TOP > 政治・経済 > フランスの避妊は「女性のピル使用」が大多数である深い理由(髙崎 順子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

フランスの避妊は「女性のピル使用」が大多数である深い理由(髙崎 順子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。...

ツイッターのコメント(172)

日本女性の典型的な反応でしょうね。
/「フランスでは、ステディな恋人同士になったらみんなピルで避妊するんだよ」
「避妊が必要というのは分かるけれど、お前がナマでしたいがために、私が薬を飲むのか?」
@spit_flower フランスでは女性がピルを服用するのが一般的です。

それは『女性が自分の体のことを自分でコントロールする』という考え方だから。
彼女たちから見れば日本人女性のやり方は、男性に自分の体の主導権を渡す行為とみなされます。
→つまり女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもあるんです」

フランスと日本の避妊の主導権の違い。ヨーロッパでは避妊だけでなく、恋愛の主導権は女性にある事が多い。男性が女性側の権利を尊重してくれるので安心して恋愛関係を構築できる。ピルに関しては、私が10代の頃のクラスの女子はほぼ100%ピルを服用していた。→
@gendai_biz 性の主導権争いも、その様相を変えつつある。
きゃなり、色々違う価値観が脳内駆け巡ってくれて面白い。

@frau_tw
何十年前の話かと思うが、日本でいまだにピルが一般化されてないのは不当

フランスの避妊は「女性のピル使用」が大多数である深い理由(髙崎 順子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
ピルの自己負担が低いのが羨ましいし、男性議員も一緒に尽力していたフランスすごい…

こういう風にしたいんだったら本当みんな選挙行こう…😭

とりあえず現政権では実現されないんだから変えるしかない…
フランスの考え方すごい。
自分で自分を守る権利があるんだ。
男性に避妊してもらう意識でいた
友人から色々聞いてはいるので、フランスのピル事情についてはよくわかってるつもりだったけど、これ読むとやっぱりピルってアクセスの良いものの方が良いんだなって改めて思う。
「女は3人産め」と言う自民党のオヤジ達には到底理解不能な話。少子化を克服したフランスと出生率1.4に落ち込んだ日本がパラドックスに思えるかどうか、一つの物差しになりそうだ
フランスでは、妊娠は女性がより主体的に考えることなんだな。

@gendai_biz
なぜ男に何を任せないのか。フランスの場合。
避妊について調べていたときにたどり着いた記事
ちょっと男性側からはおすすめしにくいけど…
個人的には男女関係なく「自立」について考えさせられた
日本じゃゴムでの避妊が主流ですが、自分の体のリスクを他人に預け切りにしてしまうというのも少し考えものかなと思います。

ピルは、体質や各種事情もあるので一様には言えないですし、するならゴムは着けて然るべきと思いますが…
熱い恋は1965年出版で、

フランスの中絶合法化は1975年。
中絶を禁止したところでなくなることはなく、違法な業者のもとで健康を損ねる女性が増えるだけだ。特に貧困層が不利益を受ける。
男性用ピルってあるんだっけ?
「女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証」「女性の解放・子どもたちの教育環境の改善・社会のより良いバランス」
フランスでは、緊急避妊薬に
限り、街角の薬局や校内医
から匿名・無料で入手できる

そういう、ぎりぎりの救済が
何より最優先で導入すべき!
「…自分の体を自分で管理する権利であるーーそう説かれた大統領は黙り込み、その後、告げた。

「君の言う通り、命を受け継ぐことは重大事だ。熟考の末での行動であるべきだろう。続けたまえ」」
@light_blue_ 「女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもある」この記事にはそう書かれていました。
セックスの同意が〜というトチ狂った見方は日本の男女間のバランスのとれていない事と無関係ではない気がします
リンクにあった記事の一文で衝撃を受けた
日本は未だに出産しない女性は悪って認識が根強いよね

