TOP > 政治・経済 > あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

40コメント 2019-01-05 06:53  現代ビジネス

まだメジャーに行く前、大谷が読んでいた一冊の文庫本がある。タイトルは『運命を拓く』。二刀流をひっさげて海を渡る若者にふさわしい響きだが、いったい、どんな人物が、何を書いた本だったのか。

ツイッターのコメント(40)

そんな現実逃避したい中、京セラ稲盛さんが崇拝した中村天風さんの本を読んだら、少し元気出た。
いいね、|あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か(週刊現代) | | 講談社(1/3)
“「一般に、宗教や自己啓発の世界では禁欲し、我慢することこそが成長につながると語られがちですが、天風さんは『欲を捨てたいというのが欲じゃないか』と断言しています。人間としての進化や向上につながる楽しい欲を燃やして前向きに生きろ、と説いているのです」”
わかった、あたし欲がなくなってきてるからやわ。やりたいの見失ってんの。
ちょっと嬉しかったんで
これもシェア^_^

ちなみに屋号の【天風】は
尊敬する 中村天風先生から
つけさせていただきました。

感謝さくちゃん^_^

@gendai_biz
天風先生は通っている病院の先生(ちなみに経営者)から勧められたなあ。
さすが読書家の大谷選手、中村天風の書籍も読んでいたとは
ちょっと興味ありますね😌
今日一日、怒らず恐れず悲しまず、正直親切愉快に。
>
この天風とかいう人の本、昔いた会社の支店長に押しつけられて読んだことあるんだけど…、まぁつまんねー本なんだ、マジで。読んでも馬鹿馬鹿しいし、不快になるだけなのでお勧めしませんわホンマ。
★「どんな局面でも物事を前向きに捉え、着実に歩みを進める」為には、どうすれば良いか。

まあ、あまりご大層なことではなくて、でも実践的な技術が必要だね。

「あなたのまっすぐを知ること」から始めようよ。
佐々木監督の教えだね‼️
素晴らしい‼️ /
医師となったばかりの28歳の頃、苦しみ悩んだときに助けてくれた「中村天風」の教え。
本当に大谷翔平選手が心酔しているかはわかりませんがお薦めです。 /
テンバイヤーも、中村天風好き多いよねー(^ω^)
早速「運命を拓く」(中村天風著)を読んで見よう!
あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か(週刊現代) | | 講談社(1/3)
昨年インタビューを受けて「週刊現代」に掲載された記事が本日webにアップされ、現在ランキング1位!「あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か」
融通無碍の境地だな!生きるを知りたければ天風を読め!! /
少なくとも、気持ちぐらいはポジティブでいたい。

> 天風先生の教えには、難しい部分もあるけれど、その肝は簡単に言えば『考え方ひとつで、人間はどうにでも変わる』ということに尽きます。
禅とか潜在意識とか愛とかは、全てに通じる原理原則を学べますね。
あとはそれをどうアウトプットするかだけですが、これが本当に大切なんだと感じます。 /
今度読んでみよ、中村天風さんの本。おもしろそう。「『禁欲』という欲」だって
〈40や50はもちろん、70、80になっても情熱を燃やさなきゃ。明日死を迎えるとしても、今日から幸福になって遅くないのです〉
〈死んでないかぎりは生きてんだ。そうしたら、生きていることを楽しもう〉
考え方ひとつで人間はどうにでも変わる。なるほど!ピンチや難しい局面をしんどい、しんどいと考えるか、この場面を乗り越えたらさらに成長できるからラッキーと考えるか。後者であるためには、その物事への向き合う力とタフな精神、体力が必要!
運命というものには二種類ある。

どうにも仕様のない運命を天命といい、人間の力で打ち開くことの出来るものを宿命という。 /
あ、後で読んでみる /
/よし、読もう、天風学
欲を燃やすという哲学はおもしろい。 /
一度気分が完全に滅入ったときに父から勧められた中村天風。当時は心が病んでたのでまったく心に響かず、文体もどう気に入らず一冊読めませんでした。今なら読めるだろうけど、読む必要がなくなったな...
天風本はいっとき読み漁ったなぁ
年末にかなりブックオフに行ったけどw
まあそれでこれなのでアレだやね
松岡修造の哲学の元になってるって聞いて昔自分も読んだことあるなぁ /
へえー、大谷翔平さんがー、中村天風とは!!!。
大谷翔平さんが中村天風を愛読。まじか。これはやはり話が合いそう。
ヨガをしている人はみんな好き。
大谷翔平さんが読んでいたとは知りませんでしたね。
私も10年前に出会ってからデスクの隅に常に置いてあって、たまに読んでいます。座右の書ですね。
論語と算盤や武士道などもよ...
新しい計画の成就はただ不屈不撓(ふとう)の一心にあり。さらばひたむきにただ想え、気高く、強く、一筋に。

↑↑↑

JALを再生させた稲盛和夫さんで有名になった言葉。これが好き。
いつの時代も熱量が変革の鍵。
「考えかた一つで人間はどうにでもかわる」

元楽天の野村監督も「心が変われば態度が変わる〜」の話とかカーネギーの「人を動かす」とかとかまあ似たような話で。でも考え方を変えるのって...
大谷も天風さんに学んでたのか…/
まだメジャーに行く前、大谷が読んでいた一冊の文庫本がある。タイトルは『運命を拓く』。二刀流をひっさげて海を渡る若者にふさわしい響きだが、いったい、どんな人物が、何を書いた本だったのか。
松岡修造も中村天風に影響受けてるよね。

| 講談社:
あの大谷翔平も心酔する、中村天風とは何者か
「逆境にも悲観せず、むしろ自分を成長させる試練と捉える。
気持ちを常にはつらつと保つことが良い人生を送る秘訣。
欲を捨てろなんて、そんな消極的にならず、人生はもっと積極的に、大いに欲...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR