TOP > 政治・経済 > 「Amazon Go」はなにが凄いのか…「詳しい人」の意外な答え(鈴木 貴博) | マネー現代 | 講談社(1/3)

「Amazon Go」はなにが凄いのか…「詳しい人」の意外な答え(鈴木 貴博) | マネー現代 | 講談社(1/3)

18コメント 登録日時:2019-02-12 06:27 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

無人コンビニのAmazon Go(アマゾンゴー)が凄いという話はよく聞きますが、いったいなにが凄いのか。じつはその本質はあまり語られていなように感じます。そもそもAmazon Goは一般的には「無人コンビニ」と呼ばれているが、実際の店舗ではたくさんの従業員が働いていて、正確にはレジがない「レジレスコンビニ」と呼ぶのが正しかったりします。また、アマゾンゴーはキャッ...

Twitterのコメント(18)

まじデータやん笑
もう、伝統とか本物だけが残るな
人もいる理由が変わってくる
本来に戻りつつある
いいぞ、頭いい人たちもっと頑張れ。笑
日本は省力化のために
ITを使い、
海外の進んだ国では
顧客エクスペリエンスのために
ITを使う。

どちらが10年後に
支配を拡大しているかは、
火を見るよりも明らか。

経営って、何?
名前しか知らなかったけどこういうものなのか Go…凄すぎて言葉失うわ…レジ打ちバイト消滅だね…
@moneygendai 流通業において効率を追い求めない イコール すなわち死 を意味する緊張感は 今の世になっても変わらない
/ Grand Orderは、店の出入り時アカウント認証を通すと、持ち出した商品を勝手に集計してアカウントから課金されるやつか。掃除と品出しと調理は有人。そう、弁当は店で製造される。
我が家のもコントできんくなる
誰がどの商品を手にとって外に出たか、店内のカメラからAIが判断して請求する仕組みらしいのだけど、サウナにも使えんかな。汗流しカットマン他の迷惑行為全般対策に。
GOのことがより少し詳細にわかった。
気になるのはここからユーザー購買体験が
変わることによりどういう感情が
生まれてくるのか。実際にいってみてーなー
こういう店舗が一般普及すると「買う」という概念が消えて行きそうだな。お店行って適当に必要な品物取って出ると自動で引き落とされてる世界。怖ろしくなる。
"レジがないだけで決して「無人コンビニ」ではない。
むしろレジと言う手間がかかる工数を別のサービスに振り向けているわけです。"
日本の、ドラッグストアレジでの接客に命かけます‼️のはそろそろやめにしないと、
他の事にもっと熱注ごうよ。

Go」はなにが凄いのか…「詳しい人」の意外な答え(鈴木 貴博) | マネー現代 | 講談社(3/3)
「圧力センサー、重力センサーとマイクが商品棚に設置されているよう」〉 Go」はなにが凄いのか…「詳しい人」の意外な答え〜無人やキャッシュレスが本質ではない〜
自動化されるテクノロジーが増える中
安易に「無人」という言葉を使うと誤解が生まれる。

多分「無人」と言った方がインパクトが高いのだろう。言葉に...
Amazonのひたむきな取り組みは凄い。日本にここまでやれる企業はあるのだろうか。

無人やキャッシュレスが本質ではない」
Go は進化しているんだね。スゲッ!

「Amazon Go」はなにが凄いのか…「詳しい人」の意外な答え
セルフレジの次はレジ無しコンビニか…/
“正確にはレジがない「レジレスコンビニ」と呼ぶのが正しい” →
以上

記事本文: 「Amazon Go」はなにが凄いのか…「詳しい人」の意外な答え(鈴木 貴博) | マネー現代 | 講談社(1/3)

関連記事