滞日15年の在日中国人が焦燥する「母国の猛烈成長と日本の衰退」(中島 恵) | 現代新書 | 講談社(1/3)

49コメント 登録日時:2019-01-11 12:31 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

滞日15年以上のある在日中国人は、悩みを抱えている。母国の成長があまりに激しく、このままでは「ついていけなくなるのではないか」という焦りだ。...

Twitterのコメント(49)

中国門外漢のわたしでも陳さんの焦燥はよくわかる…が、中国に水を開けられる日本に警鐘を鳴らす記事の多くが、中国の政治的不自由について言及しないのは公平性に欠けるのでは…
"中国が猛スピードで経済成長を遂げるのに伴って、人々のマナーが向上したりサービスの質が変化したりするのを目の当たりにするようになり、心中は複雑になっていく。"
「このまま、日本でのんびりと育ってしまっていいのか」こういう危機意識を日本人も持った方がよいのでは。「日本すごい」みたいなTV番組見るのは老人ぐらいでいい。
中国クラスタの人間からも似たような話を聞くが、
・日本を超えた、と感じる面すらある
「1年に2回は中国に帰省しているのですが、帰る度に余りにも中国の変化が激しすぎて、もうついていけない…
・日本のサービスの質が落ちているような…
これはたまに対タイ嫁のことを考えて思うところがある。タイの場合日本より先が見えないし、本人もあまり気にしてなさそうだからいいけど→
“でも、最近、中国に帰るたびに、中国の接客やサービスの質がとても向上していて驚かされるのです。” / 滞日15年の在日中国人が焦燥する「母国の猛烈成長と日本の衰退」(中島 恵) | 現代新書 | 講談社(1/3)
すいませんね、「努力」と口でいうだけで何もしない怠け者ばっかりで…
経済が世の中を変えて行く。良くも悪くも…>>
まさにこの間に日本は外国資本に食い尽くされ技術のみが流出した。国土と人も食い尽くされないように、政治が無策なら個人と企業が動かないと。参議院選での政策論争に期待するが多分だめだろう。
結局この人は文化とは何かを理解できない、ただの中国人だったという話。「
たった15年で、先進国だった日本いることが「置いていかれるのではないか」と焦りすら感じるようになった在日中国人の思い。
中国は、経済的にも益々大きくなります、後悔しているなら早く帰った方がいいです。
「日本と中国の話」というよりも、世界共通の移民の話だなあと感じた。子どもとの意識のギャップとか。母国と移住先によっていろんなパターンがあるとは思うけど。夫も「自分は母国から離れてる期間がもう長すぎてわからん…」っていうもんな。
日本人がアジアで一番貧乏ニナル日とうたつするまでが「加速(by 偉大なる総理)」してるな、コレ? / “滞日15年の在日中国人が焦燥する「母国の猛烈成長と日本の衰退」(中島 恵) | 現代新書 | 講談社(1/3)”
もう中国と日本は立場が逆転してる。知らないのは高度経済成長シンドロームじじい政治家と日本大好きアホドメウヨだけ。
同じ経験を先に且つもっと色濃く体験しているであろう台湾や香港は予測可能性の高さ、法治、人権や民主主義を掲げている。日本が中国に勝るところも同じはずなんだけど、最近は心許ない...
毎日、知恵を絞って、複雑なければ人間関係中で稼ごうとするより、安心な食事、美味しい空気を吸い、人並みの収入があり、比べたりせずのんびり生きていく方が好きだわ。
この在日中国人の方とちょうど逆のことを毎年日本に一時帰国するたびに感じている。私は在外17年目なので変化を見てきた期間もほぼ同じ。→ 「中国が猛スピードで経済成長を遂げるのに伴って、人々のマナーが向上したりサービスの質が変化したりするのを目の当たりにする」
全てを緊縮財政のせいにするつもりはないが、財務省による緊縮財政路線と増税路線が、日本をここまで衰退させて、社会に閉塞感を与えてしまったのだ。
世の中は平準化するように見えてそうでもない
一部の人間に富が吸い取られていく仕組みは変わらんけどwww
読み入ってしまった。「ここがダメだよ日本人」て番組始まらないかな。
中国は日本よりも少子高齢化が深刻なので、何れ権威は失墜すると言われている。長い目で見れば日本に住んだ方が得だろうな。→
だったらどうか中国に戻ってください。〉
かつてジャパン・アズ・ナンバーワンとかパックス・ジャポニカとか日本式経営とかが散々もてはやされていたが、今アメリカ全土が日本の土地にはなっていない。あのから騒ぎの反省を少しはした方がいいのではないか / “滞日15年の在日中国人…”
リアルだなぁこれ。もはや日本は中国には遥か及ばない。成長を遂げた大国は次第に中身も磨かれているし、そもそも中国の文化的奥深さは途轍もないものがあるよ。日本は東アジア宗主国意識という時代錯誤から脱皮して、いかにこれから友好を深めてゆくかに直ちにシフトすべし
安倍の嘘と粉飾と売国政策のせいで日本はもう中国の成長スピードについて行けないだろう。危機感募る記事。
だったら遠慮するな
さっさと帰れよ‼️
環境が変われば人変わるんだね。きっと悪いことではないし、日本人が中国に行きやすくなるのかもしれない。けど素直に喜べないなーもっと外国の人が暮らしやすくなるにはどうしたら良いんだろうね?
これが、20年間もデフレを放置した国とその国を反面教師に正しい経済政策を続けてきた国の違いです。今日の日本の低迷は、度重なる愚策によって齎された人災です。
これが現実ですよ皆さん
もうあんま日本が中国に勝ってるなんて思ってないよ。そんな陳腐な考えないでしょ。
ただ、領土はじめいろんなものを略奪しにくるなってだけ。
衰退してきたと思うなら、急成長してる国に帰ればいいのに。

