TOP > 政治・経済 > なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

379コメント 登録日時:2019-07-11 06:42 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

いうまでもないが、現代社会は「差別を許さない社会」である。だが不思議なことに、ある特定の属性に対しては、ほとんどの人がその差別性を省みることなく、平気で差別的な言説を振りかざしている――その属性とは「おっさん」だ。...

Twitterのコメント(379)

社会から虐められてもめげないおっさん世代に拍手を贈りたい

おっさんを虐めて鬱憤を晴らすバカは一刻も早く黙ってくれ
「グレタさんを批判するのは中年男性だけ。嫉妬は醜い」という評論がちょこちょこあって、なんで批判の焦点をおっさんだけにしぼるのかなと不思議に思ってました。

まぁ何にせよ、論の内容ではなく属性を批判する様になったら、その時点で負けですわな。
@gendai_biz
“「私たちはいま、ただしい側に立って行動している」という保障と安心を得ることができる――”
これだけではないだろうな。ジェンダーの歴史のカウンターとしての「ただしさ」の裏返し(ややこしい)として、一時的に男を卑しく詰る営みが免罪符になっているだけだ。
最近のTL見て女性目線以外からも自分の価値観を分析しなきゃって思った

"「時間的・精神的リソースを『省エネ』してジャッジできるような相手」が、ある種のガス抜き的な存在として社会に必要になる。"

@gendai_biz
おっさんに固定概念を植え付け非難するのはおっさんの第一歩。

@gendai_biz
@gendai_biz この記事を見て思った事は出川哲朗やクロちゃんは世の中の声に答えて率先して叩いていいおっさんという道化になってマネーを荒稼ぎしているということ。切れ者よなあ。
@gendai_biz 読もうとしてずっとよんでなかったんだけどほんとそれなの感情が残った
@HachiyaRina 様々な属性が「コイツらは叩いても良い属性」認定したスケープゴートなんでしょうね。
現代のアンラ・マンユかな?
もしくは古典落語の「隣のやもめ」
おっさんは叩かれてなんぼ!
批判中傷どんとこい!
何度でも立ち上がり何度でも勝つぞ!
強く生きる、正しく生きることが社会を見返す行動になるなら痛快じゃないか☺️☺️
>「偏見を好きなだけ貼りつけて処理しても、差別主義者であると糾弾されない便利な存在」が求められた――それが「おっさん」だったのだ
いろいろと考えたのだが、そもそもおっさんが悪魔化されるならば、おっさんは悪魔のように振る舞う権利があるのではないか。違法行為などせずとも、泣き叫ぶ子供と親やベビーカーなどに舌打ちし睨みつければ。 / “なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか…”
中年になったらみんな被差別階級になってしまうの切ねぇな……
@gendai_biz
おっさんはよくておばさんはダメなのは当事者なのでホント納得行かんよなぁと思いつつ。「これだから女は」という言葉を使い続けたおっさん当事者に向いただけだと思っている。

@gendai_biz
この一文は身につまされる。

『大勢の人が「ただしさ」に飢えているからであり、なおかつ「悪」とみなされた存在を大勢で一緒に叩くことによって「自分はただしい側にいるのだ」ということを確認できる』

90年代のオタク叩きもそれ
@gendai_biz
内容はほぼ同意。本題とは関係ないところで
「古い価値観に固執し、過去の成功体験にすがり、年功秩序に盲従し、異質なものを受け入れない」
のがおっさんなら、僕はおっさんではないなとw
@gendai_biz
これだろうな↓

"したがって「時間的・精神的リソースを『省エネ』してジャッジできるような相手」が、ある種のガス抜き的な存在として社会に必要になる。"

@gendai_biz
@gendai_biz でも一方で昨今の「無敵の人」もおっさんがほとんど 叩きやすいと同時に怖いんだよな
オタク表現を非難し続けた結果が山田太郎氏54万票と、多数の選挙候補者の表現の自由支持に結びついたように、おっさん叩きも政治的反動を呼ぶかもしれない。その政治家が、山田氏のように理性的である保証はない。
おっさんははホントの弱者じゃないから。ホントの弱者ー老人とか攻撃するようになったらこの世の終わり。優しい日本のガス抜きとも言える。> @gendai_biz
@gendai_biz 歳とっても年齢不詳のお兄さん枠でいたい
きびしすぎる 社会
「ただしさ」というものに飢えている中で説教というものが当たり前のように存在する世代の人たちがちょうど上の立場にいるから苦手意識が出るってことなんだろうか。
@gendai_biz
・・・とは言え被差別者である「おっさん」たちは自分は「おっさん」だとは露ほどにも思っていないからだ。体は中年、心は少年。

