TOP > 政治・経済 > 武蔵小杉「タワマン被災」でわかった「災害に強い」マンションの条件(山岡 淳一郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

武蔵小杉「タワマン被災」でわかった「災害に強い」マンションの条件(山岡 淳一郎) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

33コメント 2019-10-18 06:57  現代ビジネス

日本全国、いつどこでどんな災害が起きても不思議ではなくなった。日本の全人口の12%が暮らす分譲マンションでも「水害の怖さ」が再認識されている。

ツイッターのコメント(33)

いや受電とか心臓部が浸かるの前提に建ててる時点でもう詰みなんではないかって。
@gendai_biz
桂川の氾濫で3メートルの浸水が予想される京都のマンションの話がのってます。
@gendai_biz
マンションの備えについて、ちょっと考え込む。
増圧直結給水で屋上空いてるんだけど、あーいうところに倉庫増設って、まずいのかしら?できるなら機器室パーツ保管あってもいいかも。
ルミエール西京極、すごい!

@gendai_biz
災害への備え、コスト次第では多数決で決めたら否決されちゃうかもね // 武蔵小杉「タワマン被災」でわかった「災害に強い」マンションの条件(山岡 淳一郎) @gendai_biz
我らの武蔵うん小クサ杉は不滅ですよ。

@gendai_biz
タワマンはアーコロジーまで発展しなければならない宿命なのかも知れません(´ω`)

@gendai_biz
(本文より)「地下に電気室やポンプ室、駐車場があるのはタワーマンションに限った話ではない。一般のマンションでもあちこちにあります」
@gendai_biz
生活の場を高層化するのは無理がある。なぜこんなものが多数多数作られ、たくさん売れたのかが疑問。元々価格の割りに資産価値が低い物だったので、今回の台風災害をきっかけに需要も価格も下がるかも知れない。
タワ...
〝災害時、いくら管理会社が奮闘しようが、維持管理の主体は管理組合である。災害への備えは管理組合主導でなくては機能しないのだ。〟
後出し感はあっても結局電気一本の世界は危険くさいなぁとは思うのです。 / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
じぶんようめも。なるほど。
山岡淳一郎さんの冷静で役に立つ分析。水害に被災することあらかじめ想定して電源回復と水確保の仕組みを平時につくっておく。必読。 @gendai_biz
井戸って水害の時ダメになりそうだけど大丈夫なんかな?
日本の人口の一割強はマンション住まい。ほぼ全てのマンションは、浸水したタワマンと同じく、電源喪失には無策。そして、対策を実行するのは居住者自身。この事実をほぼ全てのマンション居住者が知らないことが最大のリスク。
@gendai_biz 災害対策に、どこまでマンションの管理組合の予算を捻出できるかだと思います。
高齢者の区分所有者は、計画通りの修繕積立金のUPですら、異議を申し立てる状況ですから
酷い記事が多い中、こちらはフェアで良い内容だと思います。

@gendai_biz
まあ、タワーマンションでも色々災害対策出来ているところと出来ていないところが有ると言う事か。------ @gendai_biz
水害が想定される地域の高層建築物って、入口は3F辺りからとかなってないのかな?(2Fまでは壁)。武蔵小杉が範囲内かは知らないけど海近いと地震は耐えても津波であっさり水没しそう。とはいえビル単体だけで維持しても周りがリスク管理してなきゃあまり意味もないかも?。
入念に対策を考えているマンションもあるんですねー。すごい。
@gendai_biz 様々なケースがあるのね。。。
@gendai_biz 住むことない気はするけど、ちょっと気になる。
災害は色々な事を教えてくれる。
減災、自己責任の時代の備えや心掛けの事例。

@gendai_biz
@gendai_biz とりあえず5階より高いマンションは「災害に弱い」。数日以上エレベーターが動かない事態考えると3階までがベター。最上階に住んで2階に予備部屋持っとくのはOK
★地下に電気室やポンプ室、駐車場があるのはタワーマンションに限った話ではない。一般のマンションでもあちこちにあります。




◎水、電気、スゴい施設はここまでやる
◎台風マニュアル
◎停電・水害対策
岩波新書『生きのびるマンション』の山岡淳一郎さんが、マンションの防災について現代ビジネスに寄稿されています。
@gendai_biz
山岡淳一郎さんに書いていただきました。台風による武蔵小杉タワマンの被災、決して備えが「不十分」というわけではなかったが、それでも大きな打撃を受けた。では一方、防災意識の高いマンションはどんな工夫をしているのか、西京極のスゴい事例を紹介。これは必読です。
@gendai_biz 重ねます、住まいは智の旅。
水、電気、スゴい施設はここまでやる
停電と断水で、すべての防災シナリオが吹き飛んだ。地下施設への浸水防御が働かず、止水板や土のうで水の侵入を止められなかった。山岡淳一郎さんのコラム。  マンション購入の段階で、地下に電気やポンプの設備、機械式駐車場などがある物件は避けたほうがいい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR