TOP > 政治・経済 > 働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実(佐藤 一磨) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実(佐藤 一磨) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

282コメント 登録日時:2019-10-20 07:15 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

働く妻と専業主婦、どちらが幸せなのだろうか。この疑問を筆者の周りにいる既婚女性に聞くと、その立場によって、答えは大きく変わる。...

Twitterのコメント(282)

@gendai_biz OBOG会に行ったら、1つ後輩から「こんな記事ありましたよ~」と教えてもらいました。
外で働くことと専業主婦、どちらが良くてどちらかがダメということではなく。「自分がこうありたい」という【未来の自分】を諦めないでいてほしい。

@gendai_biz
妻の幸福度の視点から考察。少子化に当てはめると
非常に興味深い
「子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻」
子供が幸福度を下げている現実。
---
働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す日本社会の厳しい現実
バカ言ってるんじゃないよ。働くことと専業主婦であることで違いがあるとしたら、イヤなことの種類がことなるだけ。「幸福度格差」なんて状況だけでは計れないよ。
(現代ビジネス)
結果がシュールすぎ
〉幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。
ひとり親からすると幸福度とか考える余裕ないし、毎日を生きることで精一杯。

パートナーとお金があっても、不幸せとか贅沢だけど

そのパートナーがウンコなら確かに不幸かも。

@gendai_biz
この質問何?何が言いたいの?
幸せの基準は人それぞれでそれに基づいて生活してるんだからまじ余計なお世話
共働きの世帯の数がどんどん増えているし、自分も共働きで子供がいる。子供がいて、働く女性の幸福度が相対的に低いなんて嫌だ

働くをもっと自由にし、少しでもこの分析の結果を変えたい
予想通り&希望薄い……

@gendai_biz
これ、ほんと?
わたしは働いてるときがすき。
すべての役割を満足に果たすことなんて無理だし。
子供の存在と、それに付随する問題もろもろ、どんなに分析しても万人が納得できるカタチってないんだろうな(´・ω・`)

@gendai_biz
幸福度→子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻

「子育て=幸福」という家族像が幻想だったというね。
子どもの有無による男性の幸福度格差も知りたい
子どもの数による影響にも触れていて良かった。

@gendai_biz
幸福度は

とのこと…
データ解析で
専業主婦の方が勤務主婦より幸福度が高い事は
以前から指摘はされていた

幸福度を追求するならば
今の社会政治風潮は誤っているという事だ

もし女性らが
不幸覚悟で平等を目指すというなら
その主張は支持したい
別に母親業務を誰かにとって変わられたいわけじゃなくて、「頑張ってるね。」とか「ありがとう」と声をかけられるだけで幸福度は上がることを、その他の家族は認識した方が良い。

@gendai_biz
想像通りの順位だけど、自分で自由に使える時間が長く、子育てに伴う責任感や徒労感がなく、仕事上のストレスを受けなくてすむことが幸福度に繋がるなら元も子もないなあ…
うーん違和感あるなぁ🤔
子供がいたら大変なことばかりが目について幸福度が下がるって思っちゃうのはわからなくもないけど、「子供産まなければよかったですか?」と聞いたら回答が変わるんじゃないかなぁ🤔
これ見て思ったこと(睡眠不足順に並んでんな〜)でした。前日に全員8時間寝かせてからアンケート取ったら結果変わりそう🤔

@gendai_biz
これはなかなか考えさせられる。我が家は子供がいる働く妻。統計上、幸福度が1番低い。

我が家の対策は、
家事育児を一緒にする、特にごはんをもっと手伝う、
働く上での価値観を大切にしてあげる、
もっと稼ぐ、
たまに自由時間を作る、
あたりか
子ども多いと幸福度下がるんだ、、、。子沢山、憧れでしかないけど。現実は厳しいんだなあ。 @gendai_biz
つまり子供いなくても妻が働かなくていい家庭>子供がいるけど共働きしなきゃいけない家庭
やはり金か。

@gendai_biz
子無し専業主婦が最も幸福度が高いという結果。
でも、純粋に幸せだと感じてる子無し専業主婦ももちろんいるだろうけど、「こんな楽な暮らしをさせてもらってるのに、幸せじゃないなんて言ったら夫や世間に申し訳ない」って自分の幸福度を高く評価した人もいると思うなー。
記事読んでない。吊り下げられた拷問グッズみたいなヤツの使い方が知りたい。

@gendai_biz
ほんとに?もう分からない😮幸せって何??
@gendai_biz 対外的に表明出来る「幸福度」なるものが金銭的な自由度に左右される事は「社会」的にはいかがなものだが「市場」的には適切だなと。
DINKSなうちの妻はホントに幸せそうだ😅
『子どもが既婚女性の幸福度を低下させているといった結果は、ややショッキングかもしれない。』

男性である筆者はそうなのかも?
子供のいる女性にとってはあるあるだよね

@gendai_biz
自分の親世代以上が楽をしていたわけではないやろうし、核家族で働きながら子育てすればそうなると思う。
パワーカップルでお金をどんどん使ってあらゆることを効率化するか、3世代家族になって子どもの世話は祖父母がするというモデルでないと厳しいのやろうね。
現代日本において既婚女性の幸福度は、
子いない専業主婦>子いない働く妻>子いる専業主婦>子いる働く妻
・・・の順
結局、現代の夫婦は「子ども」が負担ってこと?

@gendai_biz
少なくとも私はこの統計に当てはまらない人材だったわけだけど、、。
幸福度ね、、。
単純に疑問だけど、子どもがいない専業主婦って高次元欲求は満たされるのかしら、、。幸福の定義って何。

@gendai_biz
@gendai_biz 興味深いデータだな🤔これ、つまるところどんな夫と結婚するかによるんじゃ?
結局はないものねだり。幸福度格差なんてそんなこと言ってもな、と感じます。 まだこの苦しみをわからないからかもしれませんが。
少なくともこの結果を見ても私は働き続けたい。

@gendai_biz
子が出来てからの方が幸福度もっと上がったけど。てか少子化が大問題なのにこういう記事を出す必要性…。
@gendai_biz
この結果は、考えさせられる。

統計的な手法を用い、さまざまな個人属性の影響を除去した結果、幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。
いろんな角度から紐解いていく必要があるけど…今の私が一番に考えたのはどんな立場であろうとも、配偶者に対するコミュニケーションが大切だと思う。
子供産まなくなるはずだわ>統計的な手法を用い(中略)幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。

@gendai_biz
これが日本の現実かと思うとちょっと未来が不安になる今日この頃です。
もやるよな。
そしたら私一番幸福度低いじゃん。
辛い、イライラはあるけ幸せじゃない…とか思ってないよ。

調査項目みたいですね。
@gendai_biz 「人生に於ける幸福度」をその時(だけ)聞いてみたって分からないよ。特に子供を持つか持たないかなんて話になると。幸福な人生だったかどうかは「死ぬ時に初めて分かる」のだ。
この記事の著者の偏見にしか思えない記事でした。
@gendai_biz
議論に至るまでの論調に引っかかるもの、大雑把過ぎないかと思うものはあれど、結論は概ね賛成である。

>対策として求められるのは、夫婦間の家事・育児負担の格差是正等を通じた女性の子育て負担の軽減だ。
話題の記事の元になった論文読みましたよ。タイトルはミスリーディングを狙いすぎでは。
これやばない?
結局子供いないほうが幸せなんか...
個人的には社会にしろ政治にしろ、女性の参画が少ないというのはそれだけ決定権がなくなるので、最終的に全女性に影響する。選択肢がある女性は社会にいて欲しいと思うし、男性にもそれを支持してほしい。

働く妻と専業主婦の「幸福度格差」 @gendai_biz
夫の分析がないってのもそうなんだけど、子供まで含めた幸福の総量で考えた方が健全だと思っている。あとジジババが必要。> @gendai_biz
そうだよね〜としか思わなかった。子供はかけがえがないけど、母親一人で育てるにはキツすぎる。家事も。
となりの芝は
なんとやら
子なし専業主婦>子なし働く妻>子あり専業主婦>子あり働く妻って、それは単なる「楽な順」じゃないか?やりがいなどというものがまやかしだとわかる結果だね。
この幸福度についての記事。

子どもの年齢やパートナーの協力度によってだいぶ変わる気がするから、

アンケート結果の詳細を知りたいな。

ちなみに私は、仕事を減らしたら向上したな。

まあ面倒な付き合い一切絶って好きなこと出来るなら幸福度は高いかもね。お小遣いが多いことが条件になるけど。

| 講談社
身も蓋もないけど、これって単に「自由に使える時間とお金」の差なのでは。専業主婦になれる世帯はそもそも夫の年収も高めと推測される。

@gendai_biz
働いている女性を見ると羨ましい(けど働くなんて絶対に嫌。)

働かずにすむなら俺も働きたく無いわ。
面白い分析👀尚、それぞれのパターンの夫バージョンも合わせて知りたい😎 @gendai_biz
↓既婚女性、幸福度の高い順
なるほど、これは興味深い
悲しい結果だけど、わかってた。だから結婚も子育てもしない。
どうしても自分がNYで会社員をしていたのでNYとの比較になるけれど、日本の会社は無駄なミーティングと上司の決定権の欠如による会社の拘束時間が長い。だから疲れてお互いを思いやる余裕がなくなるんだよ、女も男も。 @gendai_biz
子どもがいることによって、また子の数が増えることによって女性の幸福度が下がるのは世界的に見ても研究結果・論文があるらしい。そりゃ少子化も進むわな。

@gendai_biz
働く妻の場合、最も幸福度が高かったのは、子供のいない正社員。
子供が働く既婚女性の幸福度を低下させているショッキングな日本のデータ。😨

@gendai_biz
妻の幸福度につき『子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻』と調査結果が出たようですが、私も育児の大変さは痛感しています。
8億持ってる専業主婦が一番いいな。
これだけ見たら「ワーママは不幸」みたいに感じる若者がいるでしょうね…
私も今この瞬間は「とても幸せ」を選ばないかもしれないけど、30年後、子供が独立した時には選んでいるかもしれない、というか選んでいたいから今は歯食いしばる時期。
変えなければと思う。正直これを読んで、これから家庭を持つかもしれない私たち世代は不安しかない。

@gendai_biz
幸福度の順「子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻」。これは変数、労働と子供だが、夫の労働時間、家事育児コミット度、夫が自分(妻)のことを大事にしている、理解してると感じるか、とかでやってみてほしい
専業とワーママの幸福度比較調査。子育て世代には必読だな,,,

正直、切ない結果だった。私自身は早く復職したいけど、どうしても辞めざるをえなくなったら多分ちょっとほっとすると思うんだよね。だから調査結果に納得。
これ、筆者の憶測が多すぎる気がする。

もっと深くまでデータ取らないと。家事育児負担を奥さん側に聞くだけじゃなくて、具体的に何を負担し、分担してるのか、夫婦の会話はあるか...続

@gendai_biz
働く母は幸福度がダントツ低いという話なんだけど、それでも私は日々結構楽しいと感じるので、旦那さんにちゃんと感謝しなきゃなと自戒する

@gendai_biz
そりゃ働きも育てもしないで食っちゃ寝してれば幸せだろうけど、、、
「幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。
子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻」
@gendai_biz > 第1子出産直後に女性の幸福度が持続的に低下することがわかっている。
「もし「働く妻」が「専業主婦」よりも幸せでないならば、働く女性が増えている現在の日本社会では、相対的に幸福度の低い女性の比率が増えていることになる。もしそうであれば、働く女性の幸福度が向上するような施策を考えていく必要があるだろう。」
幸福度について
いつも幸せかどうかは自分だけでは決まらないというのが妻になり母になりワーママになり思うこと
我が家の幸福度は金銭的余裕に左右されます!あとは、子供がいるから幸福度が低いというよりも、「育てにくさ」のせいかな。保育園入れない、ワンオペ育児、集団均一教育特化のため、発達に遅れがあると親子共々辛い、世間の目が厳しい、などかなと思う。我が家の場合はな。
めちゃくちゃ興味深いですが、子どもが多いと幸福度下がるって本当かなぁと、個人的には思ってしまいます。。女同士でのみ比較する視座にもやや引っかかります。/ @gendai_biz
オレ男だけど…、これ「幸福度」って言葉使うのちょっと違和感感じるよねー。「精神的ゆとり度」とかならまだ分かるけど。

人の幸せの価値観てそれぞれだから、お金に幸せを感じる人もいれば、時間に幸せを感じる人もいるし、はたまた家族が一番て人もいるからねー。
幸福度は


・専業主婦の方が働く妻よりも幸福度が高い
・子どもの数が多いほど、幸福度が低下する
・国内外で同じ結果を得ている研究が多い
これ夫の所得水準と妻の幸福度に関連がなく、子どもの有無と妻自身の就業状態が幸福度に関係してるって面白いな。そういうもんかもなぁ。
この話と世界価値観調査を組み合わせて考えてみると日本において「労働が幸福度を下げる」ということになる。労働は体に悪いことは明らか… / | 講談社(1/5)”
@gendai_biz “日本では圧倒的に女性に家事・育児負担が偏っていると言える”
これで悩んでる友人が周りに多過ぎて「知ってた」と言わざるを得ない。。
@gendai_biz 働く妻と専業主婦ではなく

家事負担が増えると幸福度が下がる
が正しい表題

表題を主婦間に固定して対立の構図にするのは、結局は家庭間の家事分担から目を背けさせたいんだろう
そうなんだろうね> @gendai_biz
「子の有無、外で働いているかどうか、によって幸福度に差がある」とのこと。

@gendai_biz
なんてこったいすぎるなコレ

「統計的な手法を用い、さまざまな個人属性の影響を除去した結果、幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。

子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻」
私は世帯所得の低い子持ちの専業主婦だけど、そんな不幸だと思わない。実母のサポートと夫の理解と感謝があるから、子育てがそこまで負担に感じない。でも完全ワンオペで夫が無理解だったら辛いと思う。
子供の年齢とか、親に頼れる環境かとかでも変わりそう。
それによって子持ちの大変さって全然違うからね。
この記事は結局何が言いたいの?
結婚した時点で旦那の世話、義実家の付き合い(特にこれ)と、女には負担が大きい。
独身でバリキャリの女性が1番輝いて見えるけど。
皆さんは幸せですか?
「働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実」
「自分より幸福そうな(に見える)人がいる」=「自分は幸福でない」と思ってる人たちに何を聞いても無駄じゃない? | @gendai_biz
こんな事は、願いたくもないけど、令和時代も平成と変わらなかったら、もう将来日本人はいなくなるだろうね…。

@gendai_biz
自分のお金で本を買ったり旅行に行きたい。
働いていたけど子どもの成長は見られたと思う。そもそもバブル崩壊後の元夫の給料では専業主婦は無理だった。専業主婦か働く妻の選択肢は夫の収入で左右されてしまうし、夫に何かあった時に働かざるをえない女は手に職が欲しい。
”働く妻、そして、専業主婦も、「子どもがいるかどうか」によって負担は大きく異なる”

