TOP > 政治・経済 > マンガ家志望→ラノベ作家になった僕の、新人時代の「ヤバい失敗」(高木 敦史) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

マンガ家志望→ラノベ作家になった僕の、新人時代の「ヤバい失敗」(高木 敦史) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

15コメント 登録日時:2019-09-08 06:26 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

ある日、大学の先輩が漫画家デビューをした噂を聞きつけ、「漫画編集者になればければ漫画家になればいい」と一念発起したラノベ作家の高木敦史氏。一年かけて絵を学び、ようやく出版社へ持ち込みした原稿を編集者に読んでもらうまでになったものの、思いがけない壁にぶち当たり、やる気をなくます。再び漫然とした日々を送るなか、三十路を機に今度は「小説家になろう」と改めて決意し、晴れ...

Twitterのコメント(15)

■先達の経験談、ということで、志望者は読んでおくとよいかも?
己の適性を探ろうとする紆余曲折が、迷走なのに論理的で面白かった。
社内で案を通すことだけに集中しすぎて、肝心のエンドユーザー向けじゃないものになるの、作家業でもあるあるなのなあ。
この人、ゲームシナリオ書けるんじゃないのかな…?  @gendai_biz
タイトルで期待したほどヤバくはなかった。。

@gendai_biz
面白いなぁ。意図してちゃんと階段を昇ってらっしゃる

@gendai_biz
Amazonレビューをざっと見てみたが、ラノベじゃなくて一般ミステリーに行くべきなのではというレビューだらけで笑った。実際今は一般ミステリーしか書いていないみたいだし最初に目指すべき道を間違えて迷走したと。 / “マンガ家志望→ラノベ作家になった僕の、新人時代の…”
Discover(Google)から
後で読みます。
エクセル使い出したところでめっちゃ笑った

@gendai_biz
なるほどなぁ~

「このやり方で上手くいくのか」という問いに「いかなかった」という答えが得られて「納得」していたのだと思います

@gendai_biz
ん? 『“菜々子さん”の戯曲』自分周りだと発売当時から普通にラノベとして受け入れられていたと思うけど……?

@gendai_biz
@gendai_biz >メイド様の裏マニュアル
2012/12/1発売らしいけど思い出せない
@gendai_biz 考えのすり合わせは時にドツボに嵌まる
さてさて、現代ビジネス連載第3回の公開です。前回の続きで相変わらず自己紹介みたいな内容ですが、引き続きよろしくお願いします。みなさま台風に備えつつ、家でのんびり過ごすお供にどうぞ!!
こういう人がうじゃうじゃいるんだろうなー

@gendai_biz
青春だな。
以上

記事本文: マンガ家志望→ラノベ作家になった僕の、新人時代の「ヤバい失敗」(高木 敦史) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

関連記事