TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 日本中に「暴走老...

日本中に「暴走老人」が溢れかえるかもしれない、ヤバすぎる現実(中村 淳彦) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

110コメント 登録日時:2018-09-28 06:40 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

先日、厚生労働省は「介護給付費等実態調査」で訪問介護の事業所数が2000年以降、初めて減少に転じたと発表。デイサービスの事業所数は2年連続の大幅な減少となった。...

Twitterのコメント(110)

そしてこれが半年前。うん。実感ある。
人間アレルギーはもう治らんかも知れないが、せめてこれ以上頑迷にならないように心と身体を鍛えて、優しいおっさんになりたい。>
根本的な所で、ブラック事業所は淘汰して行くと思う。人材不足で職員の教育や指導もできないから職員の質が悪いって言われても仕方ないと思うし、自分達でサービスの質を上げて行かないと地域での評判が広がり倒産も出ると思う。
"介護報酬が下がり続ける中で、どの事業所も合理的な介護を求められている。合理的に利益をあげたいまともな事業所は、トラブルしか持ち込まない問題ある高齢者を受け入れない。" 日本中に「暴走老人」が溢れかえるかもしれない、ヤバすぎる現実(中村 淳彦) |
本文は「小規模事業所」の実態について。
「要介護高齢者のケアプランを組むのはケアマネジャーだ。ケアマネジャーは、良質な高齢者は自社サービスに誘導し、手のかかる困難な高齢者を他の事業所にまわす。」

 中村 淳彦
言葉は荒いとこもあるけど、実際これ↓
国民の5人に1人が75歳以上になる「2025年問題」!!
私も渦中の人だが、読んでおいて損のない記事です。ご一読を!
若い人はマナーがないとかいうのにねぇ…
年取ってもこのことを忘れずに謙虚な姿勢と賢い人になりたい
間違っても老害にはなりたくないなぁ…
無駄に長生きだけ目指しすぎ
家族の意向とかわけのわからない理由で高額医療とか、無駄な延命とかやめて欲しい
ところでさっき呟いたこの介護業界に関する記事、なかなか味わいのある地獄で「ほんとうに地獄だな…」て感じがある(日本語…)
ワタミのような中間搾取業者に金を渡したところで介護は効率化も最適化もされなかった。本来行政以外誰も出来ないのは自明のものを民間に丸投げして「底辺介護」が生まれた。介護崩壊させたのはワタミ自民。
「特に長時間の預かりや泊りサービスを提供している小規模事業所には、その地域で利用を拒否された「問題を抱える高齢者」が集まっているのだ。」そして、その小規模事業所をつぶす政策をとっている、と。 / “日本中に「暴走老人」が溢れかえ…”
やりがい搾取、ぴったりな言葉だ。やりがいもやる気もなくて良かった
エンドジョイ早く導入しましょ。
過度な長生きは悪だ。
もう塩コーヒーを飲むしかない世の中になるんじゃ
暴走政治家も溢れてますな。
★概ねそうですな。⇒
認知症とわかっていても毎日喧嘩売られたら精神的に辛いよwシバくわけにもいかんしね。
もう少し待遇改善されなきゃ介護業界は本当に終わる。
もはやゾンビやな
社会的に必要性、重要性が高いのに、待遇の改善がみられない介護職。国が、一過性の需要とみなしているからか?ヒト相手の職は、総じて類似した状況下にある?保育、教育関係、等。
=====
実家の父は既に老害の域に達しておる。もはや感謝の気持ちは無い。
高齢者の人格や、配偶者のマナー、家族関係に問題のあるケースが圧倒的に多いのだ。

>テクノポートにくれば、こんな老害たくさんいます
丸腰で猛獣を手なづけろって言われるのと同じような人間を相手にしなきゃいけないケースは、実際ある。
それで噛まれても、知らん。しょーがない。ツバつけとけ。みたいな感じで。

笑っとかな気が保てない。
うちはまともな法人で施設だが
小規模は素人集団という偏見を
持った意識高い系の看護や介護職って結構いるんだよね。

そういう所に限って困難事例は
受け入れないという。
移民よこせと。
自民党による少子化無策30年。最初から低賃金労働の移民よこせと経団連は言っていた。
日本中に「暴走老人」が溢れかえるかもしれないヤバすぎる現実

> 子どもや配偶者に囲まれた温かい老後を送っているような高齢者は皆無であり、逆に「一日でも早く死んでほしい」という家族の言葉は何度聞いたかわからない。

これでもまだ家族がいるだけマシなんでしょうね
これかなり深刻な問題、介護の現場ってこんなに悲惨なのか。→
福祉とは誰のためにあるのか、そして誰が現場で働くのか
きれいごとでは済まない現実
奇麗事抜きで強制収容所でも作らないとダメだろ。
命題という語を誤用したり、粗さがしを荒さがしと書いたり、するとされるを正しく使い分けなかったり、と程度の低い執筆者だが内容は良い。大変に考えさせられる。
これ、マジで現実。
暴走老人は施設内にたくさんいるよ
ほんと、いつか他人の親をみてくれる人なんていなくなるよ。ほかの仕事した方がいいに決まってるもん。
見出しは過激でイタズラに恐怖を煽るから賛同出来ないけど、記事の中身は的を得ている!都市部よりも少し田舎位の地域は大変な事になるよ?
➡理知的人間性を維持できなくなったら、安楽死という自殺を認めてほしいな。
今の若い世代が老人になったら間違いなく今の老人よりタチが悪くなるだろなと思う
父が通っているデイサービスはとても良いところなのだけど、規定の変更で成果を求められる規定になって、大変だろうなと思う。
両親と私と妻。こういう風にならないように、どうしたら良いのかまず相談だなぁ。
タイトルが扇情的ですが部分的には事実を把握するのによいのかもしれない。つらい。
団塊の世代を後楽園に集めて、灯油まいて比を着け……。
表現が過度な部分もあるが、この実態は精神科はもちろん医療機関にも影響が大きいんだよね 精神疾患として長期入院が認められていた患者が施設利用者として福祉施設を利用すべきという概念
半分嘘が混じってそうだが全体的に重い。
だから、何?
悪意のある題目で
老人は早く居なくなれとでもいうのでしょうか?
現代の不寛容の行いのせいでしょうに!
このような考え方は
最終的には障害者などの少数派を差別し多様な社会を否定することになります!
杉田水脈のような差別記事は止めなさい!
「政治家に溢れるのが恐ろしい‼️」
老害を生かしておく必要ある?安倍も含めて老害を徴兵させればいいのに。
すでに暴走老人はたくさんいるような…
車の運転は怖いから辞めてほしい。
自分で思ってるほど若くないよ😛
介護にも医療にもやりがいなんてない。
え?今更?
我が職場のほんこれ
介護の仕事をされているかた、サービスを受けているかたがまわりにはたくさんいますが、こんなに大変なんですね。

なぜか、満州という言葉が浮かんできました。
僕の父も在宅介護を続けてたら暴走老人になってたかも(´;ω;`)
この現実…日本って未来無さすぎじゃね?
介護事業もっと真剣に考えようや…
自治体による小規模事業所への、荒さがしとしか思えない細かく執拗な実地指導、監査、運営を断念することを目的かと疑う、行き過ぎた返還請求
教育費・科学研究費やらを削って、社会保障費に回しているにもかかわらず、この体たらくな状況が時間の問題と言われるのは、納得いかない。

政治の問題ではあるものの、立法側で細かい制度設計ができない事を考えれば、行政側でしっかりしてもらうしかないのだが……。
私ら世代の20年後はやばいと思います。私ら昭和後期の残党は万能感豊かですから。
他人事じゃないんだよね。ホント
「暴走老人」の名付けはいまいちそぐわないな。
高齢運転者の記事ではない。
何かを「あおる」書き方の人なんでしょう。
でもいくらかは現実でしょう。
危ないな。暴走老人か、他人事ではないな、俺も中間入りしそうだ。
>逆に「一日でも早く死んでほしい」という家族の言葉は何度聞いたかわからない。

まあ、ひどい時は特にそうだなw
置物化したらマシになるけど
すでに溢れかえってるけど??
病院も、だよね。
地方の小規模病院は特に同じ…。
これまでセーフティネット機能を果たして来た小規模介護事業者が淘汰されることによって、果たしてどれだけの介護難民が生まれるのでしょうか。
 #介護難民 #小規模介護事業者の淘汰 #大手介護事業者に集約
昔は子供を甘やかすなと言ってたいたが、今は「高齢者を甘やかすな」と肝に銘じるべき時代になったもんだ。↓
ヤバいだろうね(ーдー)
先日の緊急大捜索でも介護放棄された老女が出てたね。
都市部と田舎の地域差の話も関連してくるような気がする /
真剣に議論しなきゃいけないのに出来ない現実・・・問題が顕在化するまで無理なんだろう。
闇を見た。介護はほとんど誰もがいつか必要とするもの。その底辺で起きていること。
年に関係ない、既に暴走人間が溢れかえっている
合理化の果ては「地獄絵図」職員のほうが心を病んでゆく
ホントに安定剤漬けだよ。
なかなか核心ついてるぞ
『かもしれない』んじゃなく、もう既にその様な状態なんですけどね。
施設数が少ない地域なら、施設形態・規模なんて関係なしだし。
でも、読んで損なしの記事。
まじでこんな時代が来るよ💦
既に溢れているが?自民党に。
コレ。納得。
昭和の後期からの教育の賜物ですよ
この記事のどこにも救いを見出だせない。考えても答えが出ない。ゾンビが増殖していくようなもの……。
タイトルは煽り気味だが介護業界の現実を直視する指摘
「マウンティングする介護関係者や自治体は、地域の姥捨て山を担ってくれた小規模事業所の大切さ、ありがたさに、絶望的な事態が現実になってから初めて気づくのだろうか。」
…オレも気をつけよう…笑)
もうそうなりかけている気が。これでも社会保障費を増やさないつもりですか?8%の消費税増税のときも上げる前散々言ってた社会保障費の件は結局有耶無耶にされちゃいましたよね。・・・ -
綺麗ごと では済まされない。介護福祉士 の大幅な賃金アップしないと この業界 潰れるな。
ケアマネの質も問われますね
超高齢化社会だから頭に猿をのせて“走るジイサン”も増えているんだよね。(・ω・)→
この「お話」を、有識者の方々がどのように読み取るのか、ちょっと知りたい。 /
リアル姥捨山の可能性やな
なんか普通に日本終わってない?
介護事業所が大規模事業に集約されつつあり、底辺の年寄りは素行が悪いので、そういうまともな介護事業所に入れずあふれかえるのではという観測。貧乏人は死ぬまでタチが悪いということか…。 / “日本中に「暴走老人」が溢れかえるかもしれな…”
介護なんて誰にでもできる仕事じゃないのに…
福祉と介護の現場けっこう悲惨。働いてる人も給料安いは激務だわでかなり精神的に疲弊してるし経営者も変な人が多い。社協勤務だとまだマシだったりするけど施設はえぐい…
いろいろと地獄のような記事だった / 日本中に「暴走老人」が溢れかえるかもしれない、ヤバすぎる現実(中村 | 講談社(1/3)
綺麗ごとや単純な合理化施策では、どうしても避けらない歪だな。介護従事者を妻に持つ私としても他人事ではないな。
色々面白い /
ううむ… →
ちょっと大袈裟なタイトルとは思うけど、確かに性格が歪んでしまった老人は多いし、脳の萎縮もあって、堪え性のない人も多い。介護保険料を値上げして介護事業所への支援を下げれば給料が減るのをこの政権は選択した / “日本中に「暴走老人」…”
安楽死合法化しましょう。
ドン引き。読んでごらんよ、この記事を。
「低賃金で、最大限のモチベーションで働かせようとする「やりがい搾取」は、介護業界では「普通のこと」として浸透している。」
本当に必要だったのは、本当の「姥捨山」だったのかもしれん。
全ての高齢者に「生きがい」を与え続けることは、不可能だ。
こんな現状、レベルだから技術.接客料は詐欺レベルと言われてしまう。
紹介された事例に胸が潰れる思い。
自分が「質の悪い高齢者」にならないよう、心身の健康に気をつけるしかないが、それでも健康を損なったらどうしよう…
以上

記事本文: 日本中に「暴走老人」が溢れかえるかもしれない、ヤバすぎる現実(中村 淳彦) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事