TOP > 政治・経済 > 「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体(高橋 幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体(高橋 幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

146コメント 登録日時:2019-06-16 07:27 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

「女であるという理由で差別された経験がないから、フェミニズムが言う女性差別というのはよくわからない」「現代ではもう女性差別みたいなものはないと思う」フェミニズムについて、現在の女子大学生に聞いてみると、こんな答えが返ってくることがある。...

Twitterのコメント(146)

@gendai_biz これも面白い。ポストフェミニズムという立場は、もしかしたら世間の女性の多数派なのかもしれないとすら
わたしもたぶん『フェミニズム離れの若い子』の一人だろう
でもこの記事には違和感があるなぁ
今の社会はもう男女平等だなんて楽観はさすがにしてないよ
ただ、今ネットとかで見かける『フェミニズム』って男性への嫌悪(憎悪)で動いてるように見えるから…
@gendai_biz 女性ならではの利点とか無くなると困るのでは?
例えば奢るとか。
以下の文章はアンチフェミニズム(政治的・イデオロギー的にフェミニズムを批判)とポストフェミニズム(自分の生活実感に基づいてフェミニズムを不要と主張)を区別しつつ(後者はさらに個人主義と性別役割重視に二分)、問題をクリアに整理。
もう男女平等は実現しているのだから必要ないんじゃない?という点から見た、面白い記事。

@gendai_biz
とても示唆に富む。
女性の中でもフェミニズムに対して拒否反応を感じることもある。でも男女はそもそも違いがあって、それを前提としたコミュニケーションの話だと思うんだけどな。

@gendai_biz
フェミニズム離れの女性はフェミニストによって多くなってきた感じがする。
寧ろアンチフェミニズムやポストフェミニズムが増えつつある。
んんん??ちょっとまって...

@gendai_biz
@gendai_biz 長すぎて斜め読みしてしまったけど、女だからとか男だからって区別してることが自分の性別の首を絞めてんじゃね?って思える発言も見るし、主語でかくして巻き込まないでくれ感はある
子供を妊娠してから男女差をすごく感じます。私も妊娠前は男女差別を感じなかった。

@gendai_biz
自分の社会的な状況とかに対する諸々の感情は置いといて、客観的に分析されているのを読むのは面白かった(●´⌓`●)
靴運動とかになぜか反対する女性の考え方が書かれてて面白い。

@gendai_biz
自分は職業柄、女性達を支援する立場を取る。彼女らへの支援の先に「子供達の幸せ」があるから。文章の言葉を借りれば自分はポストフェミニスト。女性である事により社会から不利な扱いを受けない事が目標。これは何も女性だけでなく時と場面次第では高齢男性含め誰にも言える
なんかこの一言に全てが集約されてるよなぁ→「アンチフェミニストやポストフェミニストたちによるフェミニズム理解がいかに「誤っている」のかについては、ここでは触れない。」 / @gendai_biz
若者のフェミ離れなんてないぞ。
むしろフェミ化は加速している。
当たり前だっつの。"入試ですら差別される社会"に対してようやく声を上げて変わった、その段階だぞ?

@gendai_biz
千田先生で有名な悪名高い武蔵大学からの刺客か。
@gendai_biz
なるほど、確かに違和感があることやった。フェミニズム運動の成果とも言える様な土台に立ってる人が、「フェミニズム」に批判的になってるツイートとかよく見るもんなぁ。

@gendai_biz
@gendai_biz ノイジーマイノリティが発狂しすぎて冷めちゃってるのかな
くだらない印象操作だね。どこが男女平等?医学部の入試差別を忘れたとは言わせない。それにジェンダーギャップ110位の日本は、国会議員・官僚・企業管理職などで格差が大きい!

@gendai_biz
"ポストフェミニストの主張は、根本的には、現在フェミニズムが目指しているものと齟齬するところがない"(ようにフェミニストの筆者には見える)という話で、実際には立場の違いに決定的なものがありそう。 / “「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体…”
「本稿は、ポストフェミニストたちの主張内容を明らかにすることを主題としており…フェミニズムへの誤解を解くことを主題とはしていない…アンチフェミニストやポストフェミニストたちによるフェミニズム理解がいかに「誤っている」のかについては、ここでは触れない」
女性だけでなく、男性にもここで言う「ポストフェミニズム」の観点からフェミニズム不要論を唱えている人間はたくさんいると思う。私もその立場に近い。 /
ずいぶん、欧米の白人中心、中上流中心、大学教育を帰る層中心のご意見と分析。
わたしなりに脱フェミニズムを志しているものの、私や同じ職場、似た学歴、近所の人たちの課題や状況は、この記事にはちっとも反映されていない。
…というか昨今の(原理主義的)フェミニズムが、どんどん「ヒステリックで独善的でダブスタ上等で」になってるからなぁ(汗)。> @gendai_biz
どんなバカでもソロソロ気が付くであろう。
@gendai_biz あのね、その分析し、批評し見下す態度。それが嫌われてるのよ。まさにオトコそのものよね。悪い意味で。
フェミニズム不要論者は、すでに現代社会では実現していると考えているが、フェミニストはさらなる運動が必要だという立場をとっている。現状認識の点で両者は異なっているが、両者が求めている方向性は隔たっていない。
社会を腐らすフェミニズム。若い女性の間でのフェミニズム離れが本当ならば吉報ですね。

@gendai_biz
私のフェミニズム体験(理解というより体験)の原点は1990年代、DV被害女性のシェルター作りなどに奔走していた人たちにあって、彼女たちは徹底的なリアリズムに支えられていた。「女性だから」と同時に「被害者だから」の普遍性。理念以前の「現実」が決定的原動力だった。
普段アンチフェミっぽい発言をしていますが、女男の違いなく、権利の維持・拡大には絶え間無い努力が必要だと思います。だから「フェミニズムは必要ない」ではなく、権利を主張していく事は必要なんです。行き過ぎは是正して欲しいけど。
若い人限定。
フェミニズム過激派は攻撃性の高さが嫌われていることを自覚して反省しましょう。あと根拠なく上から目線なところも。

@gendai_biz
@gendai_biz >フェミニズム不要論者は、これがすでに現代社会では実現していると考えているが、フェミニストはこれがまだ十分に確立していないと捉えており
個人主義者、ポストフェミニスト、第二派寄りフェミニストは手を取り合える。という結論には反対。異なる理念で連帯するから狂う。男性の政治的対立が許されるように、女性の政治的対立も許されるべきだ。
この記事で言ってるようないわゆる「正しいフェミニズム理解」を知りたくて何冊か本読んだけど、フェミニズム界隈、なにが王道の考え方なのかマジでよくわからないしゆえに反論も賛同もしにくい
こんなの戦略と戦術が不適切だったの一言じゃん。初めは具体的被害に寄り添ったものだったのが、〇〇の表現は蔑視だ式の抽象的被害を訴えはじめ、共感を得られなくなり同性から見放される。90年代のと同じ失敗だよ。 /
@gendai_biz フェミニズムを声高に叫ぶ程,不平等でゎ無いと思うけどなぁ。。。そんな経験ないし。
声高に叫んでる人ゎとにかく男がキライで都合よく利用している印象。。。あくまで印象だけど。
今さら とかに乗っかるのは立憲中心のパヨクだもんなw
@gendai_biz
" ここで注目したいのは、「もはやフェミニズムは不必要である」、「フェミニストは不当に男女不平等を取り上げて騒いでいる」と主張する女性たちが出てきていることだ。"

@gendai_biz
フェミニズム不要論者とフェミニストは目指す理想は同じでも、その現実での達成度の認識に差があるのではとゆう考察なのだ。アライㄜƕも先ずはお互いの主張にきちんと耳を傾け合う必要を感じるのだ。
「フェミニズム離れ」する
若い女子が抱いている違和感の正体
@gendai_biz
前に言っていたヲタク差別の実感が無い
若い子のそれと同じだろうね。
そもそも苛烈な昔の様な時代寄りも
今の方が安穏とした世の中になったと言う事か

フェミニストの老害化か?
同じものを目指しているのに、一方は対立を煽り、一方はそれを拒絶する。
過激なアジテーションではない筋の一本通った正論としてのフェミニズムを、男も女も尊重しなければ、いつまでも野蛮なままなんだろうね。
ポストの方々についてもフェミニズムの派生として肯定的に捉えたらそれは不適切だろうか

