TOP > 政治・経済 > 首都圏の「中古マンション」が「爆上がり」する兆候が見えてきた!(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

首都圏の「中古マンション」が「爆上がり」する兆候が見えてきた!(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

20コメント 登録日時:2019-10-23 06:58 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

マンション販売が失速しているにもかかわらず、販売価格がなかなか下がらない。オリンピック特需後の不況を期待する声もあるが、価格は維持されると見る専門家は多い。...

Twitterのコメント(20)

@gendai_biz なんか、来年の今頃は暴落必至やと思うけど、煽ったらアカンな。
 住宅に六千万円は人生を破壊するな。
 経済悪化の一因ちゃうか。
 可処分所得が喰われてるな。
新築物件が売れなくなって、中古物件の需要が増えています。

売り時を見極めましょう。
首都圏の「中古マンション」が「爆上がり」する兆候が見えてきた!(加谷 珪一) @gendai_biz
ウチみたいな山手通の外側でも購入時からかなり価格上がってるし、ひと昔前に五輪後価格下がってから買いますとか言ってた人達は、下がらないまま働き盛りを終えるか、割高な物件を背伸びして買わざるを得ないと言う。不動産って買い時難しいね。
価格上昇の目新しいロジックはないけど、新築は郊外ばかり、中古は都心中心に取引され統計上は価格が逆転するという視点は新鮮。
都心の新築は再開発や建替の割合が増えプレミアム乗りがちで、割安な部屋はまず抽選なるので、実需で買いたい時に買うのが難しくなってきたな…
(現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
調査不足な記事かと。。

@gendai_biz
どういう理屈や笑。著しい「金利低下」「年収上昇」「ニーズの上昇=人口増加」が起きない限り、中古マンション価格のさらなる上昇は起きないよ👉首都圏など都市部における中古物件の価格は、理屈上、現在の新築マンションのレベルまで上昇する余地がある。
いやぁ今更煽ってもねぇ。

首都圏の「中古マンション」が「爆上がり」する兆候が見えてきた!
そうなんだ… → 首都圏の「中古マンション」が「爆上がり」する兆候が見えてきた!(加谷 珪一)
中古マンションの話にフラクタルという言葉がっ!
「これは一種のフラクタル構造になっており」
都心中古マンション推しの私にはとても響きます笑
不動産興味ある方はぜひご覧ください
これ読んだら東京の従姉妹がマンション売却したら、購入時より倍近くの価格で売れた理由が分かった。中古物件でも品川区のお台場辺りなど、立地条件もあるんだろう。
オリンピック後に値下がりする兆候が全く見えません。
資材や人件費の高騰で単に新築の価格が上がったから中古しか買えないというだけのこと。それと、新築マンション建てる場所は郊外にしかなくなっているということ。
@gendai_biz
中古マンションは今も値上がりしていて、仲介手数料など入れると新築と変わらない傾向にある。中古マンションはおすすめできない。
爆騰げは大袈裟だけど、中心部に住む人と過疎地から出られない人に二極化していくだろうから、便利な場所は下落しないのでは?武蔵小杉のタワマンも住宅浸水してないから問題無し。水没リスクのある戸建てエリアは厳しいかも。
以上

記事本文: 首都圏の「中古マンション」が「爆上がり」する兆候が見えてきた!(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事