TOP > 政治・経済 > 頑張らない、自分の頭で考えないのが「真に生産性の高い働き方」だ(大竹 慎太郎,けんすう) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

頑張らない、自分の頭で考えないのが「真に生産性の高い働き方」だ(大竹 慎太郎,けんすう) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

74コメント 登録日時:2018-08-21 07:16 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

新卒で入ったサイバーエージェントで、半年ものあいだ営業成績が圧倒的ビリだったところから一転……、新人賞や全社MVPを獲得し、起業したベンチャー企業を半年で70人に、3年で180人規模にまで育てたトライフォートCEO 大竹慎太郎氏の著書『起業3年目までの教科書』 の発売を記念して、大竹氏のかねてからの友人であるけんすう氏(古川健介氏・Supership...

Twitterのコメント(74)

「『俺は今頑張っている』って思っている時点でたぶん何かがおかしい」

たしかに。
後半ビジネスマンも応用できる勉強法の話になるんだけど、
昨日ツイートした「図解をコスパよく学ぶ方法」と構造が一緒だった!笑

✓大量にインプットする
✓共通点はパクる→外すことがなくなる
✓それ以外で個性出す→自分ならではができる
本当か?頑張らない、自分の頭で考えないのが「真に生産性の高い働き方」だ。#ピョートル #疲れない働き方 #頑張らない働き方
「やる気というものは先に存在しているものではなくて、行動すれば自ずと出てくるものである」
「結局、仕事の生産性とはなにか、といえば、「どのぐらい無意識の状態で淡々とやれる仕事の幅を増やせるかどうか」だと思うのですよね。」
何回も読んでしまう
日本の起業家のSNSやインタビューを見ていると真面目すぎて頑張りすぎてて頭が痛くなるんだけど初めて共感できる方に出会えた✨@kensuu さん
私も、常々言ってる。モチベーションが上がらないからと、仕事の質が下がるわけない。ただのさぼりだよねー。
編み出した読書術が「同じ関連の本を大量に買い込んできて、まず目次を眺めて『何が重要なことか?』のあたりをつけて、後は斜め読みしまくる」です。どの本にも共通して出てくることが、その分野における最も大切な知恵になります

経営者の読書術です。
私もやってみます。
💡結局、仕事の生産性とはなにか、といえば、「どのぐらい無意識の状態で淡々とやれる仕事の幅を増やせるかどうか」だと思うのですよね。
「自分の頭で考えない」でいいことを見極める、というのは大事だなぁ。
すでにある程度の正解があって、かつ好きでもないような仕事にまで「どうしたらいいか?」って頭を悩ませ続けたって、自分にとって大事な時間にはならないしな。
やる気というものは先に存在しているものではなくて、行動すれば自ずと出てくるものである
→無感情に最初の仕事に取りかかる。
面白い記事。
これも本質かも。
ほとんどの日本人が読むべきやと思う
意志ではなく習慣に頼るというのは発想になかったなぁ。習慣力を高めたい。
8:2の法則というやつですね。本気で取り組めば、受験勉強だって学びはたくさんある。
けんすうさんの話はゆる〜い感じなのに、納得感がある。車輪の再発明はやりがちなので気をつけよ。
良い。
すごい共感。単純作業はひたすらに他の誰かに任すって決めただけで、達成できる仕事の範囲が格段に増す

最も効率的に働くとは、そういった「最終的には自分で考えないとやれない仕事」に充てる時間をどれだけ増やせるかにかかっている
本読んでても、「どれも同じこと書いてあっておもしろくない」と思っちゃうことが間違ってる 同じ事言ってるなら本質なんでしょ、というのと同じだね
そのとおり。 /
確かにやる気ないことでもやり始めたら、やりきれることあるよね
「最も効率的に働くとは、「最終的には自分で考えないとやれない仕事」に充てる時間をどれだけ増やせるかにかかっている」

そのために集中力のいらない作業を淡々とこなすことが重要。
集中力/意志力を温存しておく。

メリハリをもって抜くとこは抜く、入れるとこは入れる
『毎日コツコツ続けるコツは?』に対して
“意志の力やモチベーションに頼らず、ともかく無感情に会社に出社して、無感情に最初の仕事に取りかかること”