子どもが負担になるって言い回し…どうにかならないのかな。

@gendai_biz
仕事帰りにフラッと1人カラオケ行ったり、休みの日に1人でカフェでお茶するとか贅沢なんだろうなとは思う。
子供ができたら行けないもんね。
よそのうちがどうだとか比較するのではなく、自分がどういう状態だと快適で幸せなのかを理解して、選択できて、尊重される社会がいいね。

@gendai_biz
これは、考えさせられる。自分のことも、周りのことも。

「統計的な手法を用い、さまざまな個人属性の影響を除去した結果、幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。
子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻」...
悲しいけど、残念ながら当然の結果。

『幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。
子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻』
@gendai_biz 私、1番下になっちゃってる笑
たしかに私のまわりでも子無し専業主婦は、平日の昼間から不倫したり趣味したりしてるもんねー
無税だし
統計的にどうこうって議論よりも、自分の価値観に合うパートナーを見つけるのが最も幸福度高いのではと思うがね

@gendai_biz
なるほど。やはり日々に忙殺されて、そこに意識が集中してしまうとこういう結果になるよね。
社会がもっと変われば…というか自分自身が育児しながらどう働きたいかを現行の会社の体制で貫いていけるか、にもよる
ほらね、もっと子供欲しくなくなってもっと結婚する動機が減っちゃうの
子供ができると、妻は不幸になる。女性の幸福度調査では働く妻・専業主婦に限らず子供がいると幸福度が下がるデータが明らかに。
ナンセンスだなぁと思う。
専業主婦かどうかだけの比較だと、他の要素が混じりまくりじゃん。
収入とか働き方とかガン無視の結果に残念でならない。
安易に女性の幸福度を括るのもやめて欲しい。
本人がどうしたいか。それができてるかどうか。それだけじゃない?
「対策として求められるのは、夫婦間の家事・育児負担の格差是正等を通じた女性の子育て負担の軽減だ」←これを実現するためには、男性労働者の仕事上の負担軽減が必要だ。11時12時帰宅で家事はキツい。
@gendai_biz おお…男にとってはどうなのかもぜひデータ化してくれんかの
感覚的に分かり切った事を数字で裏付けしただけ。で、その対策も分かり切った物。
『夫婦間の家事・育児負担の格差是正等を通じた女性の子育て負担の軽減』
@gendai_biz
へー意外。アンケート内容は分からないけど、私3人の子をもつ働く正規社員だけど結構幸せだけどな。

@gendai_biz
子どもがいると、自分の意に沿わない意思決定が増える。これが子持ち親を不幸にさせる理由。

/幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。

@gendai_biz
ショッキングな記事。"子育ての負担が女性に集中し、その負担が子どもを持つことの幸せを上回ってしまうためだと考えられる。" @gendai_biz
これ面白い。私は子供産んでからの方が幸せだけどね。

(現代ビジネス) - LINEアカウントメディア
結局、女に働く気がないだけ。それを男の家事負担の話にすり替えてる。
よい記事だった。夫も家事育児をしましょう

@gendai_biz
統計的な分析なので個別ケースでは色々と反論や反証も出てくるだろうが、興味深い記事。妻の幸福度の大小は「子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻」だそうだ。
子供の有無と女性の幸福度の関係が興味深い。
@gendai_biz
今となっては子どものいない生活は考えられないけど、私が「子どもがいる働く主婦」でもとても幸福だと感じるのは夫の家での働き方にあるのは間違いないなぁ。
@gendai_biz
子供居なければとりあえず専業でも働いてても子持ちよりは幸福ってのが笑えるわ
「子どもがいる働く妻」の幸福度は低いのか…
@gendai_biz
「子どもがいる働く妻」の幸福度=みごと最下位!!!

@gendai_biz
なんか驚愕の結果!
みたいに言ってるけど当たり前よな、浮世離れした人だから驚くのかね。
あと年収の比較がおかしい。旦那じゃなくて世帯年収で比較すべき
なぜ同居組が入ってない…なぜじゃ…
なぜジャーーーー💢

@gendai_biz
はい、現実

統計的な手法を用い、さまざまな個人属性の影響を除去した結果、幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。
この記事がTLに流れてきたので、元になってる論文を読んでみたが分野が違う論文を読むのは難しいね。
> 佐藤一磨「働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実」
日本女性の幸福度の上下関係は、子どもがいない専業主婦>子どもがいない働く妻>子どもがいる専業主婦>子どもがいる働く妻。子育て負担が幸福度に与える負の影響の大きさが示唆。/働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実(佐藤
夫がどうなのかもいれないと。家事育児バッチリなのか、毎日深夜帰宅なのか、シングルなのか、それによって全然変わるやろが!
子供がいることの幸福感より、日々の負担感、自由時間と相関するイメージ。家事分担で夫婦間の格差是正をできても、働き方や収入面がきついと、夫婦の総合幸福度は高まらないか。 / | 現代ビ…”
これ
怖い
だから
少子化なのか!

これって…
幸せ=自分中心で事ですか?
専業主婦の方が幸福度が高いんだって。あー仕事なんて馬鹿馬鹿しく思えるな、早く嫁に行こう...💭
この慶應義塾大学パネルデータ設計・解析センターの調査結果は状況によってはショッキングかもしれないですね。
 
"幸福度の大小関係は以下のとおりとなった。

  "
もっと家事やろうと思いました。。。
子育てして働いてると日々のタスククリアするだけで終わる(しかも全タスク終了ともならず、もちろん趣味の時間なんて皆無…)

体感してはいたが、文章にされると辛いものがあるな

@gendai_biz
なるほど…なかなかな現実…
多くを持っている人が一番幸福度が低いという皮肉。 ちなみに私は子供が生まれてから幸福度うなぎのぼり。夫のおかげか?? / | 講談社(1/5)”
乳児期の子供が幸福度を押し下げるのは実体験してるのでたぶん正しい統計だと思う。無茶苦茶わがままな理由で泣き叫ぶから、いわばブラック上司みたいな存在。

@gendai_biz
要約すると
・研究で明らかになった幸福度は

・「対策として求められるのは、夫婦間の家事・育児負担の格差是正等を通じた女性の子育て負担の軽減」
“夫婦間の家事・育児負担の格差是正等を通じた女性の子育て負担の軽減だを達成することによって、子どもを持つことによる幸福度の向上を図り、それがさらなる出産に結び付くといった好循環を形成”当たり前なことを / “働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の…”
@gendai_biz 個人的には「?」だった。自分の稼ぎがないなんて絶対嫌だし、子供超楽しいじゃん。色々しんどいけど、トータルすると子供も仕事もあるとか最強やん。
直感的には自由時間の多さと相関ありそうだけど。夫婦間の対策はスコープ小さくない?
@gendai_biz
そうすると夫がなんとかしたらええのと、あと当該期間以外も長期的なものもみたいな(あっ、ムキになってる俺w)| @gendai_biz
流して読んだけどこれは女性に限定したるのが問題の捉え方としてズレてると思う。
労働への適性、そして個人の人生を絞りきるような労働体型の二つの問題のように見える

@gendai_biz
読んだ。なんだろう?マスで考えても意味薄いんじゃないかって読めば読むほど。1人の人間(女?)がどのステータスにいた時がどう幸せか?の問題で、例・俺は専業主婦時代より有職の今の方が百億万倍幸せ。/
「子どもが親の幸福度を低下させる…ただし…幸福度の低下の主な原因は金銭的負担によるもの」子供にかかる・かける費用と親の幸福度の相関知りたい。:
じぶんようめも。これな。
もっと見る (残り約132件)

記事本文: 働く妻と専業主婦の「幸福度格差」が示す、日本社会の厳しい現実(佐藤 一磨) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

関連記事