてとさんによるハライチ岩井さんのインタビュー、すごく面白い。「二行目の内容を冒頭に持ってくると、『ぽい』文章になる」とか、慧眼だな。

@gendai_biz
@gendai_biz

斜に構えてるが頭良いな。
この記事は最高。
そうそう「視点」なんだよね。編集者が書き手に求めるのは。文章はうまくなくていい。

@gendai_biz
この人面白いんだよな、視点が独特で、嘘がない潔さがある。

@gendai_biz
(澤部がフェスに行く話を承けて)
“行かないですけどね、俺はね。行かないですけど、「行かない人種の仲間だぜ」と、嘘ついて、人を集めるのは嫌なんですよ”

実際この感じを貫くのすごく難しい
“誰にも言うことじゃないけれども、言うと「あるわー」とみんなわかる。言うほどのことじゃないけど、めちゃくちゃある。そんなことを書いているような気がします。”/ @gendai_biz
@gendai_biz

どんな答えもしっくり来る。

この人は考えることをめんどくさがらずに日々過ごしてるから好きなの、顔も好きだけど
岩井「みんな無理してやっていることを、しないようにしているだけです。別に下ネタだから面白いとも思わないし、リア充へのやっかみがあるわけでもないので」/ハライチ岩井が文章を「面白く書く」ときに一番大事にしていること(山本 ぽてと) | 現代ビジネス | 講談社
赤裸々なやり取りで面白い。

@gendai_biz
"一番気にしているのは、読んだ時のリズムです。リズムを良くした方がいいのかは知りませんが、漫才を作る時に、そういうふうにしていたので、そのリズムで書いているような感じがします。" ハライチ岩井が文章を「面白く書く」ときに一番大事
ひねくれてんなー
でもそういう人が嫌いじゃない
むしろ好きだし読んでて面白い

@gendai_biz
・要領がいい人=構造を理解し真似れる人
・面白い話を考えられる人=2.3行で終わる話を膨らませられる人

岩井さんのインタビュー記事とてもタメになる

必読だ

@gendai_biz
俺は日記的な本当になんでもない文章書くのが苦手というかどう終わらせていいか分からなくて無理矢理オチをつけようとしちゃうんだけど、そうか哀愁で終わらせればいいのか!

@gendai_biz
「事件が起こってほしい」なんて思ちゃいけない。そんなヤツに、事件が起こっても面白くない。「事件なんて起こらないで欲しい」と思っているヤツに事件が起こった方が、面白い。そっちの方が、はたから見ていて滑稽です。

これはかっこいいわ。
文章の話興味深かったな。あるあるの話面白かったし、「ふわっと感じていただけで、それは言語化出来てなかったじゃん」は耳が痛かった
@gendai_biz
それはそうと元記事。
こういうフラットな頭の良さいいなと思った。
ほんとうに、この方の考え方はまっすぐでシンプルで刺さる。

@gendai_biz
まじ笑った
"本当は2、3行で終われるエピソードを、2500字にしている"

"どこかで、下ネタは「悪いことなんじゃないか」と思っているんですよ"

"哀愁出せば、終われませんか? 文章って?"
文章が上手いかどうか、より『書けるような中身があるか』が重要なんだなあ。形式じゃない。

@gendai_biz
「人が言っている分にはいいけど、自分で言い出すとちょっと違う」はすごいよくわかるな。見失いがちだから、違和感に敏感でいたい。

@gendai_biz
――ライトノベルは何を読んでいたんですか?

一番読んでいたのは『ブギーポップ』シリーズ(上遠野浩平著、電撃文庫)です。電撃文庫系はちょこちょこ読んでいました。広く浅くって感じです。
――では、怒るのではなく、じゃなくて、理屈を問うている?
そうですね。基本的に。

↑ここがものすごくいい。

@gendai_biz
これ以上ないくらい素直〜〜

@gendai_biz
"あとは、視点。”
サラッと核心を突く一言にドキドキ。
岩井さん、読み手の目線になる方法を掴んでいてすごい。
自分の体験を「あるある」に置き換えるのもその方法の一つかも

@gendai_biz
パワーワード
「すいこう」ってなんですか?

@gendai_biz
おもしろ~本買お~~ってなるやつ‼️

@gendai_biz
@gendai_biz 面白。構造の把握が上手いと自分で言うのも納得。小林幸子の例え話がスッと出てくるのスゴい。
@gendai_biz 山本ぽてとさんがインタビューしてるよ!
岩井、あるある好きなのか..?
岩井さんが好きなので読んだんだけどすごく面白かった。頭がよい〜〜〜〜!ほんとうに「ぽさ」の演出ができる人なんだと思う
"明確な形になっていない「あるある」を文章にすると、「ああ、私も思っていた」とみんな言います。でもふわっと感じていただけで、それは言語化出来てなかったじゃん、って思う。"
好きだ〜この記事。
6ページ目の写真2連発で草生えた

@gendai_biz
@gendai_biz >僕は要領がいいんですよ。コツをつかむのが早い。

っトランプ投げ
コピーもそうね。| (抜粋)僕は「あるある」が好きなんです。明確な形になっていない「あるある」を文章にすると、「ああ、私も思っていた」とみんな言います。でもふわっと感じていただけで、それは言語化出来てなかったじゃん、って思う。

@gendai_biz
"他の人が揶揄して言っているならいいけれど、当の本人から言われると、ちょっと冷めますよね。"←ほんこれ
@gendai_biz
面白い。インタビューの受け答えも面白かった。
@gendai_biz
“だいたい「言われてみれば」なんです。だいたいみんな、ぼーっと生きているんで、言われてみないとわからない。考えてない。僕は考えるようにしている。”文章が面白い人の特徴…

@gendai_biz
@gendai_biz 最近のインタビュー読んでたら、理詰めの人がフラットな姿勢やったら無敵なんだなって思う笑
ハライチ岩井さん(復唱しない方)の考え方がデザイナーに求められる考え方そのものでビックリ。
"本当は2、3行で終われるエピソードを、2500字にしている。なんでもないことを、どれだけ膨らませられるのかだと思います。"
@gendai_biz
いろんなところで繰り返し語られているが、岩井さんが際立つのは↓ここに尽きる気がする。

「みんな無理してやっていることを、しないようにしているだけです」
こちらは現代ビジネスさんがインタビュー記事を書いてくれたもの。是非読んで。
文章あるある! →
担当編集者さんがツッコミになってる笑
以上

記事本文: ハライチ岩井が文章を「面白く書く」ときに一番大事にしていること(山本 ぽてと) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

いま話題の記事