なるほど!
そういう意味でも、無感情に行動し始めるために時間を軸に動くのは合理的なわけだ。
この記事めっちゃ面白いな。けんすうさん勉強になります。
"「頑張らない」「自分の頭で考えない」「無感情に仕事に取りかかる」 "
タイトルは釣りっぽいけどw書かれてることの本質はほんとそうだと思う。ランも効率良く強くなるためには、教科書教本論文活用して車輪の再発明回避して、トレ自体はルーチン化ってのが大事だと実感してる。勿論、自分の身体を通して学んでいくことも必要だとは思うが。
無感情に!! /
何も考えずにやれる仕事を着々と終わらせ、それによって生じる余力において、「“最終的にはどうしても考えなければやれない仕事”に向き合う時間を増やす」
頑張る!
自分の力でなんとかしなきゃ!
でも何も進んでないし、時間が足りない!!

が口癖の方に生産性の高い働き方を!そして自分にも、、

「頑張らない」「自分の頭で考えない」「無感情に仕事に取りかかる」このワードが少しでもココロに引っかかったのならぜひ(^O^)
reinvent the wheel - 確かにIT業界でよく使われますね。

けんすうさんの感覚に僕も近くて、「受験勉強の時は参考書使ってたのに、仕事になるとなんで失敗して経験するまで学...
良記事過ぎてまとめられん。

受験勉強のために、受験情報が集まるウェブサイトを作ってしまうという発想と行動力が凄い。

その頑張りって必要?と疑うクセをつけ、自分の頭で考えるべきことに集中できる環境を作ろう。
ゲーム的にどのプロセスが一番早く解決するかは考えますね。
あと新しいジャンルの仕事をする前には本屋に行って2-3冊本を買って読むという習慣を持っています。共通項を見つけ...
ノウハウはノウハウでは太刀打ちできないもののためにあるってことか!
確かに受験勉強は単純な知識の強化や高校大学への合格などだけでなく、どう効率良く学習するのかなどのノウハウを学べるチャンスなんだよね。そこで効率化のノウハウを意識してな...
起業三年目の教科書は読んだんだけど(そしてすごく良い本とおもったのだけど)、タイトルがキャッチー過ぎて、全く中身わからんし共感できない。。。 /
頭を使う必要がないところでは頭を使わない。つまり、マニュアルがあるものはそれに従うこと。そうすることで、常に頭に余裕を持たせて、考えなきゃいけない時に考えることができる。この考えは確かにと思った。俺も実践だな。マニュアルは使い倒さなきゃね
Amazonはパワープレイを「Good Intention」と呼び、排除すべきものという文化があります。
標準化、横展開、自動化を、普通の日本企業では変人扱いされるくらいのレベル感で実行しているのがA...
力の入れどころと抜きどころ。持ってるものを効率的に使いたい /
>結局、最も効率的に働くとは、そういった「最終的には自分で考えないとやれない仕事」に充てる時間をどれだけ増やせるかにかかっている、ということになるのではないかと。

...
あれやな、ダニエル・ピンクさんも言ってたけど。
これからはクリエイティブクラスの仕事の需要が高まるやんな。
それって、長時間苦しい仕事をしていりゃいいってもんじゃないねんな。
起業家として好きな@kensuu さんの流石の内容。僕も「テキトーのレベルを上げよう」というのと「注目されている経営者の本を数冊読むと大局観で同じことに辿り着く」というのは意識しています。
たしかに、やる気は始めないと出てこないからとりあえずパソコンの前に座るとかハードルを低くして始めるのるとやる気出てくる感じあるな。
そもそもやる気なんて存在しないみた...
習慣化、無意識化は意識してますが、なかなかうまくできてないです。
本当は夢中になれると良いんでしょうけど。
頑張ると疲れるが夢中だと疲れない。
メモ:
頑張らない、自分の頭で考えないのが「真に生産性の高い働き方」だ(大竹
「頑張らない」が具体的に言語化されててわかりやすい!めも!/
やる気もモチベーションも必要ない。
最後「起業・独立を考えたらすぐに読むべき本」の紹介する流れに笑いました笑

