TOP > 政治・経済 > アベノミクス、民主党、小泉改革…経済政策の効果を数字で検証してみた(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

アベノミクス、民主党、小泉改革…経済政策の効果を数字で検証してみた(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。...

ツイッターのコメント(17)

どの政権であっても結局は国民一人一人が馬鹿になっていく日本では成長などあり得ないと思う>アベノミクス、民主党、小泉改革…経済政策の効果を数字で検証してみた(加谷 珪一) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)
「成長率がもっとも高かったのは意外にも民主党政権で1.6%だった」
いらんよ #円安
円安のおかげで生活苦しいの自覚した方がいいんじゃないの?
アベノミクスじゃなく消費税が経済を冷やしている、
”一連の状況を総合的に考えると、従来型の輸出に依存する(つまり諸外国の景気動向に依存する)日本経済の仕組みそのものが、現在の成長率を決定付けており、経済政策が与える影響はそれほど大きくないと判断できる”
アベノミクス…苦笑、、、
冷静にどの時代も考察していて、参考になった。どうしたらいいかの、筆者の考えもぜひ伺いたいものです。
震災対応で経済政策を事実上何もできなかった民主党政権が一番伸びとる
結局そんなもん
過去の小渕政権も小泉政権も安倍政権も将来に大きな禍根残しただけ
この記事からすると、アベノミクスも民主党政権も日本経済を盛り上げることができなかったことになる。
経済以外の諸々を含めて「民主党の政権の悪夢」と安倍政権の悪辣さが日本国庶民にとっては地続きの困難となっているわけだ。
の成長率は年1.2%。民主党政権時は1.6%だった(リーマンショックの反動を少し割り引く必要はある)。
で設備投資が伸びたが、成長と消費拡大に結びついていない。国民は貧しくなった。
わたしの観点に近い。
「アベノミクス、民主党、小泉改革…経済政策の効果を数字で検証してみた」
アベノミクス、民主党、小泉改革…経済政策の効果 金持ち優遇政策を止めて、消費減税と内部留保課税をすべき。
内部留保を増やすと課税額が増えるとなれば、企業は賃金を引き上げる。そして消費減税されれば、購買意欲も増すことだろう。
日本の経済が伸びないのは、中国、韓国で日本の国際競争力が下がり、輸出が減ったから。当たり前すぎるけど、あまり語られていない?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR