TOP > 政治・経済 > 私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう意外な理由(藤田 結子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう意外な理由(藤田 結子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

182コメント 登録日時:2018-07-09 06:41 | 現代ビジネスキャッシュ

なぜ人類は「クソどうでもいい仕事」をするのか? なぜそうした仕事が生まれているのか? イギリスの社会人類学者が「クソどうでもいい仕事という現象」というエッセイを発表し、議論を巻き起こした。日本ではどうだろうか。...

ツイッターのコメント(182)

コロナで医療従事者が賛辞されるなか、
ブルシットジョブ→「クソどうでもいい仕事」という言葉を知った。

確かにテクノロジーが進化してるのに人間は仕事が減らない。

@gendai_biz
人間の仕事の37%はやりがいのないブルシット・ジョブズらしいけど、論文の99%はとくにいみのないブルシット・ペーパーである
念のため、この記事への私のスタンスは「問題提起は大いに共感するし理解できるけど、原因分析はちょっと陰謀論的」。で、文中の表現があれだから青識氏みたく「事務職を十把一絡げにバカにするのかー!」って反発されても当然かな。グレーバー氏の主眼はそこになくても。→
「しかし医師のようなわずかな例外を除いて、意味のある仕事をしている人ほど賃金が低くなっています」(クレーバー氏の言葉) > @gendai_biz
@ChaosReadman ある記事を思い出しました。
三流。
テクノロジーは我々の生産性を極端に上げる手段。短時間に多くの情報をリンクさせて正しく判断する。ハンコをつくだけと言っているのは、機能していない証拠でテクノロジーとは無関係。
先ほどtweetした斎藤さんと水野さんの対談に出てきたブルシット・ジョブの説明の拾い= @gendai_biz
「本当に役に立つ仕事の賃金は低い」
デヴィッド・グレーバーの『Bullshit A Theory(クソどうでもいい仕事-その理論)』の邦訳早く出て欲しいな。読みたい。
本当に役に立つ仕事の賃金は低いんだとさ。

@gendai_biz
まったくもって

特に貧困層を「社会保障にたかる乞食」と蔑視し嘲笑する高給取りには、自分自身こそが「社会の役に立っていない」給料泥棒が多そうだ

むしろ高給取りの職業こそ社会に有害かも
正直「そういう仕事考えついて世に広めたのがイギリスの大学でしょうがよ?」と言いたい
自分で作ったモン都合悪くなったら叩くな
@gendai_biz
@104tonkotu @fujitatakanori 私も職業差別をしています。

少なくとも、お金を稼ぐために悪いことをするような仕事は、全て無くなってほしいと思っていますし、また、世の中に無くても良い仕事は、今後やめていくべきだと思っています。地球資源の節約や、地球温暖化防止のために。
デヴィッド・クレーバー氏のその本、翻訳が待たれるね。

@gendai_biz
これ、面白い考え方だし、ものすごく使える考え方という気がする。

@gendai_biz
@gendai_biz めちゃくちゃ納得。今の仕事に辿り着くまでの10年間くらい、ずっとこのような煩悶を繰り返していた。ホントに社会のためになってるのか分からない仕事で世の中溢れかえっている。
“グレーバーは解決策を示すことにためらいつつも、人々がどうでもいい仕事から解放される手段として、ベーシックインカムに言及している“ @gendai_biz
某F田氏が挙げてる事務金融コンサルのやつってこの記事らしいデスが、鈴木大輔の本当の仕事は10個のハンコを確認することじゃないってことがわからないならアウト

@gendai_biz
@Arai_Nyanga デヴィッド・グレーバー『負債論』って人類学者の間ではどんな評価をされてるのだ?
こんな記事を書かれるくらいだからアナキズムっぽそうではあるけれど……。
@gendai_biz 「クソどうでもいい」仕事は退屈で苦痛だからその対価としての賃金なんじゃないか
勤務変更するだけで管理職のハンコをいくつ求めたりあまりにくだらない事を強いる人達。自身の権力を確認したいだけだと思ってしまう。
@gendai_biz
>働くこと自体に道徳的な価値があり、規律を守って長時間働かない人間は価値がないと考えられている
クソどうでもいい仕事してるクソ野郎ほど、給料高くて威張っている。
アンペイドワークとか社会のあり方について
今日はなんだか考えてしまう日。

@gendai_biz
これはおもしろい。
@gendai_biz
本当に役に立つ仕事の賃金は低いっていうの割とその通りではないかなと
"利益を最大化しコストを最小化するはずの資本主義社会において、なぜなくても困らない「クソどうでもいい」仕事に賃金が支払われ続けるのだろうか。"
「人々が仕事に忙殺されていれば、暴動を起こしにくい。幸福で生産的な人々が自由時間を手にすることは、歴史が物語るように、支配階級にとって非常に危険なのだ」
「この社会は、本当に意味のある仕事をしている人が、怒りのはけ口になるような社会です。たとえば、看護師やゴミ収集者や機械工はいなくなってしまったらこまる職業です。」

|
「(前略)意味のある仕事をしている人ほど賃金が低くなっています。」: | 講談社(2/3)
「Bullshit Jobs」 について: @gendai_biz
なんでこんな面白そうな本に気づかなかったのか。反省とともにポチッた。→
|

(解決策の部分はともかく)これはかなり的確で正当な認識だと思う。
こんなん読みたいに決まっている……。世界流行語大賞とってほしい(そんな賞は無い)。
「クソどうでもいい仕事」という現象
官公庁では技術職をアウトソーシングに投げてて実質的な仕事させ、正規職員はその管理が職務だが、給料分働かないアマチュアが結構存在する。