>現状認識の点で両者は異なっているわけだが、両者が求めている方向性は隔たっていない。
@gendai_biz
「ああいう連中のダブスタに気付ける人間が増えて何より」「フェミニストといえば「過激なことを言う人」というイメージになってる」「フェミの欺瞞に気付ける賢い若者が現れてるって話」
@gendai_biz
現行のフェミニズムが「女性的と言われる象徴は女性差別の引き金」として美貌やおっぱい、スカートを否定するのが、は「自分の女性としての魅力は自分自身の長所であり資産」と、とらえる
「フェミニズムはもう要らない」と言う女性が、どうしてそう思うのかという話。ポストフェミニストの主張は、根本的には、現在フェミニズムが目指しているものと齟齬するところがないのではないかというまとめだった。おもしろかったので読んでほしい。
>彼女たちは、フェミニズムが「男性」一般を批判しているとし、フェミニズムこそが男/女という二分法(dichotomy)を作り出していると主張する。

@gendai_biz
@gendai_biz メディアに出てくる関係者の発言を見てるとカルト宗教か心の病気を患ってるいるようにしか見えないですからね…
なるほど、興味深い記事。日米で違う点もあるけど、ほぼ同じかな?問題は媒体であるゲンダイのメインタゲの読者層がこの記事をどこまでちゃんと受け止めるか、かな?女性誌ではなく男性誌というところが引っかかる。すでにツイミソ垢が引用してたしね……
@gendai_biz 現代のフェミニズムの状況を知るのに分かりやすい論考、であろうか。
一般男性の立場でも肯首すべき話が多々ある。
ぶっちゃけ男衆は全然何も分かっていないのだから。
「性的魅力の発揮」と「社会におけるジェンダー中立的な扱い」とが両立しにくいものと考えがちな「社会常識」を変えていくという点において(中略)(フェミニズム不要論者とフェミニスト)は手を取り合うことができる

極めて真っ当な記事なのに、タイトルがこれは勿体ない
@gendai_biz やる夫さん、今こうなってんですってよ。
TLにフェミの人が何人かいるから大声では言えない話題だけど、私はネットでこういう流れはもう10回くらい見た
これなんとなく違うと思うなあ、、、三十代くらいには、女だからという理由で、割と強引にフェミニズムや“女性の視点”で「女らしい」研究テーマを押し付けられてきた人もチラホラ居るんだよな。それはそれで社会からの女らしさの強要だし。
面白い記事でした。

個人的にアメリカの話を展開するのに、なぜ冒頭で日本のガールズデー?を取り上げたのか疑問。
米国と日本では、ジェンダーギャップ指数や社会情勢が全く違うのだから並列には語れないはず。
アンチフェミ運動なんてあったのですね。確かに、そちらの主張もめちゃくちゃフェミ的で、目指すところは同じにも見えます。フェミニストと自認してる側も分析してほしいなぁ。。/ @gendai_biz
@gendai_biz フェミニズム全体というよりも、一部過激発言のフェミニストに辟易しているんじゃないだろうか?
これは身のまわり50メートルが全てだと考えている人の意見ちゃうの? /
「そういうとこやぞ」って感じの記事でした。非常勤講師とはいえ、これで学生にせっせと「啓蒙」を図ろうとしてるならちょっと頭を抱える…
当然の結果かと

@gendai_biz
女性教授「ここにはレディがいない」だっけ?フェミニズムへの違和感は常にある。

@gendai_biz
@gendai_biz よく読むとフェミニズムを誤解している若い女の子の話なんだよね フェミニズムは女らしくありたい人の女らしさを奪ってないよ
たとえ自分自身はそうでなくても、困っている人がいる限り、行動を起こす意味はあるんじゃないかな…と思いました。
〉「フェミニストは不当に男女不平等を取り上げて騒いでいる」と主張する女性たちが出てきていることだ。彼女たちの目には、フェミニストの主張がなにか不快なものとして映っている。 / | 現代ビジ…”
私は曾祖母も祖母も母も代々
フェミニズム🤗🎌
百年以上フェミニズムだから
離れるわけない😄

@gendai_biz
離れるほど人権意識は広まってないと思うのですが本当だろうか?男女格差は社会に出てから強まっていくので学生さんだと良い意味で実感は薄いかもしれない。性犯罪の男女格差は未だ圧倒的に女性が多いし
@gendai_biz 例えば、「女らしい」服装をしている女性にはセクハラに相当するような行動をしてもよいと思ってしまう「常識」

↑流石にそんな常識はないと信じたいですが…
男性の悪魔化とか男性嫌いばかり罵るようになれば、違う人たちだと思うようになるかもね。でも女子大生に聞いてもまだ社会の実情はわからないだろう。 / (371 users)
多くの女性はまず、フェミニズムに興味を持っておらず、内容を知らない。政治と同じくらい興味がない。

@gendai_biz
よくまとまってます。

@gendai_biz
性犯罪者への私刑に参加しない奴は性犯罪者の仲間だ、針差しに反論する奴は痴漢だ とネットでイキるフェミニスト見れば違和感を覚えない方が人としておかしいわな。 / | 講談社(1/…”
なるほどな。

/ @gendai_biz
>「女らしさ」の享受と「女であることによって社会的に不利な扱いを受けないこと」を当然視するポストフェミニストの主張は、根本的には、現在フェミニズムが目指しているものと齟齬するところがないのではないか
今の日本のフェミニストの中には、言葉の定義を自分の思うがままに拡張をして、気に入らない人間を犯罪者同然であるとぶっ叩きたいだけのやつがいるんでなぁ。まぁ、一部の暴走で全員が迷惑するのは撮り鉄とかと同じ /
私にとってのフェミニズムとは、女性よりも先にドアを開けたり自分が下座に座ったり聞き上手になろうとしたり不快な言動を避けたりとにかく優しくあろうとする事なのですが、それは違うのかな。
それが自己満足だと言われたらそこまでですが。

@gendai_biz
平塚らいてう等「新しい女」運動だって、白眼視する女性はいたわけで、まあ珍しい話ではない。/ポストorアンチの無理解を嘆くのは勝手だけど、自称「フェミニスト」に変な人が増えたのがその原因なのでは。 / “「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体…”
これは本当にそうかも。フェミニストといえば「過激なことを言う人」というイメージになってる。私もポストフェミニストのような…
フェミニストもフェミニズム不要論者も「女であることによって社会的に不利な扱いを受けないことと、女らしさの享受とを『当然のもの』として要求している」点で同じだが、前者は未だ達成されずとし後者は既に達成されたといする点で異なる
最近アンチフェミ的な考えの女性と話す機会があったからとても興味深い

@gendai_biz
主にネットで暴れまわってる方々は「男憎し」前提で動いてる人が多い様に見える。本人達にも一番ダメなパターンの使い手って自覚がないので何とも痛々しいというアレ。
興味深いです。白饅頭氏の著書にありますが、ところで自殺者は常に男性が圧倒的に多いのだがそれは放っておいていいのか、など異見には興味を持っていたいですよね。

@gendai_biz
フェミニストが全て正しいという視点で書いてるからとてもオカシイ文章になってる。
フェミニストがラディカル化して同性からすらも嫌われているという現実を直視すべき。
@gendai_biz
・もはや男女不平等はない

・自分の声を代表してもらう必要がない

・「弱者、犠牲者としての女性」という「フェミニストが言う女性像」に括られることへの反発

・女性ならではの役割や女らしさを楽しみたい
@gendai_biz フェミニズムには一分の理もないことがよくわかる名記事。
読んでて「何か違和感あるな…」と思ったら、書いてるのフェミ側の人か。
「フェミニズムを見捨てないで~」まで読んだ(笑)

しかも「女性が自立してる」海外の話だし。
驚異の上昇婚率、世界屈指の「ルッキズム主義」の日本女さんには無縁な話。
フェミニズムを名乗る差別主義者が問題では。韓国では、男児の虐待を称賛するフェミニストを名乗るおかしい人たちもいたし。 /
アンチフェミとか頭いい女性なら当たり前だろうが、女性の本能の加害性を相手せざるを得ないブサメン男性からしたら論旨を邪魔されて手強い
 
@gendai_biz
>「女性ならではの役割」や「女らしさ」を楽しみたいという主張を持っているが、このような見解がフェミニストによって批判されていると思い込んでいるがゆえに、

