TOP > 政治・経済 > 投資のド素人は危険! 銀行に騙されない「投資信託」の正しい選び方(横山 光昭) | マネー現代 | 講談社(1/4)

投資のド素人は危険! 銀行に騙されない「投資信託」の正しい選び方(横山 光昭) | マネー現代 | 講談社(1/4)

13コメント 登録日時:2019-05-05 08:09 | 現代ビジネスキャッシュ

「お金の使い方そのものに」スポットを当てて家計再生を促す、人気ファイナンシャルプランナーの横山光昭さんが、毎日のちょっとした工夫や意識の向け方で、驚くほど簡単に「貯まる体質」になれる方法を教えます。...

ツイッターのコメント(13)

銀行員が勧める投資信託を買うのはやめた方がいいです。ネット証券で手数料が安いインデックスファンドを検討しましょう。
投資初心者、これからお考えの方必見❗️
〜投資信託の始める上での注意点、
銀行のカモにならないコツ〜
銀行員と相談してる時点でよくないですよね。

銀行に騙されない「投資信託」の正しい選び方(横山 光昭) | マネー現代 | 講談社(1/4)
銀行員の言いなりは良くないですが、手数料ありきの販売体制は、私の知る限り銀行証券ともに、かなり見直されております。
…銀行だからといって信用出来ない。
投信を選ぶ前に、どういう記事を読むかを考える必要がある。党首の場合、筆者のプロフィールをチェックして読むに値するかを判断する。この人のプロフィール欄をクリックしても運用のプロの匂いがしない。念の為他の...
私も経験があるが、まったくの別の用件で銀行に行ったのに、窓口の銀行員がしつこく投信を勧めてくる場合がある。そうしたケースで紹介される投信は、まず間違いなく販売手数料が高い商品である。
銀行に騙されないように身構えるのではなくて、他人の言うことを鵜呑みにしてはいけないと言うことです。営業の方は営業が仕事ですから、当然何かしらの制度に誘引されて活動を行っています。一方で顧客側が質問をすれ...
こんな事言う一方で、素性も分からんネット上の大御所ブロガーを信じる人は多い
「医者」には投資信託か、生命保険を妄信する人が多い。一方で不動産は「うさんくさい」、株・為替は「自分には無関係」と言われる。

いやいや、全て一貫して関係性がありますよ!
想定リスク見合いでコスト控除後の期待リターンを考えれば、インデックスファンドが無難な選択というのは必然そうなるでしょう。ただ、あくまでも無難な選択肢なので、これを超える可能性を見出せるのであれば、この限り...
銀行で買うものじゃないよね(^-^;
あと、毎月分配型投信は避けましょう。
以上

記事本文: 投資のド素人は危険! 銀行に騙されない「投資信託」の正しい選び方(横山 光昭) | マネー現代 | 講談社(1/4)

いま話題の記事