TOP > 政治・経済 > 「2025年の崖」メガバンクと大手ITベンダーが、もし崩壊したら(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「2025年の崖」メガバンクと大手ITベンダーが、もし崩壊したら(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

日本経済を揺るがす大問題が、あとわずか5年で表面化する。大企業が運用している「システム」が老朽化し、それを直せる人材もいなくなってしまう。私たちの生活にも深刻な影響が及ぶかもしれない。...

ツイッターのコメント(48)

最後、みずほ銀行を通してだけど褒められてたから良かった♡
シングルループ学習の欠点に関連してこの記事を思い出した
刷新の機運が高まるのは良いことかと。 |
上下水道や廃棄物処理などのインフラで、全く同じ経験をしたはずなのですが、、、
もっと勉強しよう!!(私も)
大丈夫、ベンテランのエンジニアは定年後は再雇用すれば良いだけ。それよりも、業務そのままに、ただクラウド化しました、みたいな企業が危ないと思う。/ @gendai_biz
経営者のITリテラシーの問題では?
ソフトウェア システムが、
自社の経営にどう結びついているか
ちゃんと、理解できているかどうか
メガバンクあたりはすでにJavaEEベース、クラウド、PKGへ移行するなど対処しているね。問題なのは製造業。以前から思ってたけどCOBOL使える若者なんて殆どいないのに、2025問題差し引いてもレガシーシステム使い続ける意味とは。システム老朽化は深刻ね
2025年には21年以上稼働しているレガシーシステムが全体の6割を占めると予測されています。
老朽化したシステムはリスクでしかないから、今のシステムを作ったバブル世代が現役のうちに新しくした方がいいですね。
今のタイミングで大胆に動けない企業は終わりそう。
ふむ/2025年以降、人材やコストの不足により、老朽化したシステムを改修・運用できるプログラマーがいなくなる。

使い物にならなくなったシステムが障害を頻発し、日本経済、そして私たちの生活がマヒしてしまう。これが「2025年の崖」と呼ばれる問題だ。
日本でのITへの理解のなさが全てでは。高齢化でITについていけない、ITにカネをかけるという発想が薄い。エンジニアの給料も、米豪に比べても安いし
ほお、私の周りの20代はみずほ銀行をあざ笑っていますが、それはちょっと違うんじゃないかと内心思ってました。やっぱり、大好きです週刊現代、うふふ↓

「今回、紆余曲折ありながらも、みずほはメガ3行で最先端に立ったということができます」
記事見た所
一因は一つではない。
一因は協調性で幾つもの支柱があれば一因にならなかったのでは
@gendai_biz 金融は特に若手がやりたがらない(実際自分も行きたくない)から地獄だよなぁ…しかもみ○ほみたいな大規模刷新が終わると仕事は一気に減るからこれもゼネコン構造を招く。地獄だ
大手でももはや変わるための体力もないか。。
"25年には、21年以上稼働している『レガシー(時代遅れの)システム』が全体の6割を占めるとみられます。" 日本企業が持っているシステムの内6割?まじなのか?笑
さてさて、吉と出るか凶と出るか
大企業は古いシステムを継ぎはぎしながら使っている。システムをつくった人材はもう残っておらず、解読は難しい、その上システムを触れる人材は減り続けている。

@gendai_biz
DXという古い文脈で捉えることが古いと感じます。立場が微妙なのはSIer ではないとおもいます。CXを起点としてしシステムだけではニーズを満たせない状況にどうするのか。どちらかと言えば世代交代を望みます
ふーん。って思ったんだけど、昔のシステムのロジックをそれこそAIが解読できるようにすればいーんじゃないの?(とシロート考え)→ @gendai_biz
事業会社でもいえるけど、どんな仕組みかわからず使ってる人が多すぎる。
だからベンダーとの間に立つコンサルが儲かるんだけども
好き好んでそういうレガシーシステムを触りたがるエンジニアは、やっぱり少数派だと思います。エンジニア不足というのもやっぱりあるとは思いますけど。 /
NECとIBMの時代は終焉
10年くらい前のシステム保守した時ですら完全にブラックボックスだったもんなぁ
20年前のシステムなんて触らないまま天寿を全うしたい
大企業が若い労働力を安く扱ってきたツケが回ってきましたね。いいから国も企業も賃金を上げなさい。
高齢者にお金を注ぎ込んで、テクノロジーが発展しますか?
日本の企業には、'80~'90年代に開発された情報システムをいまだに維持、運用しているところも多くあります。'25年には、21年以上稼働している『レガシー(時代遅れの)システム』が全体の6割を占めるとみられます/それをつくった世代が退職するのが2025年……。
みずほ銀行が褒められてる!
みずほ銀行の度重なるサービス停止は、システム刷新が理由だったのですね。それをもっと周知させれば良かったのに。。。 /
絶好のチャンスだ!

>日本経済を揺るがす大問題が、あとわずか5年で表面化する。大企業が運用している「システム」が老朽化し、それを直せる人材もいなくなってしまう。私たちの生活にも深刻な影響が及ぶかもしれない。
IBMはPCで世界トップレベルでしたが、自ら撤退して今はSIをされています。2年以内に、4メガバンク統合してください。70%は考えておきましたので、あと30%の調整とやるだけです→
大袈裟なのか、事実なのかわからんが。

前から言われていた事ですよ。
対応を始めていない所なんて、ないに決まっているじゃないですかw

ないですか?
スクラッチで作っているところは早めにパッケージ探しをして、業務改善から取り組まないといけない。

なので、結構時間はないんですよねー /
単純労働に関しては、代替される事を不安に思うだけではなく、そこからシステムを作る側に回っちゃえば強いなと改めて思いました
システム開発としてエンジニアしていて、客先の書庫にある2000年以前の手書きの紙が張り付いたシステム仕様書から、データを起こしてテストするから、それからシステム大恐慌が訪れるのは確実だと解る。

いまだに仕様書...
システム刷新には莫大な費用と時間がかかります。そして何より優秀なエンジニアが必要になります。

優秀な若手エンジニアはITベンチャーにどんどん流出しています。彼らには古い技術は将来を考えると魅力的には見えない...
これを機にレガシーシステムなくして、運用からシステムまで最適化してくべきじゃない?レガシーな仕組みを守ろうとするからこうなる。守る価値あるんだっけ?

今から始めればまだギリ間に合うんじゃないかなー、、と無責任な意見を述べますw
あらっ!
大変!
今直面してるよー😭社内のだれも危機感を持ってなくて困ってる。

@gendai_biz
みずほがやってた事がやっと分かった。一気にあれだけの額の経常した理由は、将来の投資的な意味も、あったのか。
システム全然わかりませんが、私たちの、生活に密接に関わってるのですね。
2025年の壁の問題に気づいてるところあるんだろうけど、大手ベンダーに任せればいいんやろみたいに考えてるところ多い気がして何だかなーって感じ。 /
2018年に経済産業省が発表した『DXレポート~ITシステム「2025年の崖」の克服とDXの本格的な展開~』には、多くの経営者が、将来の成長・競争力強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを創出し...
こうやって不安を煽ってもらえると、コンサルの単価が上がります。
ごっつぁんです。

>
みずほが最先端システム笑
メガバンク内で競い合うのではなく、ネット銀行と比較して最先端なのかどうかが重要では?

「2025年の崖」メガバンクと大手ITベンダーが、もし崩壊したら(現代ビジネス)
その点PLCは楽だな。旧い設備で誰が何時弄ったか分からなくても時間を掛け追えば此処かと解ったからな。
『それをごまかすように、ツギハギの更新を繰り返していくうちに、現場の人間にもそのシステムがなぜ動いているのかわからなくなってしまう。』
立ち行かなくなる限界まで行くのでしょう。勘定系システムにおける開発言語は私が大学以前からずっとCOBOL。金融限定のCOBOLよりも全方位のWebプログラミング(JavaやPython等)の方が稼げるので若手はCOBOLなんてやりたがらない。自然の摂理。どうする金融ITって感じだな。
以上
 

いま話題のニュース

PR