"僕の本を……まずはアマゾンで購入するところから始めていけばいい、という結論でよろしいでしょうか笑?"
生産性の高い働き方|平時には「自分の頭で考えない」ことを完遂することで、脳に考える余白を大量に作っておいて、「本来、最終的に自分の頭で考えざるを得ない本当に重要な仕事」に時間の多くを投下していく / “頑張らない、自分の頭で考え…”
めちゃくちゃ同意。
だから本を読む。すでにめっちゃ考えている人がいるのだからパクった方が早いやん。意識高いから読むんじゃなくて、めんどいから本読む。
遅滞評価勉強法 - Lazy evaluation study method- / | 現代ビジネス | 講談社(1/4)”
基本的にこの考え方で生きてるんですけど、なぜか多くの人々はこの逆のこたばかり強要してくるし、疲れが溜まると自分でも「頑張らなきゃ」ぅて思いやすくなッチマウのがミソだよね
ITに限らず車輪の再発明多いよね。
すでにあるのに使わず、新しく内製する。
しかも教育目的ではなく、単なる目前のコストカット。
実際に投入している時間コストを考えると……

「けんすう...
この考え方わかる。

頑張ると言ってヤル気を出さないとやれないようなことは、デイリーワークには向いていない。

無感情で粛々と向き合える仕事が望ましい。 / 頑張らない、自分の頭で考...
何かに取りかかる時は無感情に、はよくわかります。

筋トレする時などは、「やろうかな、どうするかなー」とか考え始めるとダラダラしてしまうので、無感情のまま始めるようにしています。そう...
遅滞評価法。
けんすうさんと対談させてもらいました!
<嫌な仕事をローカロリーにやる方法>

☑️やらなければいけない作業の多くを習慣化する
☑️無感情に淡々とやれる仕事の幅を増やす
☑️気合い入れるよりもまず行動する

これが習慣化か…
・やる気が出ない時は習慣に頼る
・やる気は行動すれば自ずと出る、考える前にもうやる。
・車輪の再生産を防ぐ、本読む、先人に学ぶ。
頑張らない努力って確かに大事だなと感じる今日この頃。

自分じゃなくてもいい仕事はしなくてもいい。
頑張らないって大事。頑張ってるって気づいてる時点で非効率なことをやっている。頑張らずにラクをしよう(手を抜けと言っているのではない)。努力の方向を間違わないようにしよう。 / 頑張らない...
>「同じ関連の本を大量に買い込んできて、まず目次を眺めて『何が重要なことか?』のあたりをつけて、後は斜め読みしまくる」

本読んでてぼんやり思ってたことが言語化されていた。
たくさん読んで差分を身につけるのではなくて、
素早く共通項のみ洗い出す
東大に池谷裕二さんという脳研究者の方がいらっしゃるんですが、「やる気というものは先に存在しているものではなくて、行動すれば自ずと出てくるものである」

良い話ですね〜
がんばらないために上手にやるのが大事 / | 現代ビジネス | 講談社(1/4)”
今のおざわに必要な記事。頑張らない。
インタビューされた記事が公開されました!
モチベーションに頼らず習慣化する
自分が考えざるを得ない本当に大事な仕事のために考える余白を作っておく。
「意志の力に頼らない」はまさにその通りですよね。まずはアクション、その過程である程度成果が出てくる事で自己肯定感が高まり集中モードに入る、というサイクルに入れている日は時間的にも...
先月からずっと作業していた、『起業3年目の教科書』の著者の大竹さんと、けんすうさんとの対談記事、遂に公開です!!!! / | 現代ビジネ…”
納得。
頑張らないために頑張って考える。
時間を切り売りしている作業者みたいなホワイトカラーの人たちが多い中で、その人たちは今よりもより良く楽にしようという意思が無いように思えます。...
以上

記事本文: 頑張らない、自分の頭で考えないのが「真に生産性の高い働き方」だ(大竹 慎太郎,けんすう) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事