TOP > 政治・経済 > 北朝鮮が、短距離ミサイル開発に舵をきった「恐ろしき真意」(鈴木 衛士) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

北朝鮮が、短距離ミサイル開発に舵をきった「恐ろしき真意」(鈴木 衛士) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

16コメント 登録日時:2019-09-13 06:30 | 現代ビジネスキャッシュ

今年5月以降、日本海に向けて連続してミサイルと見られる飛翔体を発射している北朝鮮。その軌道と飛距離、飛翔体を分析すると、これまでのミサイル発射とは明らかな違いがある。その違いには、日本の防衛上、決して看過できない北朝鮮の意図が現れているという。...

Twitterのコメント(16)

最大射程が1000㎞だとすれば北朝鮮の南東部から発射すれば、静岡県以西の(南西諸島を除く)日本の西半分までが射程圏内に入ることになる。
@gendai_biz
最初はこちらの 現代ビジネス様より



真意は金一族のみぞ知るのかもしれませんが、最近短距離ミサイルを連発している以上、遠交近攻の姿勢である可能性は高いようには思えてしまいます。
北朝鮮って、どうやって金稼いでるんだろうね。
絶対女子高生のOP聞いてノリに乗って祝砲撃ちまくったに三千点でゲソ!w
北朝鮮は自衛手段を実質的に核とミサイルに頼っている。北朝鮮にとって脅威の対象から米国を除けば、周辺国である韓国、中国、ロシア、日本である。鈴木衛士さんのコラム。  北朝鮮がもし短距離弾道ミサイルに核弾頭を搭載すれば、十分な抑止効果が期待できる。
北朝鮮が、短距離ミサイル開発に舵をきった「恐ろしき真意」9/13 

長文記事。「まさか」が次々起きる今の日本。
ε=(・д・`*)ハァ…

良識ある韓国民よ!

良いのか?
@Sankei_news 射程距離が、日本までだから許されるミサイル実験。
トランプさんだけをあてにしてては、防衛出来ませんね。
短距離なら良いというメッセージを送った所為だろう。
1000K ならいいという論理が不明。潜水艦に積めば何処でも。
@gendai_biz
北朝鮮が、短距離ミサイル開発に舵をきった「恐ろしき真意」(鈴木 衛士)

トランプ大統領は、北朝鮮に対しては多少妥協してでも、この際、米側に取り込んだ方が国益にかなう」と判断している節があり日本はアメリカとどう歩調を合わせるのかだが、核放棄は無いだろうね。
@gendai_biz 大口径ロケットと超大型ロケットを混同してるわ、玄武2(ヒョンム2)をATACMSと混同してるわ、元自衛官でなんでこんなに雑な分析の人が多いんだろう。玄武2はイスカンデル模倣ですよ?
アメリカが北を甘やかしている間に核兵器開発は着々と進んでいる事実。
日本のバカ政治家ども…
日本の周辺国は危ない国ばかり…
日本も核ミサイルかそれ以上のミサイルを考える必要がある。
日本も真剣に対抗策を実現しないと。
悠長に構えてたらそろそろまずい。
以上

記事本文: 北朝鮮が、短距離ミサイル開発に舵をきった「恐ろしき真意」(鈴木 衛士) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)