TOP > 政治・経済 > あの著名人も語った…「大人の発達障害」で私たちが感じた生きづらさ(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

あの著名人も語った…「大人の発達障害」で私たちが感じた生きづらさ(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

「ちょっとズレてる人」や「変な人」は、同僚や友人の中に一人はいるだろう。だが、それは単なる性格のせいではないかもしれない。そして他人事だと思っているあなた自身も、その可能性があるのだ。...

ツイッターのコメント(10)

うちも元々、私のキャラ=特性のせいで、両親が喧嘩したり、多くの人に人格否定されたり、奇特な人扱いされたりで、耐えられない。ようやく検査をしようかとまでなった。

@gendai_biz
"そもそも発達障害という疾患がまったく知られていない時期に社会に出た大人たちは、たとえ障害を持っていても、(略)なんのサポートもないまま、今に至ってしまっているのです。"
最近は、中高年で診断される場合が多くなっています。家庭内の問題が原因だったりします。  @gendai_biz
「発達障害天才説」が独り歩きしがちなのも、凄い能力を持った一部分が過大に取り上げられてしまうからであって、日常を共にする人に人知れぬ苦労があるのはよくあることと思います。
常に人の性格を「トータルで見る」意識をもっと持っていければ良いのではないでしょうか?
Discover(Google)から みやぞんもそうだからこそ芸能界にも大人の発達障害を持つ人は居る。かなり頭が良くても芸術に打ち解ける才能も磨く。
私がSNSや職場で出会った発達障がいをお持ちの人は悪気が無くても、何度も同じ失敗を繰り返したり 月単位で人間関係のトラブル起こしたり、空気が読めな過ぎて驚く事が多かったな。

自覚が本当にないんだよね。指摘されても早ければほんの数分で忘れちゃう。
社会に出でからの方が 大変な事が多い
「発達障害」
メディアでもだいぶ取り上げられるようになり、発達障害がキーワードであるテレビドラマも多数放映される時代になりました。

有名人でも発達障害を公言する方が出てきており、「発達障害があっても、溢...
あの著名人も語った「大人の発達障害」

>発達障害という疾患がまったく知られていない時期に社会に出た大人たちは、たとえ障害を持っていても、良く言えば個性、悪い意味では性格の問題と片付けられていた。

この埋め合わせを今後どうするかが課題だなぁ
「大人の発達障害」というのもよく聞く言葉になったが、私がもっとも注意して見ているのは「発達障害だからしょうがない」とはならないこと。障害という診断をまるで「言い訳」のように使おうとする、そんな風潮が見えて...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR