TOP > 政治・経済 > ダウン症の弟はイジメのないクラスをつくる天才だった(岸田 奈美) | FRaU

ダウン症の弟はイジメのないクラスをつくる天才だった(岸田 奈美) | FRaU

63コメント 登録日時:2019-10-18 07:39 | 現代ビジネスキャッシュ

ダウン症の弟と近所のコンビニの店員の心温まるエピソードを綴ったnoteの記事「弟が万引きを疑われ、そして母は赤べこになった」が話題になった岸田奈美さん。人との触れ合いが大好きな奈美さんの弟の周りは、いつも笑顔になる。それには、奈美さんのお母さんのある教えがあったという。...

ツイッターのコメント(63)

「助けたい人」より「一緒にいたい人」になりたい
っていう言葉がずんと来た。
うるっとしながら声を上げて笑いながら読んだ。素敵だな。自分と違うものを排除して特別視するのではなく、みんなが違うことを認知し、それぞれが出来ることにフォーカスする。
特に沼に潜んで決済を待つワニが最高にキュートで面白かった。@nami_mirairo
この記事に紹介されている「こんにちは・ありがとう・ごめんね」のような言祝ぎの言葉が開くのは、多様性が自然であるような、来るべき共同体へ扉なのだと思う。
子供達って、柔軟でいいなぁ。
シェアします! →
母親の教えが知的障害でもある子供が、周りの人に溶け込んでいく、言葉の一言での反応が素晴らしい👏
最近涙腺が仕事しすぎて困る。一緒にいて気持ちがいい人と自分の違いはこういうところなんだろうな。
@frau_tw
助けたい人より一緒にいたい人になるって言葉がとても響いた✨そうなれるように過ごしていきたい(o^^o)
これ、読んでほしいな...
ダウン症の子をみんなで助けたクラスにいじめが発生しなかった話。

これはただの美談ではなく示唆に富みまくっていると思う。

結局、何か欠けた部分がないと満たされすぎた人類は暇を持て余し、必ずいじめのようなものは発生する仕組みになっているのではないか。
岸田奈美さんは以前ご挨拶させていただいたけれど、チャーミングな方。変な言い方ですが、アンパンマンもしょくぱんまんもドキンちゃんもベジータもピッコロもフリーザもいるのが楽しいかも。
「こんにちは」「ありがとう」「ごめんね」の他に「いやだ」は教えたいかな。
とても素敵な話。
(ToT)ウルウル
こんにちは、ありがとう、ごめんね

コミュニケーションの原点ですね。
感動しました。
最後の教師の話がやるせないな。いつだってクズな教師もいるってことか。
母は弟に、辛抱強く次の言葉を教え続けました。

「こんにちは」「ありがとう」「ごめんね」
温かいお話。
これはお母さんがすごいな。
私も見習おう。「こんにちは」「ありがとう」「ごめんね」
この3つ!!
@frau_tw
小学生の時小児麻痺の子がクラスにいたが、彼を特別扱いする生徒はいなかった。階段を上る時合わせる、ドッジボールで狙いうちはしない、それは歩くのが遅い人やボールが怖い人にするのと同じで、彼は歩くのが苦手な人という認識。子供の頃に接することで偏見はなくなると思う
とてもステキな記事を見つけてしまった🥺
知的障がいだからではない。どんな子でも家庭での教育こそ大事。このお母さんがが素晴らしいんだ。こんにちは、ありがとう、ごめん。これをちゃんと言える子は多くないよ。
「コーキーと共に」という海外ドラマがあったのを思い出しました。
すっごく良い話しだよね!
世界中にあるどんな名言や格言以上に大きな力を持つ「挨拶の言葉」「ありがとう」「ごめんなさい」シンプルな言葉だけど、とても大切な言葉
なんか朝から泣けてきた。 @frau_tw
環境を変えるには自分が変わることが早いという例。
感動的なお話です。

一方、カレーに罪はないというのが話題になってて、何の事かと思ったら、教師同士のいじめの関連なんですね。
子どもたちがカレーをみたら、ショックを受ける?真似をする?といった判断なんですかね
母が教えた3つの言葉。「こんにちは」「ありがとう」「ごめんね」

あいさつ一つで印象は変わる。

「助けたい人」よりも「一緒にいたい人」でありたい
朝から泣いてしまった。
娘の幼稚園のクラスにもいたなー…。
やっぱり子ども達が自主的に協力していた。
大人は子どもに学ぶべきだ。
こんにちは、ありがとう、ごめんね を自分から言える人
助けたい人ではなく、一緒にいたい人

どんな自分でありたいか考えさせられる
岸田家のエピソードは私にいつもたくさんの勇気と希望をくれる!大好き!
えぇ話やぁ…。
「こんにちは」「ありがとう」「ごめんね」
久々にいい記事読んだ😌ほっこり。
1~3まだあります。
最後がまたまた泣ける。
素直な心
感謝の心
まだまだやな〜と我が身を振り返り💦
「助けたい人」よりも「一緒にいたい人」でありたい
すごく良い記事だった
「僕らが速く走ればいい」
YouTuberになるとか言ってるウチのウンコタレがこんな格好良い言葉
言ったら、オレもウンコタレちゃうだろうな。。。

@frau_tw
世界が全部こうならいいのにね。
泣きそうになった、、素敵
すごいとしか言えない。
会社の休憩時間で泣きそうに;;
感動した‼️
もうマジでこの人なんなの!どんな育てられ方をしたらこうなるの?!マジで親の顔が見てみたい。最近「note」の投稿で話題になった岸田奈美さんの記事。こんな家族がいるということに同じ人間として希望を感じるし、彼らを誇らしく思える人間になりたいと心の底から強く想う。
こうありたい╰(*´︶`*)╯♡

@frau_tw
そう言えば、うちの娘をいじめて、先日私にこっぴどく叱られた子は、この子が覚えた3つの言葉を言えない。挨拶なんて聞いたこともない。これだけは呼吸するように言えないとね。
リレーの話で泣いちゃった。
運動会リレーのくだりでホロッときた。+゚(*ノ∀`)
ダウン症の弟と赤べこの母のお姉さんの記事。泣いた。娘の育児の参考にしよう。
私も子供の時から障害があるかないかで社会をわけない方がいいとおもう。〜
私が母親や姉の立場だったら、同じように出来ないと思います。
本当に素晴らしい。
今回も泣いた!
でも、本来はそうだよなぁって思う。勝つためのリレーじゃなくて、みんなでどうやったら勝てるかを考えるためのリレー。それが大事なんだよね…

@frau_tw
身体にしろ、脳にしろ、障害を持っていたとしても『同じ人間』であること。
それを忘れず、1人の人間としての尊厳を大切にすることで障害の壁なんてあっという間に飛び越せる。
以上

記事本文: ダウン症の弟はイジメのないクラスをつくる天才だった(岸田 奈美) | FRaU

関連記事