TOP > 政治・経済 > 安倍首相「日露交渉」に同行したキーマンの名前(歳川 隆雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

安倍首相「日露交渉」に同行したキーマンの名前(歳川 隆雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

新聞各紙は朝刊に「社説」を掲載している。新聞各社の社論と言っていい。そして各紙は、その社論に従うかどうかは別にして、日々様々なテーマを独自に取材・報道する。テーマが外交案件でも同じである。...

ツイッターのコメント(21)

同交渉を巡り、最も核心に迫った記事はこれだと思うのと。文中にあるように秋葉氏の同行は一種の「証文」で、これは官邸が平和条約の期限を安倍総理の任期内である「3年以内」と期限を切ったこととも符合する。
2島先行返還❷

根拠⑵
11月14日の日露首脳会談に通常の外務審議官ではなく、
条約畑の秋葉剛男外務事務次官を同行させたこと

会談後、別室に、
・ロシア側…ラブロフ外相とウシャコフ大統領補佐官
・日本側…秋葉次官と谷内NSC局長
が呼び込まれた
そろそろムネムネに活躍して頂きたい。
もう一つ…鈴木宗男新党大地代表が11月8日に…安倍首相と会談した際…北方4島元島民の多くの賛同を集めたという要望…
北方4島への自由往来
返還される島は1つでも2つでも良い
国後島周辺漁場の操業保証…が担保
・・・なるほど興味深い。
読みがまだ足らないがどうぞ。
色々動き出しそうなんですかね?^ ^ / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
要するに、安倍には、確固たる信念が無い、ということだ。中国に「死を覚悟で行った」角栄と違い。≪ -
ホントに進展があるかもしれないな。/
これが事実なら、素晴らしい❗❗

もう北方領土を残していては、新たにつくっては、いけない❗❗日本はロシア人の方々が住んでることまで否定しない❗領土になることは辛いと思うが、我々もそれ以上求めない❗❗
安倍首相「日露交渉」に同行したキーマンの名前。すでに舵は切られている。産経新聞のみが「日露平和条約3年内締結へ」「来年6月の合意目指す」と具体的な情報を盛り込んだ見出しを掲げた。
今後の動きに注目→
【すでに舵は切られている】安倍首相「日露交渉」に同行したキーマンの名前(歳川 隆雄)現代ビジネス 「判断すべき事実・首相は秋葉剛男外務事務次官を同行・同席・通常・外務審議官・が同行する。だが今回は、条約課長、国際法局長を歴任した条約畑の秋葉次官をあえて同行」
関係ないけど、23回で ナンボ 取られたんやろか?
鈴木宗男新党大地代表が11月8日に官邸で安倍首相と会談した際に伝えた・要望(1)北方4島への自由往来、(2)返還される島は1つでも2つでも良い、(3)国後島周辺漁場の操業保証――の3つが担保されるのであれば
政権と対立だけが目的のゴミ野党は4島一括以外にあり得ないなどと不可能を承知で寝言を言っているが、鈴木宗男氏が述べる元島民の実現可能な妥協点は大いに評価できる。そろそろ落とし所を探るチャンス。👏🏼🇯🇵🇷🇺
『まず、安倍首相は秋葉剛男外務事務次官を同行・同席させたことだ。通常、首相外遊には外務審議官(政務担当)が同行する。』なるほど。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR