TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 名古屋のシャッタ...

名古屋のシャッター街を大人気の町に甦らせた「よそ者」の手腕(山口 あゆみ) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

41コメント 登録日時:2018-11-22 06:28 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

「信じられないほど甦り、今熱くなっているシャッター商店街があるらしい」――そういう話を聞いてライターの山口あゆみさんが尋ねたのは、名古屋でかつては「三大商店街」と言われた円頓寺商店街。シャッター商店街は全国で共通の問題となっているが、その復活劇の背景は、昔からある財産をいかに生かし成功させられるかのヒントに満ち溢れていた。『名古屋円頓寺商店街の奇跡』という一冊にま...

Twitterのコメント(41)

再生できる能力のある人間がいればかなり変わる(^^)
この「よそ者」の円頓寺商店街への愛がすごい。
10年以上前、この商店街を歩いたが、寂れている印象しかなかった。数年前にも行ったが、少し変化している?と感じた程度。今をこの目で見てみたい。
「昭和40年代に名古屋の「三大商店街」のひとつとして誕生した円頓寺商店街。」そんなわたしは名古屋三大商店街のうち「よそ者」を受け入れず消滅した商店街うまれ。円頓寺の大復活はホント羨ましいし、嬉しい。
中高の同級生だった
山口あゆみさんの著作です。
おもしろい!
たしかに円頓寺商店街はここ1,2年でじわじわと変わってきてる。名古屋は、よそ者に厳しいって言われてるから、応援!!!😂😳
「変化はゆっくりと」

身に染みるねぇ。

名古屋のシャッター街を大人気の町に甦らせた「よそ者」の手腕(山口 あゆみ) | | 講談社(3/3)
地方の商店街に実家があると考えさせられる記事です。
『…少なくとも名古屋のメンタリティには合わなかった。』という模索の大切さ。名古屋だけでなく、どんな街にも当てはめられるんじゃないかな。//
いつだって
イノベーションを起こせるのは、

"よそ者" "ばか者" "若者"

「"ダメな部分"も含めて愛しな」
ってすっげー素敵な言葉やな。
円頓寺は確かに独特の雰囲気があります.

そいえば、パリ祭行ってみようと思ってたのに忘れてた。。。
同じような感じで神宮前のシャッター街を復活させたい。。。

名古屋のシャッター街を大人気の町に甦らせた「よそ者」の手腕(山口 あゆみ) | | 講談社(1/3)
僕の高校時代によく行ったシャッター商店街復活の話。結果は想いの総量、だなあ。外から提言をするのではなくよそ者が当事者として高い熱量で想いを実現したストーリー。地元に帰るとき寄ってみよう。
やはり人だなと思わせる。 /
そうだよね。ないものをあるようにして賑わせても持続しない。あるものをどう磨くかだよな。
すごくいい記事。「仕事を創る」とはこういうこと。(*´∀`*)

「老舗になりうるポイントがあるかどうか」

という点が本当に素晴らしい。わしも基本姿勢は同じ。
単なるよそ者ではなくて、街に少しずつ入り込み、空き家の大家の気持ちもくみ取る。時間はかかったけど丁寧に商店街を再開発されたからこういう結果になった。どんな再開発にも言えるのでは。/
名古屋のシャッター街を大人気の町に甦らせた「よそ者」の手腕。ラジオにも出てはったな。こういう考えで、街を復活させると言う方法も有ると言う事でな。
リアル店舗の苦戦含めてやり方次第なんだよね。価値があればどんな時代であれ、年代であれ足を運ぶし、栄えるんだよ。苦戦しているのを時代のせい、ネットのせいにしている時点で思考停止...
私がたまに通る「円頓寺商店街」にかかわる良い話。
この商店街の中にある洋食屋の平たいエビフライが大好きでした。残業食食べに会社から15分歩いて行ったなあ。あのシャッター街が賑わってるとはにわかに信じがたいです。
この排他的な街で入り込むのはかなりの困難、大復活は素晴らしい。
受け入れた商店街側の老害なき気概にも敬意をはらうべき。
"・街の常連になることから始める
・街の魅力の原点を忘れない
"
市原さんの円頓寺商店街再生物語は何度読んでも震えます。この数年ローカルの仕事に関わってはじめて感じるこ...
ぜんぜんよそ者じゃないやり方だよね。いい話(^^ )
今年、久々に行ったけどだいぶ変わってた。
高校生の時は学生団体のイベントで月1で行っていたが、確かに寂れていたイメージはある。
市原正人がシャッター商店街を甦らせた街との関わり方

・人との繋がりから街との繋がりへ
・街の常連になることから始める
・街の魅力の原点を忘れない
・変化はゆっくりと

面白い記事ですね。
一度見学に行かないと。
>「ここに来ないと出会えない物や味、空間、人などを備えた店」であること

>ただ空いている店舗が埋まればよいのではなく、そこに新しい店ができることが確実に円頓寺の求心力に寄与すること
たまたま出会って、すげーおしゃれな商店街やな、って思ってた。そんな仕組みがあったとは。
よそ者、若者、バカ者ですよ。街を変化させるには
このすぐ近くに住んでたんだけど、昔寂れてたんだね。今は常に観光客や人通りがあって。お祭りは人が通れないくらいパンパンになってるよね。好きな場所だったから、嬉しい(*゚▽゚*)
長いから、後で読む(-_-;)。
いま最も名古屋で楽しめるのここだよ!

円頓寺商店街だ!
円頓寺商店街♪
帰郷するたびに行こうと思っててなかなか行けず😭来年は行くぞ💨💨
行きたくなる!今の商店街の案内や雰囲気を載せてくれたら尚良かった。
ヴィオラ&フィドルの小松君がライブでベートーベン弾いてたとこだ!
円頓寺商店街がシャッター街だったイメージ全くない。大須商店街の横で地理的によかったんじゃ…
/
人出は何十倍、賃料も倍増
ここは各メディアで紹介されている街で、訪問したい‼️ / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
SKE48が4年前ゲリラライブしたあの商店街って、以前はこんなに疲弊していたのか…
円頓寺。 | 講談社
MoodmanやOMSBが出演するイベント会場がこの商店街で非常に気になってたけど、背景はこういうことなのか。
以上

記事本文: 名古屋のシャッター街を大人気の町に甦らせた「よそ者」の手腕(山口 あゆみ) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事