@gendai_biz
@gendai_biz 勿論おばさんもキモいんだけど男はそれを口に出して言わないんだよ。基本、優しいから。特に若い男は言えない。言ったら母親が傷付くから。
"私たちは「ただしさ」を渇望するあまり、「ただしさ」を与えてくれる「わかりやすくシンプルで、裏表のない悪」を求めるようになった" //
オッサン自身もオッサンが嫌いだからな。それはつまり 誰も守ってくれないし誰も味方がいないし 誰もオッサン差別を怒らない 誰がオッサンを守るの? うーん、わからん。
差別されないよう気をつけよう!
その為には身も心も常にアンチエイジング。

@gendai_biz
最近おっさんと呼ばれる年齢になってきて思う、何故こんなに顔が脂ぎってるのか?差別されたくなければ顔を洗わなくてはいけないという事か。洗ってるけどね。
おっさんイジリは差別が許されない現代社会のガス抜きでもあるけれど、それは昭和、平成の荒波を乗り越えて来たオッサンの耐力はマウント社会である現代の世代間、高・低スペック間、強・弱者間の緩衝材にもなるはずだという暗黙の社会認識があるからなんじゃないのかな。
@gendai_biz イケメンじゃない野郎にとっては、
必ず吊るされる日が来ると考えると胸が痛い
@gendai_biz マジョリティ批判を「おっさん叩き」、一般化を「差別」にすり替える相対主義者の華麗な詭弁をご堪能ください。
「差別と感じるのは誤解で、我々人類を抑圧する保守的で強権的でキモい悪を批判しただけ」とする説明の『ただしさ』と、
誰もがみんな笑顔で集うやさしい世界は『みんな』に含まれないガス抜き用サンドバッグを要する宿命について
つまりは、「正しさ」の奴隷が増えていると。なるほど。Fate/Zeroの聖杯問答を思い出す。
@gendai_biz
本日の記事は2部構成のボリュームとなっています。前半は現代ビジネスさんに寄稿した記事 のリアクションをまとめていて、「おっさん叩き」が私たちの社会で「合理的選択」として選ばれていることについて書いています。
今的な話題かな。昔は「オバタリアン」って言葉が流行った時代もあったでしょ?
極めて単純な話。おっさんは「王様」だから。至る所で。玉座を降りればそういうことはなくなる。
この記事、面白いね…記事には関係ないが「おっさん」が「おっちゃん」に変化すると憎めないヒールになる…「ちゃん」は滑稽さを纏いながら…滑稽さと免罪符…おっちゃんになりたい(笑)

@gendai_biz
@gendai_biz 大人にとっての「今時の若者」でオタクにとっての「マスコミ」で江戸時代にとっての「穢多非人」……人間は成長しても本質は変わらないよねって話だ……
同じことを考える変態がいるんすな…笑
「正しさを測るものさし」が無くなることの危惧を以前呟きましたが、まさか…ねえ…笑。
@gendai_biz
そりゃ、女性はおっさんが嫌い、男性もおっさんが嫌い、おっさん自身だけが自分大好きで他人を顧みない or 助けてくれと声をあげるのはプライドが許さない……からじゃないですかね?

@gendai_biz
“私たちは「ただしさ」を渇望するあまり、「ただしさ」を与えてくれる「わかりやすくシンプルで、裏表のない悪」を求めるようになった”……『ネタバレ』という言葉に、僕が感じているもの。  映画の感想ごときで断罪されたくないから、「ネタバレになるから」で逃げるわけだ。
自分がむしろ性的役割。押し付けられたのはおばさんからだ。だから今も苦手
自分も含めて、「おっさん差別」されているという認識が無いからじゃないかな。

@gendai_biz
社会悪とされる行動をオッサンという属性に紐付ける話にも通じるところが有るか.この話は,”たとえその紐付けが合理的で有ったとしても許されるのか”という,もう一つの問題を考えないといけないが.
@gendai_biz なんと読みやすい文章・・・!締めの章が最近のSNSのもやもやを言語化してる1つのような気がする...みんな叩ける悪い子を求めてるのよ...(*´・ω・`*)
「おっさん」が悪の象徴にされているところがあるのは事実だとして、しかし「世の中は複雑だ」と主張している割に、単純にそれをひっくり返して「おっさん」を現代の生贄の象徴に仕立て上げようとしているのはちょっと矛盾している気がするのだが。
@gendai_biz 大して仕事をしないのに高給取りのオッサンを見ると、叩かれても仕方ないとも思える。そんなオッサンにはなりたくないが。オッサンを一律化しないでほしい。
だからこそ、いつも『女は/男は』と見かけたら逆にしても考えてみる。

@gendai_biz
なんか、違うんだよね
一時期「男性も差別さてれるんだ」って叫んでいた人達と似てる論。
@gendai_biz
ほんとそれ。結局、人はレッテルを貼り、サンドバッグを求めているに過ぎない。その卑しさを認めつつ、どう折り合いをつけるかなんじゃないのかな。→ @gendai_biz
まあ、それはあるかも知らんな。

@gendai_biz
自分も将来「老害」に入れられそうだなー

@gendai_biz
自身が見た感じ「おっさん」なので、個人的にこの差別はまじで嫌い。

前半にある「ガス抜き」の指摘は非常に同意です。

@gendai_biz
勝手に「差別の観測問題」と呼んでるが、形式としては完全に差別が成立し得る状況でも、被弾側が信念・矜持・諦念等に基づき受容すると「差別非差別の重ね合わせ」のまま存在しない事象になるという:
@gendai_biz
陳腐な分析にしか見えないが。 /
言われてみれば確かに。

こういう違和感に気づいて、その原因を分析して形にできる人って凄いなぁ…と別の感想をw
なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか( )…「「おっさん」という属性をひとくくりにしたバッシングは、本来的には差別以外のなにものでもないはずだが、それが省みられることはほとんどない」→正論中の正論以外の何物でもない…。
「おっさんにありがちな古い価値観」が社会に悪影響である、というレベルの話には共感することもあったけど、最近はそれが差別レベルまでエスカレートしてるのは感じる。

もう「おっさん」という中年男性を指す一般的な属性ワードはこの文脈で使うべきでないな。
ただしいと言われたい、ただしさを実感したい、という承認欲求が満たされないはけ口を、おっさんという対象に向けているだけで、ある瞬間に他の対象へ向かう危うもあるね。

@gendai_biz
この世全ての悪かよ

@gendai_biz
「ポリティカルコレクトネスの問題は人間の精神的リソースを食いつぶすこと」というのは、分かる気がする。余裕が失われ、社会がギスギスして、かえって見えない差別が増える。
@gendai_biz
過去数十年に渡り
数百万人のおっさんが偉そうすぎてストレスを受けた人が数千万人いるので、その人達に受けるコンテンツが拡散されてるんですかね〜
"不思議なことに、ある特定の属性に対しては、ほとんどの人がその差別性を省みることなく、平気で差別的な言説を振りかざしている――その属性とは「おっさん」だ。"

↑確かに!

@gendai_biz
「おっさん」は、みんなの心の中にある。嫉妬や後悔など、誰でも抱いてしまうネガティヴな感情と似たようなもの。
歳をとった男性のことではないだろうと思われる。

@gendai_biz
「オッサン」は比較的社会的地位が高く、男尊女卑の恩恵を一番受けている、いわば「社会的強者」
そもそも普通の中年男性ならば「オジサン」と呼ばれると思う
強者を批判することが「差別」なのか?

なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか(現代ビジネス)
社会のガス抜きのためのいけにえですか…

@gendai_biz
秀逸。その昔、オバタリアンという言葉がありましたね。「何が悪いのよおばさん」とか。
困ったおじさんに沈黙していた社会が、革命を起こしたのでしょうか。ボクワルイコトシテナイ。

@gendai_biz
なんだこのキモい被害妄想というかマッチポンプというか。流行らそうとしてるのか知らんが。

| 講談社(4/4)
(本文より)そして私たちは「ただしさ」を渇望するあまり、「ただしさ」を与えてくれる「わかりやすくシンプルで、裏表のない悪」を求めるようになった。/ @gendai_biz
「差別を赦さない社会のガス抜きとしてのおっさん差別」ってか。

確かにおっさんを絶対悪にしたがる傾向はあるかもなあ。
ただ、これってツイッタランドに散見されるネトウヨネトサヨ、おフェミにミソジニー、オタク叩きにも同じことが言えないか?
どうせ「差別は良くない」ではなく「オッサンを差別するとは酷い」という論調でしかないだろうから、そんなん各自で適宜抗議しなはれとしか言いようがない。オッサン差別以外にはカケラも興味ない奴に言われてもな。 / “なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴び…”
ブサイクでキモいおっさんの俺、全く差別されないヨーロッパに活動拠点をシフト中
レイヤーが違う。
いろいろ。気持ち悪い記事。

@gendai_biz
昔のおっさんはお金持ってたから多少差別されてもやっていけたけど、今はそうとは限らないから厳しいよね。

@gendai_biz
「おっさん」は社会の中核を成す属性なので、それは「差別」ではなく「批判」になるんだけど、そんなことも知らんのか。おっさんは鈍感でいいよな。
似たようなことを考えてる人はいたんだな。
まとめると「醜い男」は差別しても良いってことなんだろうな。
おっさんも頑張ろう!

@gendai_biz
僕の小さい頃、オバタリアンなんて言葉が流行ったけど、僕はオッさんだしオッさん上等です。
どんなに見下されようが真摯なオッさんでいたいものです。
@gendai_biz
おっさんには人権がないからです
@gendai_biz
中高年男性になると「護るべきモノ」が増えるんだわ、だからいちいちリアクションしないの。何も言わない事をいいことに、世間が「おっさん」をストレス解消に使ってるだけ。

@gendai_biz
含蓄に富む説ですね。人間ってなぜか真の悪を叩くより生贄を探して叩く習性があると思う。例えば恐喝した暴力団よりも、脅しに屈して金品を提供した企業の方が叩かれるのに似てるかな。

@gendai_biz
差別とは思わないけど、おっさんは叩いて良いって風潮は自分のTL見てても感じる所はある。特に現代の原理的な正しさの前ではおっさんは圧倒的に無力だと思う。 なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか
おっさんの多くを経済的・社会地位的な強者と位置付けているからじゃないかな。だから弱者の側からいくら叩いても差別には当たらないと思っているのでは。でもおっさんがみんな強者ではないんだよねえ
【なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか】
老害 is「おっさん」
「おっさん」is 老害

近い将来、あらゆるネガティブな事象の発生原因として見られる「おっさん」という名の、いくらでも嘲笑したり差別してもかまわないかのようなカテゴリの仲間入りをすることにいまから恐怖を禁じ得ない
高度に複雑化して多難な現代社会で、おっさん差別は負の感情のはけ口として必要悪とされているのであろうか。今後男性差別が改善されても、あるいは女性が女性だけの街に住むようになっても、結局人々はおっさんに代わる新たなカテゴリーを見つけて差別を始めそうな気がする。
「悪」を作り出して懲らしめることは、別に「正しさ」でも何でもない。「正しさ」とは「間違い」を指摘することでしかないのに、そこに気付かない人が多過ぎる。

➡️
人を不快にする行動をしない努力は当然として、それでもどうせ忌避される属性になるなら強いおっさんになって自力で人権を確保せねばと強く思う。でも本当は武器を手に取り「私は差別とおっさんが嫌い」という連中と戦うべきなんだろう。次世代に差別構造を残さないために。
おっさん的価値観も、時代によっては必要だった部分もある訳で…。こうした価値観をまとうおっさん=有害と決めつけてしまうのは短絡的。異質に不寛容なのはおっさんだけじゃない。

@gendai_biz
「悪に向かってみんなで一斉に礫を投げながら、隣を横目で覗き合えば、私たちはいま、ただしい側に立って行動しているという保障と安心を得ることができる そのような存在として「おっさん」は生贄になっている」
@gendai_biz 「個を確立させていない、曖昧な多数派」ゆえに、反撃してこないだろうという安心感もあるのでは。
何が悪かったかはわかるかもしれないけど、何が正しかったかは多分人類史が終わってもわからないままだと思うよΩ\ζ°)チーン
>> そして私たちは「ただしさ」を渇望するあまり、「ただしさ」を与えてくれる「わかりやすくシンプルで、裏表のない悪」を求めるようになった。
あるあるw // @gendai_biz
また別のスケープゴートがうまれるだけでは。 /
>それはおそらく、現代社会に生きる大勢の人が「ただしさ」に飢えているからであり、なおかつ「悪」とみなされた存在を大勢で一緒に叩くことによって「自分はただしい側にいるのだ」ということを確認できるからだ。

「牧村家を襲う人々」の意識だよなー…。怖ぇ…。
おっさんにパワーが集中しているからでは。「30歳以上の男性」というクラスタはあまりにも強い。だから叩いても強者の余裕で許される。要するに甘え。「国」や「会社」を叩くのと似たイメージ
天狗の仕業的な発想で全ての罪をおっさんに被せるおっさん教とでも言うべきか。

@gendai_biz
鈍感なので差別されてる自覚がなかったwww /
「おっさん」or notの要因はなんだろうな
> 例外的に「偏見を好きなだけ貼りつけて処理しても、差別主義者であると糾弾されない便利な存在」が求められた――それが「おっさん」だった

@gendai_biz
「だが「まったくの無根拠な中傷を浴びせているわけではない。多くの人が肌感覚で感じていることが、言語化されているにすぎないのだ」という論理で「おっさん」への差別を正当化する人びとは、」(続)
野次を飛ばすのはおっさん、ゴミを放置するのはおっさん、試合中に立ち上がるのはおっさん、列に横入りするのはおっさん。選手を触るのはおばさん。

ぜんぶ、おっさんが、悪いんだ。

なぜ、おっさん差別だけが社会で喝采を浴びるのか @gendai_biz
差別するなら、自分が差別を行っていること、卑劣な差別主義者に成り下がっていることを自覚してほしい。「わたしのさべつはいいさべつ」は社会にとって害悪すぎるのでなんかもうアレ。
おっさんは強く生きようと決意しましたうぇーい乁( ˙ω˙ 乁)
@gendai_biz おっさんとはこの生きづらい世の中におけるある種の便利なスケープゴートなんだろうなぁ、と
共感できる部分の多いコラムだった…
ネットでも「⚫️⚫️おじさん」なんて蔑称はよく見るし、中年なら侮辱してもギャグですむ、という風潮は確実にあると思う。
自分も若者と呼ぶには微妙な歳だし身につまされる。

なぜ「おっさん差別」だけが、この
社会で喝采を浴びるのか
“当たりまえのことだが、「おっさん」であるからといって、すなわち社会に害悪をもたらしているというわけではない。(略)
人知れず汗を流す「おっさん」も大勢いるのだが、そうした「おっさん」も「社会悪の発生源」として誹りの連帯責任を負わされている。”
え?そう?
@gendai_biz 上手いことタゲ逸らそうとしてんじゃねぇよクソ老害がとしか思えん。
@gendai_biz それがすべてではないけど、自虐は許されていいけど、自虐に図に乗って差別するのは許されない、って話じゃないかなあ、って思うのよね。そこは別になんでもおなじじゃないかなあ。
自分たちの持つ差別感覚をもう一度見つめ直すためにいい記事だと思う。
@gendai_biz
現在の社会構造で権限の強い側に色々問題があるという話をする時に、その位置に要る人間のテンプレが「おっさん」なだけではないのか。説明を省略するために性別や年齢属性というのをラベルに使うなという話。 / “なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか…”
“「差別を許さない社会」において高まり続ける「差別主義者と認定されることのリスクとペナルティ」に対して、人びとは多かれ少なかれ疲れを感じつつある。無理難題を要求されているに等しいからだ。」”
@gendai_biz
世の中で偉い地位にいるのも全員おっさんだからバランスは取れてる。
@gendai_biz おっさんに対する風当たりキツすぎるの、自殺に失敗し続ける限り将来おっさんになることが確定してるので一当事者でもあるから辛い
@gendai_biz 皆がなんらかの差別を欲してるってことかな。
おっさんになりたくねえ〜
おはよう、地獄。今日も全ての差別の「ガス抜き」として生きる1日だよ。逃れる術は、世間と隔絶する以外にないんじゃないかと、少し本気で思う。

@gendai_biz
@gendai_biz 悪者として生きていく。
穴があいたパンツを「見えんしええか」と履き続ける私は間違いなくおっさん… / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
「おっさん」という悪の共同幻想。
中世の魔女的な? ただ魔女にはなにかしら魅力がある。おっさんには魅力すら無い点で史上最強の「悪」の概念かも知れない。
よし、まずは女性差別をやめよう。それから老人差別も民族差別も人種差別も、ポリティカル・コレクトネスを馬鹿にするのもやめよう。そしたら一緒に差別と戦おう!/この論者だと半笑いでそう言うのがせいぜいですわ / “なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴び…”
そういや古市憲寿の何かの本でもおっさんが忌むべきものへのラベルに使われてたっけな
@gendai_biz
良記事。
そのうち「おっさん差別」も許されなくなるだろうとは思う。
でも、「差別」というのはどういうものか、今この時点での事例をよく覚えておく事が大事と考える。

@gendai_biz
だから、私はFF14で自分の正しさの表明をしたくなるんだ。※ただしネタバレ :
中年男性という意味ではなく、「マイルドヤンキー」「意識高い系」「こじらせ女子」のようなスラングとして「おっさん」が使われている印象。当事者が自称することも多いよなぁ。/「オバタリアン」って昔あったね。 / “なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びる…”
「「差別主義者と認定されることのリスクとペナルティ」そして「人間一人ひとりを個別に理解するための時間的・精神的リソース」に対して、けっして口には出せないものの、人びとは多かれ少なかれ疲れを感じつつある。無理難題を要求されているに等しいからだ。」
成る程(妙に納得してしまった) @gendai_biz
@gendai_biz オッサンは、必ずマジョリティなんだよな。マイノリティこそが正義!て風潮がある。
雑に大きくくくってDISってる現状。批難対象はもう少し厳密に。 /
俺も差別されるのか。

@gendai_biz
これこれ〜おっさん差別の話
私は以前、ある御仁を「頑固ジジイ」と言うメタファーで表現した。ただ、その「頑固ジジイ」のおかげて今のヒノモトはかろうじて体裁を保っていられている気がする。おっさんとジジイは似て非なるモノ。私は下町の頑固ジジイに成ろう。いや、もう成っているのかも知れない。
@gendai_biz ロスジェネ世代にとっての地獄はまだ続くのか・・・筋肉で防御もできないなら命絶つか、無差別殺人起こすしかねーじゃねーか。先のやった人は逆に英雄じゃねーか
氷河期前後のおっさんは、もうなにも言えないのよ。

@gendai_biz
『「差別を許さない社会」のガス抜き』そして『危険な反論』
う~ん、なるほどなぁ。。。
「横並びの“ただしさ”を保障してくれる存在」として「おっさん」たちは磔刑台に立ち、群衆から放たれる石を今日も全身で受けとめている。
この記事は興味深い もし時間があれば読んで欲しい
@gendai_biz 「最強弱者様」の仮想敵属性だから。
マイナスのエクスタシーに溺れてたいから女性だけの街というユートピア()を作ろうとするつもりはないのだ。
僕は怯えながら混雑電車に明日も乗る。
@gendai_biz 特定の条件に引っ掛かることでおっさんラベル貼られるのなら、貼られないようにすれば良いだけでは
社会は強調性の中にあるのでその意思がないなら排他されるのは摂理な気がするんですけど
こんばんは、「差別を許さない社会」のガス抜き的役割をしております、シャンパンタワーおじさんです。

"緩衝材(バッファ)として例外的に「偏見を好きなだけ貼りつけて処理しても、差別主義者であると糾弾されない便利な存在」が求められた――それが「おっさん」"
おっさんは処しても無罪、まであと一歩。反撃は許さないがこちらの攻撃は一手に引き受けろ、という自由の極み。
今までは屈するだけだったのに流れが変わって言いたい事言えるから、今まで溜まった恨みをここぞとばかりにぶちまいてるんだよ。お前等の日頃の行いじゃ!って言われても、該当世代はお迎え待ちしてる年齢というね。
おっさんの本質的な生きにくさは可視化されにくくしたがって慮られることもほとんどないので差別は続くでしょうね。 /
って、この記事を読んで思った。
もっと見る (残り約229件)

記事本文: なぜ「おっさん差別」だけが、この社会で喝采を浴びるのか(御田寺 圭) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事