TOP > 政治・経済 > 中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(川島 真) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(川島 真) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

71コメント 登録日時:2019-11-09 10:36 | 現代ビジネスキャッシュ

9月に北京の社会科学院の招きで中国を訪れていた日本の国立大学教授が当局に拘束された。教授は日中戦争史の研究者。これは中国共産党の歴史分野での言論統制の一環と見られる。国内だけでなく海外の研究者にまで統制を行うという非常識に、日本政府は厳しい態度で向かうべきである。...

Twitterのコメント(71)

擁護するのではなく事実として、中国には中国の理屈があってこういう事は感覚として普通の事なの。
だから西側と同じ価値観で判断したり行動するのは危険ということ。

中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(川島 | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
“まさにこの日中戦争期の研究を、中華民国、国民党文書、蔣介石日記や当時の政治家、軍人の個人史料を用いて、極めて精緻に明らかにしている研究者だ。その著作や論文で示される「史実」は、中国共産党の党史からすれば危険な存在である。”@gendai_biz
しかしなあ…この記事にも同じようなことが書かれているが日本の外交力は年々落ちる一方であるように感じられる…そして海外で拘束された邦人を取り戻すことができないために海外渡航するジャーナリストの旅券を取り上げる、そんなことが現実にこの国で起こっているのだ…
ネトウヨどもはこういうのには無関心なんじゃないかなぁ。

@gendai_biz
シナ礼賛学者しかもうでませんよ田舎じまからは、、
我々の何枚も上手です

プーチンにならっているんでしょうね
@gendai_biz 著者的にも洒落にならんでしょうなあ…。
〈現在の日本は「関係改善」を旗頭に、対中関係を穏当に処理しようとするあまり、中国の国際政治領域における対日強硬政策にも穏当に対処するのだろうか。〉
@gendai_biz
あの拘束事件が中国研究者の間で何故これまでになく問題視されているのかがよくわかる文章。学問・思想の自由に対する統制は国境を越えて浸透しうる。必読。
社会科学院近代史研究所の関与は判然としないが、何かの行為を中国で行ったから拘束されたのではなくて、はじめから拘束するつもりで拘束した、計画的な拘束だと思われる点である。
政府が公式声明など全く出さないのが不思議。官邸や外務省仕事してない?> @gendai_biz
いろいろと腑に落ちる解説。
----
・日中戦争史の正当な研究は、中共には危険なこと。(戦争主体は中華民国(=現台湾の国民党)だが、中共は自らの功績と歴史改竄中のため)
・(招聘を利用した)計画的な拘束。
こんな全体主義者を国賓として陛下に合わせていいのだろうか?→
@gendai_biz 「過去を支配する者は未来を支配する。現在を支配する者は過去を支配する」の本領だなあと
困ったねぇ。。。 > @gendai_biz
@gendai_biz 本来であれば招聘元が厳重抗議すべき案件ですね。それが出来ない段階でお察し
@Matsukawa_Rui 他の話題で申し訳ないですが、
この方のことはなんとかしなくたよいのでしょうか?
中国の歴史、内情を研究している日本人は、中国に行くべきではない。
日本中に中国のスパイがいるので、行けば直ぐに拘束されてしまうだろう。
アジアで危険な国、中国、北朝鮮!
あと、馬鹿な韓国!
『衰退する日本を認めたくない連中は羨ましくて中韓の悪口を言ってるんだ!』とか言ってる人は、もう少し現状を見た方がいいよ

@gendai_biz
「今回拘束されたとされる歴史研究者は、まさにこの日中戦争期の研究を、中華民国、国民党文書、蔣介石日記や当時の政治家、軍人の個人史料を用いて、極めて精緻に明らかにしている研究者だ」
ようやく、拘束後の日本政府の動きが一部明らかになった。政府も相応の努力はしている様だ。にも関わらず、先方が誠意ある対応を取らないのであれば、当方も主権国家として相応の行動を取るべきだろう。国賓招待など論外、或いは入国後、相互主義に基づき拘束すべきだろう。
中国=悪の国、中国人=悪人。
この事件はその確証だ。
これは由々しき問題ですよね
政府もキンペーさん国賓来日に向けて あまり騒ぎ立てたくないのでしょうが 色々な交渉に使われてるんですかね··(

@gendai_biz
@gendai_biz いくら経済や科学技術が発展してもこれではね。
川島先生、後で読む →  @gendai_biz
歴史の研究してるなら中国がどういう国かも調べるべき、招待されたからといって中国に入るのは警戒心が薄い証拠。特に今ウイグルに関しては神経質になってるから...😰

@gendai_biz
今回拘束されたとされる歴史研究者は、まさにこの日中戦争期の研究を中華民国、国民党文書、蔣介石日記や当時の政治家、軍人の個人史料を用いて、極めて精緻に明らかにしている研究者だ。その著作や論文で示される《史実》は、中国共産党の党史からすれば危険な存在である...
-- 現代ビジネス
「今回拘束されたとされる歴史研究者は、まさにこの日中戦争期の研究を、中華民国、国民党文書、蔣介石日記や当時の政治家、軍人の個人史料を用いて、極めて精緻に明らかにしている研究者だ。」
この中国による日本人拘束ってドアホ!日本国民はどう受け止めるかやな、ワシは既に日本は中国共産党の力で、歯向かう者は拘束され始めておると思うで、日本なのに日本の政治も法律も全く無視して、おびき寄せて拘束や、深刻さ、大げさ思うならそれでエエけどな、
@gendai_biz これ与党もちょっと抗議しただけだし野党も何もコメントしてないし(してるのかもしれないけど見つからなかった)、完全に中国なめられているよね。。。どうせ強くは出ないと思われている。
「習近平政権下で統制は強化された。特に、近現代史であれば国家の歴史よりも共産党の「党史」が重視される傾向が強まった。…」
⇒中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(川島
@gendai_biz 日本国籍かつ日本の政府機関に勤めた人間をみすみす中国で拘束されて国賓だとか言って歓迎したり中国当局の活動や関係者、協力者に甘くするのはおかしいし、政権批判の肝だと思います。
@gendai_biz "現在の日本は「関係改善」を旗頭に、対中関係を穏当に処理しようとするあまり、中国の国際政治領域における対日強硬政策にも穏当に対処するのだろうか"
”国際政治領域での中国に対日強硬政策に” 中国の、かな?  @gendai_biz
それでも敵国の大将を国賓招待へ
こういうのこそ言論の自由に対する重大な侵害じゃないか?なんで表現の不自由の方々は何も言わないんだ?
外国人を国外で逮捕する権限がないので、中国内に招聘して逮捕する攻撃的な言論弾圧

北大教授(日本人)が社会科学院近代史研究所の招聘を受けて訪中したところ、ホテルで当局に拘束される。
何かの行為を中国で行ったから拘束されたのではなくて、計画的な拘束だと思われる
「今回の事件は日本の学界、言論界に大きな衝撃を与え、少なからぬ研究者が訪中を断念し、幾つもの会議が延期、または中止された。…多くの研究者が訪中を危険視した。」
〝拘束されたとされる歴史研究者は、まさにこの日中戦争期の研究を、中華民国、国民党文書、蔣介石日記や当時の政治家、軍人の個人史料を用いて、極めて精緻に明らかにしている研究者だ〟
「何が理由かはわからないけど、捕まえる前提で研究機関経由で呼び寄せたことは分かる」は怖いよね。| @gendai_biz
関係改善基調にあるからと言って、今回の歴史研究者拘束を含む国際政治領域での中国に対日強硬政策に、経済関係の重要性を理由にして、ただ穏便に、友好姿勢だけで対処するのも問題だ

@gendai_biz
@gendai_biz まだ是々非々とか言ってるのか。中国への入国は中止しないと日本人の生命に関わるぞ
「中国国内で公開する史料を制限し、公的に編纂された史料集を利用させ、それに外れた研究者は国内のみならず、国外の研究者をも警告、批判していく」 @gendai_biz

研究者に限らず中国入国は、単純に危険なんだと思った。
一読推奨。この件の背景、日本の取るべき姿勢をわかりやすく述べた記事。/ @gendai_biz
厄介な隣人になりぬ。
川島真先生の寄稿。「関係改善基調にあるからと言って、今回の歴史研究者拘束を含む国際政治領域での中国に対日強硬政策に、経済関係の重要性を理由にして、ただ穏便に、友好姿勢だけで対処するのも問題だ」
@gendai_biz 読んでおきたい。
中国クラスタの中には「当局に睨まれたら仕事できないくらい理解しろ」と言う人がいるくらい、中国政府は日本人も監視しています。
「中国国内で公開する史料を制限し、公的に編纂された史料集を利用させ、それに外れた研究者は国内のみならず、国外の研究者をも警告、批判していくということについて、1歩を踏み出しつつあるのではないか」
@gendai_biz 安倍政権はこういうことにきちんと強く抗議し、経済交流を止めるくらいの強さで発言していくべきではないか。
ウイグル 、チベット、香港で起こっていることは、Australia, Canada, US, 日本にも展開されつつある。中共の恐るべきグローバルファシズム
「中国国内の中国人向けの制度が、外国人にも適用されつつある」
川島 真:
「中国国内で公開する史料を制限し、公的に編纂された史料集を利用させ、それに外れた研究者は国内のみならず、国外の研究者をも警告、批判していくということについて、1歩を踏み出しつつあるのではないか、というのが今回の拘束事件から得られる1つの所感である」。
@gendai_biz よくまとまっている記事。
《この研究者は、空港などで何かしらの証拠が発見されて拘束されたのではなく、中国社会科学院近代史研究所が招聘し、その手配したホテルで拘束された。…はじめから拘束するつもりで拘束した、計画的な拘束だと思われる点である。…
@gendai_biz
川島真氏の良記事。

「今回拘束されたとされる歴史研究者は、まさにこの日中戦争期の研究を、中華民国、国民党文書、蔣介石日記や当時の政治家、軍人の個人史料を用いて、極めて精緻に明らかにしている研究者だ」

無事を祈るばかりだ。
@gendai_biz 占領下でもない海外の教授を呼び寄せて拉致するなんてナチスドイツだってやってなかったんじゃ無い?
ウエルカムしか考えない知事はよく知ってほしい
👇
「今回の事件は日本の学界、言論界に大きな衝撃を与え、少なからぬ研究者が訪中を断念し、幾つもの会議が延期、または中止された。」
@gendai_biz
政治的発言でいつ誰がこうなるか分かったもんじゃないね…手配したホテルに来るって明らかに最初から共産党が仕込んでいたとしか思えない
日本の学者諸氏は、中国で拘束された教授が解放されるまで、中国社会科学院近代史研究所との交流を断つべきではないか。
外交官資格でも付与しないと危なくて行けないよね。
拘留されてる間に洗脳教育とかされてないのかな。

@gendai_biz
@gendai_biz 川島 真
東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻教
@gendai_biz
良記事です。
今の日中間の認識差が良くわかる。
根本的な問題であり日本政府の対応に不十分さを感じる。
招聘された国民(準公務員)を守れない政権は批判されるべし。
この空前絶後の管理国家に自由民主世界は今後どう対処するのか
近い将来、恐らく我々は重大な判断を迫られる
国民の未来の為、間違わぬよう、覚悟し、備える時

中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(現代ビジネス)
中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(川島 @gendai_biz
以上

記事本文: 中国「教授拘束事件」の意味…内外の研究者に及ぶ管理・統制(川島 真) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

関連記事