TOP > 政治・経済 > DV被害者なのに、強制入院で「身体拘束」された主婦が味わった恐怖(佐藤 光展) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

DV被害者なのに、強制入院で「身体拘束」された主婦が味わった恐怖(佐藤 光展) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

36コメント 登録日時:2018-12-04 12:58 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

夫からの激しいDVで痛みと恐怖に震える妻が、110番通報を繰り返して助けを求めたーー。ところが措置入院の現場では、必死に助けを求めた妻に、警察、保健所、精神科医(精神保健指定医)が十分な調査をせぬまま、思い込みで「精神錯乱者」などのレッテルを張り、不当な措置入院や身体拘束などの著しい人権侵害を行うことがある。埼玉県で発生した極めて深刻なケースを見ていこう。...

Twitterのコメント(36)

今の日本の真実やな。本当の悪は正当化される。氷山の一角だけどね。 @gendai_biz
負の連鎖を断ち切る為の情報収集
あたしもこーされるのか
@NviolaY DV被害者のはずなのに措置入院させられる事例も。
表面化するのは氷山の一角、
警察の意向も大きく関わっているのです。
「公費負担」でほとんどの患者が無料という経済的入院の問題も。
先日もこれには触れたが、こちらは医療というより元旦那と警察が悪い。更に社会的偏見と、公民シェルターのなさ、社会的地位を失いたくない旦那の嘘とストックホルム症候群の妻の密室の暴力。
何かを判断し裁いたりする事に無責任に事をするとこうなるんだな…って
こういうストーリーが映画の中でも時々取り上げられますが(例えば『ターミネーター』のサラ・コナーの精神病院入院)現実にあるので、本当に怖いことです→
どう言う事なんだろうじっくりよもう
これは酷い。配偶者絵選びは、慎重に。そういう意味では、お見合いもおすすめだ。
@o0tjnangcQumMYW


手帳もらうのはちょっとまったほうが!
精神病は医師によって診断が最も分かれやすい分野
加害者夫の狡猾さ(警察到着の際の“機転”にゾッとする)。警察の無能。保健所と病院の流れ作業。こんなにもたやすく措置入院に至ってしまうことに驚く。
@momocat1010 良い夜をを過ごして下さい。/
いちばん悪いのは夫
そして次に
形式主義的なお役所体質の警官
警察官はモラハラ体質の人が割合として多く
そういう警察官が
暴力を振るった夫と共鳴してしまったと考えられる
⇒⇒
3年前のこの事件がなぜいま語られるのか。それにしても酷すぎる話だ。 したケリーさんを措置入院させた神奈川県だけじゃなかった。埼玉県知事も全く判断力がない。
本当にひどい!
ちゃんと話しを聞けば良いだけではないか!?
病人でもない人を、身体拘束までする。なぜ、当事者の女性ではなく、男性の話しが優先されるのか。
日本は狂い始めている。
多くの人に読んでほしい。精神医療の実態、「人権テロ」の現実を。

私がこうなる確率100%だわ…
こうやってミクロでは正しい選択したと誤謬して、マクロでは合成の誤謬で余計な公費と多大な被害を負わせ続ける事になった。関係者に鉄槌を。手帳持ちじゃない人すらこういう可能性は誰にでもある。 DV被害者なのに、強制入院で「身体拘束」された主婦が味わ
川島さんのようになる可能性もあるからうかつに通報もできないわけです。
どう頑張って読んでも諸悪の根源は旦那じゃないの?
知人の話も似たような話だったから、この記事読んでてホントに患者に向き合ってる医師は少ないんだなと殊更思った。
日本だけではないかも知れないが、無力の人に暴力的な拘束、重犯罪者にはやたら親切な人権が適用される。狂っているのは人ではなく法律ではないのか。
被害者が主張すると理不尽な目にあう。。。
この元凶は旦那でしょうよ。

なにもDVだけではない。世の中自分の保身の為に平気で話をすり替えて嘘を言って相手を追い詰める人って男も女もいるよ(ーー)
入院させるべき危険人物は放置されているというのに・・・。楽に仕事しようとするとこうなるのではと思う。
DVは録音及び撮影などして証拠 周囲への相談を 離婚を想定してるなら尚更 見た目の怪我等より心の負債
ゾッとする……思い込み、正当化、責任の押し付け合い
まぁ警察も民間と同じで優秀な人材は少ないから…
うちに間違えてガサ入れにきた刑事はまじでクソやったわ
良い感じの人も多いんやけどね~…
これは夫が悪い。女性の問題に取り組む機関に手助けしてくださる方がいるかも。
夫は弁護士なのかな
こんな波乱があっても離婚や子どもの連れ去りに触れてないのでその後が不明。
周りの人がこれだけおかしいと言ってると、本人の言葉もこの記事もなんか信憑性にかけるわ。

ルポ ブラック精神医療(2)
以上

記事本文: DV被害者なのに、強制入院で「身体拘束」された主婦が味わった恐怖(佐藤 光展) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事