TOP > 政治・経済 > 「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る怪物の実像(森合 正範) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る怪物の実像(森合 正範) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

110コメント 登録日時:2019-01-19 10:29 | 現代ビジネスキャッシュ

世界3階級制覇王者の井上尚弥(大橋ジム)と元WBA世界スーパーフライ級王者の河野公平(ワタナベジム)は対極のボクシング人生を歩んできた。...

ツイッターのコメント(110)

「今までたくさんの世界王者とやってきたけど、スピードは一番。パンチも一番。パワー、ディフェンス、フットワーク、リズムもいい。全部がバーンと抜けている」
良い記事を読んで試合が益々楽しみだ😇
@gendai_biz このシリーズすき
敗者もきちんとリスペクトしてる
このシリーズ良いなあ。敗者にも敗者のドラマがある。多少誇張して書いているところもあるかも知れないが、それでも胸アツ。

闘った相手を完全燃焼させ、試合後には味方に付けてしまう。やはりモンスターは圧倒的だ。
河野視点にどうしてもなってしまうが井上のベストバウトだと個人的に思う一戦
5ラウンドに見える希望と6ラウンドの絶望がほんと物語だったなぁ

| 講談社(1/4)
凄くイイ記事だった。
河野夫妻の生き様に感動し涙が出た。
今どきこんな熱い話があるのね。→『井上君とやるぞと思ったら、もう一度気持ちが盛り上がってきたんです。みんなが逃げている、そんな強い相手、最強の男と世界戦ができる。これほど熱くなれることはない。僕だってその前まで世界王者。よし、行くぞと』
いい記事だなあ、感動した( ˇωˇ )
井上尚弥に関しては、この連載シリーズが好き。

敗れた側から勝者を描写することで、井上尚弥の凄まじさが伝わってくる
この記事の後に井上の試合を見返すと、パンチくらったボクサーは死を感じるくらい痛いんだろうなあと思う。
河野選手もかっこよかったです。
なんだろ、感動したわ。
少し前の記事なんだけど敗者に光を当てる記事って言い方は安直かもしれないけどいい仕事するライターさんにも敬意。
いい記事だなあ。
井上尚弥は姿かたちこそ人に似ているが地球外生命体だと思っている。対戦した元チャンプ河野公平がわかりやすい解説「井上はジャブが並の選手のストレートと同等。ストレートは3倍の威力」>>「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る
なんて清々しい
河野さんのような泥臭く、アマ経験のない雑草ボクサーがチャンピオンになるって、凄い。そして、最強のモンスターと勇敢に拳を交え、リングに沈んでいく。。。カッコイイっす。
ことし1月に書いた原稿です。#井上尚弥 の強さを分かってほしい、それと同じくらい 夫妻の物語も知ってほしいーーそんな思いを込めて書きました。最後のページの写真、河野さんも夫人もすごくいい笑顔です。
まじでカッコイイから興味湧いたら読んでみて欲しい。
井上尚弥の名を聞いたとたん、ボクシングに詳しくない妻が「井上君だけはやめて!」と夫を止めたという。怪物に挑んだ夫婦の物語、はじめの一歩の1エピソードみたいで読みごたえある。>
井上選手について、亀田興毅戦でも話題になった河野選手へのインタビュー記事
改めて井上尚弥のすごさがわかる。

次は5月18日に英国グラスゴーにて、19戦全勝12KOのIBF世界王者エマヌエル・ロドリゲスとの統一戦です!
井上選手の過去試合も見てください!絶対ハマるので!
井上に挑むって本当に簡単なことじゃないから・・・つまり泣ける😭
ちょっと前の記事だけど、生々しくてすごく内容が良い/
〈ボクサーは誰もが最初は井上のようなスタイルを目指す。ところが、短所に気づき、長所で補う。もしくは長所をさらに伸ばして武器とする。そうやって独自のスタイルを築いていく。しかし、河野いわく、井上は全てが長所だという〉
: エリートと叩き上げ…
河野夫婦の心の葛藤と通い合いに涙が出てきました。
「果敢に立ち向かう、その姿に感動しました」
森合正範さんが第2弾を披露してくれました。

ひとりでも多くの人に読んでほしい。

河野公平のたくましさを
井上尚弥の凄さを

そして、
森合正範のどこまでも優しい眼差しを。
なんども思う。河野さんのかっこ良さが伝わるこの記事、嬉しい( இ﹏இ )永久保存
この連載、面白すぎますよ⇒
②【河野公平】

妻から夫へのメールに胸が熱くなりました
そして…“二人は顔を見合わせ、そっと笑った。”
素晴らしい記事なので興味あるかたは是非読んでみてください
いい話だ…敗れたもの全てにも物語がある。そして井上尚弥の凄さが分かる。 /
このシリーズ最高。いい記事です。
最後のページの河野さんの発言に完全に同意。もう彼に日本でしょうもない試合をさせないでほしい。
とても素敵な記事。
このシリーズ、まるでヒグマとの遭遇記といった趣があるが、破れた側のドラマがしっかりと語られていて実に熱くて泣ける。それにしても井上選手のパンチの恐ろしさたるや.
めっちゃいい記事をありがとう٩( ᐛ )و
文書上手やし、胸が熱くなる話やし
後で読みたいヤツ
このシリーズ、読ませる。
感動した(T-T)
河野の人柄が滲み出る良いインタビュー
朝から泣いた>「もし、お金のことを考えて、井上君とやるならやめて」

「お金じゃない。世界戦はやりたくてもなかなかできない。この話を断ったら、もう一生できない。強い男と闘わなければボクシングをやる意味がない。」

敗れた元世界王者が語る怪物の実像
この連載面白いなぁ
良い記事だった。
素人はテレビに映る映像と結果しか知り得ないが、実際に拳を交えた、しかも世界王者にまで上り詰めた相手への赤裸々なインタビューは、井上尚弥選手の凄さを有り有りと教えてくれる。
またインタビュアーが河野元王者の嫁さんも同席させた意図も良かった。
河野選手もいい選手でしたよね!
ザ・大和魂!
頂いたサインは家宝です。 /
キングオブキング。世界チャンプをして、すべてが理想形と言われるボクシングって鳥肌。敗れてなお清々しく誇らしいって凄い。素人目に見ても、美しいのがわかるボクサー。
読み終えたらじんわり涙が出てきた(ノω;`)
怪物に敗れた男たち②
やばい、泣けてしまう。
ボクシング漫画で少年ジャンプ連載してからずっと熱心なボクシングファンだったけど…死ぬ迄に井上尚弥というボクサーが現れてくれて見る事ができて本当によかった!
良い記事だった…
泣けた。。
これだけで映画になりそうないい話。ボクシングよく知らない奥さんが「井上君だけはやめて」て懇願するて、それだけで井上尚弥の凄さが伝わる。 / “ | 現代ビ…”
河野との試合はいい試合だった。舞台裏を見ると熱くなる。/
「お金じゃない。世界戦はやりたくてもなかなかできない。この話を断ったら、もう一生できない。強い男と闘わなければボクシングをやる意味がない。こんなにワクワクする試合はないんだ」
これはとても面白い記事。家族の物語でもあって、ちょっと涙が出た。 / “ | 講談社(1/4)”
この記事は本当に良い記事で感動しました。
ナイスインタビュー
すごくいい記事だった。本にして欲しいくらい。
こりゃいい話
河野公平が井上尚弥との試合を語る

いやぁ、なんか目頭が熱くなるな
なんだこれめっちゃいい記事だな
井上尚弥の対戦相手は1Rや2R辺りでKOされることも多い中で6Rまで戦った河野は本当にタフだよね
いい記事やった!!井上尚弥ってすごい。
河野公平は、泥臭くてしぶといボクサーでしたね。けっこう好きでした。

井上が本調子ではなかったとはいえ、河野も持ち味を出しました。面白い試合でしたよ。...
河野は、チャンピオンになって旬な時にうまいことマッチメイクできなかった印象。
ツォー・アンカハス・井上尚弥からオファーがあって、奥さんから井上だけはやめてくれと言われても「強い男と戦わなければボクシングをやる意味がない」と井上を選んだのが格好良すぎて泣ける😂
決して華やかなボクシングをではなかったけど格好良かった!お疲れ様でした。
河野公平選手のインタビュー記事。とても良い内容だった。
このシリーズはマジで面白い!
井上尚弥選手を深掘りしている
なんて男臭い、いい話。
この連載は1回目も良かったが今回も素晴らしい。特に妻の同席に拘ったのが読んでみてよく理解出来た。こんな人生掛けた話に触れられるからボクシングは好きだ。
「『努力する天才』に、『努力を極めた凡人』が挑んだ」という感じなんだろうか(2度のタイトル奪取ボクサーに失礼極まりない物言いだけど)。
他のどの試合より、井上戦が一番感情移入しました。
河野選手も強かったよ。あの試合は凄かったね。
良い記事だな。
一人、目頭が熱くなってしまった。
何となく読み始めたんですが、気がついたら泣いてました。
泣いた。河野さんほんとかっこいい。
素晴らしい記事だなー!森合さん、ありがとう!
元世界王者河野公平
「井上君はなんて言うのか、頭が割れそうな、破壊されそうな衝撃」

やっぱり尚弥くんは普通じゃない。
久しぶりにいい記事読んだ
河野さん、強かったよ!
>
井上尚弥の凄さと河野公平の想いがよく分かる素晴らしい記事
久しぶりにネット記事で感動した。
私もお世話になっている東京新聞・森合正範記者の力作。

対戦相手(今回は河野公平)から見た井上尚弥の強さ…。

あと、森合さんの原稿は、取材の舞台裏で筆者も登場するのが特徴😊
お金払ってもいいくらい良い記事です。
河野元王者が言うとことがまた良いね。
泣ける・・
こういう話好きだなー
だから茶化した亀田は罪深いよ。
素晴らしい記事。ボクシングの愉悦と怖さ、戦う男の本能と気概、畏怖、快楽が全て詰まっている。
シリーズ第2回は当時WBA王座陥落直後だった彼とWBO王者井上尚弥という日本頂上対決となった河野公平。前回同様非常に読み応えのある記事です。:
読んでてシビれるねーー!とてもいい話。
この人のボクサー人生こそ夢がある

怪物に敗れた男たち②
超良記事。素晴らしい。河野は真に漢であったなあ。
めちゃくちゃ良い記事。
なみだ。良い記事書く人がいるもんだなぁ。
いい記事だ
めちゃくちゃ良い記事だった
今回の内容も素晴らしい…
魔王退治の物語を見てるような気分。
公平ちゃんは本当に凄いと思う。
是非読んでみてください‼️
命を賭けるスポーツの裏側には、必ずドラマがある。
特に河野の試合は好き。2回目の戴冠とかめちゃくちゃ良い。失礼だけど、KOじゃないと勝てない感が魅力的。
負けるにしても、判定よりKOがいい。
映画化したらいい。
以上

記事本文: 「井上尚弥はすべてが理想形」敗れた元世界王者が語る怪物の実像(森合 正範) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

いま話題の記事