「思い込む」じゃないってば。実際、「名誉男性」と罵倒するバカがいるんだよ

@gendai_biz
これには同意。
すごく大事な観点。これは感じていたこと。
良記事。ぜひブックマークしておきましょう。

@gendai_biz
@gendai_biz | ここまでわかってたらあとは「自分たちが何を主張してきたか」を総括するだけなんじゃないの?
若者が労働運動に参加しなくなったのも、決して労働問題が解決されたと理解したからではないよね。 /
@gendai_biz なんにでも○○離れって言うの気に入らないけど、多分わたしもこれなんだなっつーやつ
「フェミニズムが「男性」一般を批判しているとし…現状もはや男女不平等はないのに、フェミニストが男/女の二分法を使って議論することで、社会の男女の亀裂がもたらされかねないというのが彼女たちの主張だ。」 / “「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感…”
フェミニズムは最低男排斥運動に成り下がってしまった。自分の気に入らない男に性犯罪者のレッテルを貼れば、警察が逮捕してくれる、ヤンキーやヤクザが凄惨なリンチを加えてくれる。目標はヘイトクライムの合法化。 /
まあたしかに生きてて女性であることが理由で露骨な差別を受けることは少なくなってきてるもんな。いやしかし…という感じだけど。
@gendai_biz
こんな情報を見つけたよ
アンチフェミの女性という視点ではジェンダーについてあまり考えたことがなかったけどこの論題に関していろんな視点・価値観で見てみるとさらに面白いのかもしれない。

@gendai_biz
この話数年前にも読んだ(本文未読)疲れてるので。
専業主婦指向も”ありえない”と”容認する”を行ったり来たりしたので

@gendai_biz
経験したことがないって人にはしあわせな人生でよかったねでもそういう人ばかりではないんだよ,としか..(´・ω・`) / @gendai_biz
「フェミニズム=性的魅力の否定」と思い込んでる人がいるから、アンチやポストが生まれるということかな。大事なのは性的理由で不利にならないことだよね。

@gendai_biz
@gendai_biz 不要論を強制するのではなく、不平等や差別で困っている人がいたときにその視点でもって是正することができるっていう選択肢をもてるのが大事っすよね。
「社会的に男女平等でありたいけど、私的な場所ではスカートをはいたりお化粧をしたり、女であることを楽しみたい」

わかる!そうなの!!!

@gendai_biz
NowBrowsing: :
労働組合みたいなもんか?
整理されててわかりやすかった~ なぜ彼らはフェミニストが自分たちの生活を脅かすと思っているのか??
フェミニズムは同権運動だからとりあえず選挙いって女性候補に入れとけばOK
ラディカルフェミニストやミサンドリズムに基づく似非フェミニストに触れない時点で、全く話しがかみ合ってないことがよく分かる。 /
私が感じる違和感は「主語が大きい」。女性差別をする男性もそれを感じる女性もまだまだいるのだろうけど、自分のまわりではとんと見かけないので、「男性は●●」「女性は●●」てくくられてると違和感を感じる。 / “「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感…”
「若者は選挙に行かない」と同じことであって、それはフェミニズムのせいなのか。何十年もかけて連帯は無駄、個々の研鑽と適応こそ大事だと言い続けて分断を進めてきた結果ではないのかと思うけど / 幸)…”
なんで日本でこんなにこの手の議論が進まないのかよくわかった。

@gendai_biz
NAWALTってご存知?何故(過激化する)フェミが嫌だ!と言ってるのに「手を取り合える」になるのか。要はMRAをちょっとマイルドにして言う人を女性にしただけだよね?なんでフェミこそ正義!になってんだ?
丁寧に分析してあって面白いのだけど、「アンチフェミニストやポストフェミニストたちによるフェミニズム理解がいかに「誤っている」のかについては、ここでは触れない」のあたりに違和感。
《 ポストフェミニストは、社会において、自分が「女性」であるという理由で不利な扱いを受けないこと(ジェンダー中立的な待遇)を当然視しており、現状それが実現されているという認識を持っている》
「手を取り合う」ことは可能として、その際に自分側に反省や修正のコストが存在するという認識が無いのであれば、「そういうとこやぞ」というお話にはなるかな… /
甘いな。今は良くても歳とってから後悔すること必至。< @gendai_biz
>アイドルなど女性的魅力をを用いて仕事をしている労働者の権利保障が不十分であることを「仕方のないもの」と思ってしまう「常識」こそが、批判され変えられていくべき
所謂フェミニストと呼ばれる人達の言葉の中に男性差別していると思われる言葉が多いのが嫌い。男とか女とか言う前に1人の人間としてどうあるべきかを探求すべきでは? @gendai_biz
紙幅の都合で理由はかけないが、お前は間違っているってやつ、常套手段過ぎて笑える |
アンチフェミにもフェミニズムにも色々なパターンがあるんだよね。それぞれが各々「自分が正しい、そちらが思慮不足」ってやってるから、先鋭化したりすれ違ったりややこしくなったり。

@gendai_biz
私はこの感覚に近いけど、運がよかっただけなので、不要と言い切るのはなんか違うと思っている

→学校や職場、地域コミュニティといった自分が生きている社会的領域のなかでの男女平等な待遇を当然のものとし、それはすでに実現されているという現状認識を持っている。
LGBTにふれていない。やりなおし。
そもそもフェミニズム離れって何?というのが気になったのであとで読む。/
“アンチフェミニストやポストフェミニストたちによるフェミニズム理解がいかに「誤っている」のかについては、ここでは触れない” … ここでウヘァってなった。 /
本来フェミニズムなのだ、フェミニズムへの誤解だ、で済ませるのもちょっと違和感

@gendai_biz
上野千鶴子先生はコレを一読したら何と仰るのだろかと思わず考えてしまったよ。
日本でもバックラッシュと同時にこういうの表面化してきていると感じる。数年後(もしかしたら半年後とかの近く)にこういう流れが出てくるのかもな /
最終章「根本的に目指すものは同じはず」の前までは、いい分析と現状整理だったのに……着地失敗したね… |
別にそんな難しい分析をするまでもなく「フェミニスト」とかいう輩が関わり合いになりたくないような連中ばっかだから関わりたくないだけでしょ
ここで書かれているアンチフェミニズム、およびポストフェミニズムの主張は、私が件の東大入学式上野スピーチに対して抱いた違和感のうちの一部と一致するものでした。
@gendai_biz
☆それにしてもポストフェミニズムもポストモダンもネオリベラリズムも、そういうのって現実は全く追いついていないし、しっかり現実を見ようともしていないのに、なんか焦りすぎ。
「フェミニズムは常に現実の権力関係や社会構造の中におかれるべきであり、現実から遊離した抽象の物象化であってはいけない」という菊地夏野さんの言葉が頭によぎった。>
興味深いけれどいろいろ違和感もある記事だった。

@gendai_biz
女らしい服装をしている女性にはセクハラしてもよいと思ってしまう「常識」、女性的魅力を用いて仕事をしている労働者の権利保障が不十分であることを、「仕方のないもの」「当然のもの」と思ってしまう「常識」。それらこそが批判され、変えられていくべきものである
"「性的魅力の発揮」と「社会におけるジェンダー中立的な扱い」とが両立しにくいものと考えがちな「社会常識」を変えていくという点において、わたしたち(女性に限らない多くのフェミニズム不要論者とフェミニスト)は手を取り合うことができるだろう。"
高橋幸先生に書いていただきました。

「もうフェミニズムは不要だ」と言う女性が、なぜそうした態度を取るのかについて。フェミニストとポストフェミニストがどこですれ違っているのかを整理した、大変面白い記事です。ツイッターでこそぜひとも読まれてほしい。
書かせていただきました。

ぜひお読みください!WAN論文を一般向けに書き直したものです。
社会学の見地から「フェミニズム」に対する批判を加える女性の考えを解きほぐし、それはフェミニズムと協力できるのではないかと述べた良記事。

「フェミニズム」が目指しているものというのは、割と誤解を受けること...
「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体-

差別は被差別者が差別だ!と感じた時に差別となるらしいので、「もう女性差別はほぼない」と女子が思われるならほぼないんだろう。
が、それじゃ困る層がいつまでも騒いでる印象。
以上

記事本文: 「フェミニズム離れ」する若い女子が抱いている違和感の正体(高橋 幸) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

関連記事