TOP > 政治・経済 > 史上初、ブラックホールの撮影に成功! (本間 希樹,ブルーバックス編集部) | ブルーバックス | 講談社(1/4)

史上初、ブラックホールの撮影に成功! (本間 希樹,ブルーバックス編集部) | ブルーバックス | 講談社(1/4)

21コメント 登録日時:2019-04-10 23:38 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

日本時間の2019年4月10日22時、国際プロジェクトEHTは、人類史上初めてブラックホールの写真を撮ることに成功したと発表した。この発表の科学的意義をプロジェクトを主導した第一人者が解説する。...

Twitterのコメント(21)

7月のICEHAPセミナーは、国立天文台水沢VLBI観測所所長国立天文台の本間希樹教授をお招きし、ブラックホールについてお話していただきます。
タイトル
『The shadow of M87's super-massive black hole revealed by EHT』
EHT(Event Horizon Telescope:イベント・ホライズン・テレスコープ)プロジェクトに参加されていた本間さんのお話、わかりやすくておもしろい
ブラックホールに周りがなぜ明るいかわかった。
人類が初めて目にする「黒い穴」 (本間希樹) 【現代ビジネス】
なるほど、ブラックホールを見るには視力300万あれば良いのか
読みました。ブラックホールを観測するのに10年以上構想練って、画像を撮ってからもそれを組み合わせるのに奔走して。色んな人が、アイデアぶつけ合って。ほんと人間の力ってすごい。尊敬!!!!!
ブラックホールは光を吸収するので、
正しくはブラックホールの影の撮影に成功!らしいですよ。
ブラックホールの強い重力で引きつけられ、非常に高い温度に熱せられて明るく輝く降着円盤は、ブラックホールに近いところにあるので、それを分解して見た人はいませんでした。
ピンボケのダンキンドーナツにしか見えないが。
ブラックホールとドーナツの穴がどう違うか説明できないくらいにはアタマ悪い。
これは興奮した。素晴らしい成果。|
ブラックホールのこと、かなり分かりやすい説明。学生さん必読。/
ブラックホールの良い解説。撮影おめでとうございます。
ニュースキャスターは「人類最後の開拓地宇宙」などと言うし、松本零士は「この中に入って向こう側を見てみたい」だって!冗談ではなく真顔でこういう事言う人たち。ケシ粒の一京分の一にも満たない存在の人間の発想
M87星雲。ウルトラマンの故郷?と思ったが、ウルトラマンの故郷はM78星雲だった。
本間希樹・国立天文台教授『巨大ブラックホールの謎』
素晴らしい
『月面に置いたゴルフボールを地上から見たときの大きさに相当します。』

ちょっと何言ってるか分からない...
すげー 😱
ロマンあるな〜、怖いけどワクワク😄

インターステラー見たくなってきた👀
ニコ生で記者会見最後まで見られて良かった!本間先生が分かりやすく説明しつつ、嬉しそうなのが素敵だったです
以上

記事本文: 史上初、ブラックホールの撮影に成功! (本間 希樹,ブルーバックス編集部) | ブルーバックス | 講談社(1/4)

関連記事