「女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもある」
「学業、仕事、生活スタイル。子どもを持つことで、人生の全てが大きく影響を受けます。しかも妊娠は女性の体にしか起こらないこと。だから女性が自分で、コントロールすることが大切なんです」
仏では1967年まで避妊が違法、1975年まで中絶も違法だったとは知らなかった<女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもある>
責任を背負い合うか、それとも押しつけ合うか、あるいは逃げ合うか。現代日本は逃げ合いが根っこにあって、訴訟型社会を見習って押しつけ合いに移行しようとしている感じが否めない。
バース・コントロールや、加藤シズエさんを思い出した。女性の体は男性に所属しているものではなく、女性自身のものだ。
私見:フランスにおける性愛観は、ラテン的男性優位主義・カトリック的な避妊に対する価値観が背景にあるようだ。フランス的な恋愛を少し魅力的に見ていた自分が少し恥ずかしくなった…
育つ環境によって常識は異なるということがよくわかります😲
私の元カノは、ピルが体質に合わなかったので子宮内避妊器具を使ってましたが、「避妊はコンドーム一択」という日本の現状はちょっと異常です。コンドーム「だけ」って確率的にも結構不安ですしね…
意識できていなかった。なるほど。

「人間の長い歴史上、男性優位社会では・・・つまり女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもあるんです」
いろんなカルチャーあって面白い!
避妊が合法化されたのが1967年で?!  確かフランスって、色んな差別をなくすためにとパパママじゃなくて 1号2号?と呼ぶようにって最近決めたんだっけか??? ★要は よそさまの事はまあ置いておいて、、でいいんじゃないかなあ?
スの避妊は「女性のピル使用」が大多数である深い理由(髙崎 順子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
ゴムは感染症予防であって避妊具ではないと常々思ってるけど、どーしてなかなか広まらないな。この 10 年間、進歩どころか退歩している。そして若者の中で恋愛ひいては生殖のプライオリティが下がってるような?経済的締め付けという少子化促進政策の賜物ね。
「学業、仕事、生活スタイル。子どもを持つことで、人生の全てが大きく影響を受けます。しかも妊娠は女性の体にしか起こらないこと。だから女性が自分で、コントロールすることが大切なんです」→
「女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもある」の一言には納得。
そしてフランス1世紀の歴史がここにあった。
「学業、仕事、生活スタイル。子どもを持つことで、人生の全てが大きく影響を受けます。しかも妊娠は女性の体にしか起こらないこと。だから女性が自分で、コントロールすることが大切なんです」
@bambi_yoshikawa 少し話は違うのかもしれませんが、ツイート読んで最近読んだ以下の記事を連想しました
良記事なのでお奨め。なお記事中、性交後120時間以内の緊急避妊薬はレボノルゲストレルではなく第3世代エラワンタイプの間違い。
「女性だけが避妊をするなんて!」と憤慨するこの仏在住の女性は,フランスの思想的社会的背景の無理解が解る。仏女性は妊娠も堕胎も女性の権利だと考えている。一方英国で中絶は貧困女性の福祉政策の一環。英国に住んでいると仏女性を淫乱と揶揄する雰囲気すら感じる
いや、ほんとこのあたり面白いな。女性に対する価値観が自分の中で少しずつ変化してきている。
自分の身体は自分でコントロールする
大事だけどそれができるようになるまでまだ課題が多そう
最近の私は、ピルが気になる子ちゃんなんだけど、どこでどうやって手に入れられるのかが分かっていない。
フランスでは1960年代まで避妊が違法だったというのは驚いた。 -
ピル=女性への尊重って理論は乱暴だと思う。副作用とか、ただ飲みたくない人だっているだろう。ピル飲んでれば避妊100%訳でもない。ピル買うのは女性だし、出産も女性、それを男性が負担する訳じゃないし。
フランスの避妊中絶関連制度の箇所、説明と情報を補う方向で修正しました。また妊娠週数の計算方法が日仏で異なるので(フランスは日本のー2週、在胎週数計算)、日本のそれに合わせています。
選挙権の次は生殖機能を自分で管理する権利 ってのが、とても良い
妊娠は本当に困る。
月経困難症の治療でピルを飲み、避妊効果にもあやかっていたが、子宮筋腫の切除手術を機にピルはやめた。
それからはコンドーム一択。
万が一のためにまた飲むなら全額自己負担…。
月に3回しか会えないパートナーとの情事にかける費用としては高過ぎる。
共感……

『女性が自分で避妊できる、妊娠出産するかしないかを決められる社会は、女性が男性に支配されていない、という証でもあるんです』
もっと見る (残り約122件)
 

いま話題のニュース

PR