何が言いたいか知らんが、意味がわからん記事やなぁ。。
これは複雑な心境でしょうね…
日本人の私も身につまされるものがある。
「建物の外見などがきれいになっただけでなく、中国人の内面や意識が大きく変わってきたのだと実感し、自分の中国に対する認識を改めなければいけないと感じるようになりました」
現実は、この通りだろう。遅かれ早かれ、日本を含むアジアは中国に飲み込まれることになるだろう。武力行使でなくお金の力でね。

若い人たちは、その時を見据えて人生を考えた方がいいと思うよ。

生々しい。年数回中国に規制する40代の日本在住の方の話。

> 自分は気を利かせたつもりで店員に1本タバコを勧めたら「ここはタバコ禁止ですよ」とあきれた顔でいわれてしまい...
中国だけでなく、東南アジアやアフリカの人々も猛然と進歩している。日本が絶好調で世界を見下ろしていた頃のイメージを引きずっている場合じゃない。もはや彼らは見下す存在じゃないし、日本人も見上げてもらう存在じゃない。
海底撈火鍋(中国の火鍋レストランチェーン)とか行くと、「日本=おもてなしの国」っていうのは早晩、無効になるんだろうな〜と感じる。下へも置かないとはまさにああいうこと、、
滞日15年の在日中国人が焦燥する「母国の猛烈成長と日本の衰退」🔴日本の飲食店や販売店のサービスの低下は、外国人労働者が増えていることだと思いますが、ドラッグストアで化粧品を買おうとすると解らないと有りません。で終わりにする、レジしか出来ない
中国が猛スピードで経済成長を遂げるのに伴って、人々のマナーが向上したりサービスの質が変化したりするのを見て日本在住の中国人の優越感は徐々に減退。中島恵さんのコラム。  中国の急激な変化についていけない焦りや葛藤。
90年に放送したドラマは、ロンドン大学の日本語学科が舞台。取材時、学生たちに、「なぜ日本語を勉強するの?」と訊いたら、「イギリスの会社と違って日本企業は給料がいい上にぜったい潰れないしリストラもないから」と、ほぼ全員が。人の運命は場所と時間に左右される。
いずれ中国も衰退するよ
結局労働人口の数で決まるんだから
むしろ少子高齢化が進んだとき、日本より中国の方が大変なことになると思うよ
高齢者と子ども、男女比も崩れてる
一人っ子政策の弊害やな
ジャーナリストの中島恵さんに書いていただきました。いい暮らしを求めて15年ほど前に来日した陳さん、一時は自身の境遇に満足していましたが、最近の中国の猛烈な成長と日本の相対的衰退を目の当たりにし、焦燥感を抱いているそうです。足元から見た日中のリアル。
以上

記事本文: 滞日15年の在日中国人が焦燥する「母国の猛烈成長と日本の衰退」(中島 恵) | 現代新書 | 講談社(1/3)

関連記事