TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 日本で生まれ育っ...

日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話(福田 和子) | FRaU(フラウ) | 講談社(1/3)

59コメント 登録日時:2019-03-15 10:24 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

「#なんでないの」というプロジェクトがある。23歳の大学生、福田和子さんが始めたもので、「日本にはなんで世界と同じようなレベルの避妊法がないの」、「なんで世界のような性教育がないの」等々、実体験をもとに、日本の性についてきちんと考えよう、というプロジェクトだ。性教育ひとつとってもバッシングがおきる日本で、若い女性がなぜこの活動をはじめたのだろうか。...

Twitterのコメント(59)

日本って相当遅れてるのね・・・
本当にどうして日本はこんなに避妊法が遅れているんだろう……
「2000年代初頭に起きた性教育へのバッシング」←女が子供を産まないのがけしからんと言って自民党が(しかも現総理が旗振って)やった。まともな性教育もしなかったせいでAVを手本にしたクソみたいなSEXをする男ばかりで女が性行為に背を向けたんじゃないのかねぇ?
日本では10代の80%、20代前半の60%が所謂「デキ婚」(らしい)。
デキ婚が良いとか悪いとかでは無く、結婚に至る過程というのは組織における成立期みたいなものである筈。
そう考えるとSEXに関するリテラシーが低いって致命的だよね。
性的な話は全てタブーにされる日本の現実…海外が羨ましいね。
そういえば昔通ってた職場で生理中だと話しただけで同僚男性らに「そんな話するなんて凄いな」と恥知らずか淫乱女みたく言われた事があったわ…女は生理で体が辛くても言いにくい環境作られてるよね…
日本ももうそろそろ女性の権利について考えてもらいたいですね!
日本が避妊について如何に遅れているか気づかせてくれる話
日本には「なんで世界のような性教育がないの」
という当たり前の素朴な疑問が突き刺さる
女性の体調やケアの頻度・タイミングに応じた避妊法がいくつもあるって知って、驚いた。
ピル、女性用コンドーム、卵管結紮くらいしか知らなかったし…
確かに。色んな避妊法があることすら知らない。身近に選べるようになってほしい。
性教育で繰り返された「自分を大切にしましょう」という言葉。抽象的な内容ばかりで肝心の「どうやったら自分の身体を大切にすることができるのか」という「具体的な方法」については殆ど触れない
えっ、そんなに色々あるんだ!と女性が出来る避妊の種類手段。ほんと、日本でもはやくアフターピルは勿論のこと、他の諸々にも手が届くようになりますように!
「スウェーデンではあまりに当然に権利として与えられていた知識、選択肢が、日本では与えられない。どんなに「自分を大切に」したくてもその術がない。あまりにショックな現実だった。」
女性が「自分を大切にする」ための避妊、よその国と日本との違い。
非常に大事な指摘。
「「なんでないの?」と思うことは、それなりに自己肯定感の高い行為だと私は思う。なぜならそこには、あって当然、という前提があるからだ。女性が使えるより確実な避妊の選択肢は決して、「あったらいいな」では済まされない。」
こういうの読むと思うけど、日本はまだまだ女性が選べる権利の選択肢が少ないと思ってしまうな
ピル解禁が国連加盟国のうち一番遅かった日本。

日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話(福田 和子) | FRaU(フラウ) | 講談社(1/3)
プロジェクト

23歳の大学生、福田和子さんが始めたもので、「日本にはなんで世界と同じようなレベルの避妊法がないの」、「なんで世界のような性教育がないの」等々、実体験をもとに、日本の性についてきちんと考えよう、というプロジェクトだ。
「なんでないの」という問いに答えようとすると、中絶の合法化がどこの国よりも早く天から舞い落ちてきた歴史と、そのことで日本にまともなフェミニズムが生じなかったことに行き着くんだけど。
ほんとの先進国とのこの違い…
これはとても良い記事。
日本は本当に本当に遅れている。
また後で読む。
シールタイプの避妊薬があるなんて初めて知った。もっと知りたいなー。
自分の体のことだからね。他人任せにしていては良くないと思う。大事なこと。他人の妊娠に過敏な奴は、避妊法の勉強もしたらどうかな?
メリットの大きさを考えればデメリットは無視してもいいレベルだと思うし、日本もいい加減に無料で貰えるかそれが無理ならかなり安く買えたりできるようにすべき。
あって当然のものがない。その現実に気づいてほしいと思った。「なくて当たり前、仕方ない」そう感じる出来事に、問いかけや問題提起をしやすい社会になってほしいと思う。性に関わることも、実際は「健康」に関わり無視できないもの。そこに必要なケアを求めるは当然のこと。
今まで、困りましたよ。WWII以前から、日本女性はひとりでは生きられなかったのだから。レイプで妊娠したら終わりだったのだから。
数々の避妊法や、料金の安さ(地域差はあるが、25歳以下なら多くの地域で避妊、緊急避妊、どちらも無料!)にただただ驚く私

『避妊が中絶を減らす実情』がすでに教育されて浸透している
日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話(福田 和子) | FRaU(フラウ) | 講談社(3/3)

←これに気づけることは大事です
スウェーデンの性教育が進んでいる、という話はよく耳にする。
日本が例外なわけではなくて、諸外国でも性教育のサポートに差がある
性や健康も含めて自己を大切にしているか否か。
性に限らず、身体についての教育自体を拡大したいな、と思う。
素敵な活動、応援したい。
そうなんだよね、教えられず、選択肢も圧倒的に少ない…
〜私は日本でほとんど教わっていなかった〜
2019-03-15,,避妊,北欧
<なにかと倫理やタブーに絡めとられがちな性の話。しかしながら、「性」に関わることも、実際は「健康」に関わる無視はできないもので、そこに必要なケアを求めることは当然のこと。>
・・・日本は超後進国・・・。
「避妊は健康権利」
避妊の知識は中絶を減らすこと、避妊法は避妊だけのものではなく病気の治療としても予防としても使えること、自分の身体をコントロールしてより快適な生活を送る知識を当たり前にしてほしい
同意。日本はどうしてこんなにも性教育をしないのだろうか。日本のポルノが悪いとは言わないが偏ったうがった知識ばかりが身に付いている男性が非常に多いと実体験から思う。
今回の記事へのコメントで、「不特定多数としなきゃいい」「相当やりたいから避妊とか言い出す」的なもの沢山頂きましたが、カップルでも、結婚してても、子供産むと決めた時以外は人数も回数も関係なく常に避妊が必要なので!そこんとこよろしくお願いします🙂
国際感覚を身につけるというのは,このせま~~い日本に住む者としてとっても大切ですね。日本の世代交代が進めばもっと生きやすい国になるかなと。
根元は、女性が知識を得て自分で考え判断し、自分で選択する、という、人として当たり前の権利を、日本では支配者である高齢男性が絶対認めたがらない。日本の女性に関する「なんで?」はすべてそこに行き着くだろう。
...子供作る意外に性行為するな!
この方はまだ性教育に対するこれまでの理不尽な妨害をまだ知らないのではないか。「なんでないの?」その理由は少し過去に遡ってみればすぐにわかると思う。→
私もイギリスでIUD Mirena 勧められるまで存在すら知らなかったなぁ。
私の場合はほんとに保険の授業聞いてなかったから、教育のせいにしたくないけど…
初めて知ったことばっかりでした。認可降りるとか諸々でハードル高そうだけど、日本にも導入して欲しい。
“性教育で繰り返された「自分を大切にしましょう」という言葉。抽象的な内容ばかりで肝心の「どうやったら自分の身体を大切にすることができるのか」という「具体的な方法」については殆ど触れない。”
特に女子生徒が、
「自分を大切に」と保健の授業を受けても、抽象的すぎて「?」のままーー
(女子校で男性教師に授業を受ける、というのも少々キツイような……)
という経験から。

日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した〜
日本には感情論じゃなくて事実認識をする能力が必要
素晴らしい活動と思う。
学校での性教育に反対してる人の無責任さよ。
「あったらいいな」じゃなくて「なんでないの」が日本にはたくさんあるなぁ
国外で生活すると実感するでしょう日本の性教育は隠蔽。
自分を大切にするための知識なのに、タブー視されるのはおかしいよね。→
小梅が大きくなるまでに、実現するといいなぁと思ったね。
女性の健康を守るためっていうのが共感したよ。
この子偉いなぁ。私はただただ、日本の学校でカルチャーショックを受けながら耐えてたな、日本の教育全般に。
スウェーデンに留学してた子が行っているという活動。これは…日本にいたら分からないことばかりだなぁ。。日本の遅れを実感する。
こんな風に声をあげて活動されてるのもすごい…!
へえ〜!すごい!!ってなった(語彙力)
日本の教育は本当に遅れてる。こういうことちゃんと教育して「自分の身は自分で守る」という意識が 日本女性にしっかり芽生えて始めて、不幸な妊娠や中絶が減るのではないのかな。
生物学的医学的知識として自己防衛の具体的方法を女性自身が習得できていないのでダメなオトコとの性交渉の結果として望まれない命を発生させてしまっている。「自分を大切にしましょう」では他人事のままなのだ。今のヒノモトの性教育はそもそも論からして間違っている。
避妊方法にも「性情報リテラシー」が必要なんだよね :
#なんでないの
以上

記事本文: 日本で生まれ育った女子大生が日本の避妊法の低レベルに驚愕した話(福田 和子) | FRaU(フラウ) | 講談社(1/3)

関連記事