@gendai_biz
これ書籍になってないんですかね?
一年くらい前の記事だけどまだ発売してないんですかね?
あったら読んでみたいですԅ( ˘ω˘ ԅ) モミモミ

@gendai_biz
ほんとそれ、>グレーバーは、本当に役に立つ仕事をしている人々が報われない社会になっているという。
辛辣すぎて草
「ロビイストや企業弁護士、広報などの「雇われ暴力団員(Goons)」。雇用主のため、攻撃的に活動する職業である。
〜中間管理職などの「ムダな仕事製造係(Task Makers)」などがある。」
私達が『クソどうでもいい仕事』に忙殺されてしまう。
37%が(社会に対して意味のある貢献をしている)と思ってない‼️

は日本を滅ぼす。

AI革命時代に、
制度導入
「クソどうでもいい仕事」の対義はキテイが言うところの依存労働か。
@gendai_biz
デヴィッド・グレーバー『クソどうでもいい仕事』、早く邦訳が読みたいな。→「ロビイストやPRリサーチャー、テレマーケティング担当者、法律コンサルタントなどの職業は消えてしまっても、われわれはたいしてこまらないでしょう。むしろ社会は良くなるかもしれません」
コラム自体も面白いけど、“bullshit jobs”の「口に出して言いたい感」が強すぎる

@gendai_biz
「ゴミ清掃とか介護とか、本当に必要な仕事は賃金がやすい」って指摘は興味深い。医療の無給も話題になったし。
-----
@gendai_biz
資本家が「有益だ」と思った仕事は、給料が高くなるんですね。

労働者の給料は、資本家の気分で決まります。
書類のチェック係…確かに嫌だな…😰自分の仕事が有益かクソどうでもいいかたまに考えることはある。/
この分析が正しいのかはわからないが、新しい仕事が増える理由というのはなにかあるんだろうなと。
本当に必要な仕事が低賃金で、「クソどうでもいい仕事」が高収入なの心底許せないんだよな
@gendai_biz
確かにな…
大事な仕事ほど報われない。
テクノロジーはむしろ人々をもっと働かせるために利用され、無意味なくだらない仕事が次々と生み出された。「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう理由
早くこの『Bullshit A Theory(クソどうでもいい仕事-その理論)』が邦訳されることを望む…。読んでみたい。
私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう意外な理由
今日もクソな仕事をしにいく

満員電車でおっさんたちとお肌の触れ合いをしながら

人と人との触れ合いを感じられる素晴らしい毎朝
"人々が仕事に忙殺されていれば、暴動を起こしにくい。幸福で生産的な人々が自由時間を手にすることは、歴史が物語るように、支配階級にとって非常に危険なのだ / デヴィッド グレーバー"
by 藤田 結子

| 講談社
確かに生きるだけなら過剰な仕事も多々あるだろうけど、その仕事は支配者層の都合で生み出され、解決策がBIってのは同意できない。仕事が無くならないのは競争心、妬み、承認欲求などなどの「感情」が我々全員にあるからだし、だからこそBIなんかは確実に上手くいかない。
自分がずっと前からつぶやいてることと同じ内容。人手不足とか言っても実際はクソくだらない仕事を創出しかさ増ししてるだけで、その解決にはBIがやはり有効なんだよ。
しかし医師のようなわずかな例外を除いて、意味のある仕事をしている人ほど賃金が低くなっています。」
>労働人口が減ってきたので、この問題をなんとかするべきだ。
@BilingualC @yonemura2006 結局、産業革命以降、人が働く必要が少なくなったので、今の時代、元々「全ての人に仕事を与える」ということに無理があることが、「会社を存続させるために違法行為が行われる」ことの根本的な原因なんですよ。

(続く)
1930年に経済学者ケインズは、20世紀末までに技術発展によって、イギリスやアメリカのような国では週15時間労働になるだろうと予言した。1日に3時間だけ働けばいい。だが、そんなことは決して起こらなかった。(本文)
ベーシックインカムで話題になったフレーズ

私たちが
「クソどうでもいい仕事」に
忙殺されてしまう意外な理由
“テクノロジーはむしろ人々をもっと働かせるために利用され、無意味なくだらない仕事が次々と生み出された。/20世紀に増えた/とくに管理系の仕事/新しい情報関連産業が創出された。” 結子)(1/3)
クソどうでもいい仕事=Bullshit Jobて言うんだね。本社管理部門にいた頃はよくそう感じてた。今はそれを感じる暇がないくらい忙しい。いいのか悪いのか?
自分のやっているホワイトカラーの仕事が無意味だとは思わないけど、「本当に役に立つ仕事の賃金は低い」ことが問題だとは思っている…>
今年書いた記事のうち、よく読まれたのは「クソどうでもいい仕事」

「ケインズは20世紀末までに週15時間労働になるだろうと予言した。が、そんなことは決して起こらなかった。技術は人々をもっと働かせるために利用され、無意味なくだらない仕事が次々と生み出された」
「クソどうでもいい仕事」がなくならない理由は、支配階級層にとって都合がいいから
納得できる部分がたくさんあったのでよんでみてほしい
私の仕事もbullshit job
ううう、住職という仕事は、「クソどうでもいい仕事」なのか「命にかかわるなくてはならない仕事」なのか、と考えると、、、。やっぱり前者かもしれない。
日本語訳を待ちたいところだが、翻訳と出版をするところがあるのだろうか? なんとなく、闇の圧力で企画倒れになりそうな気がする。辞書を片手に英語の原文を入手して、読破するのがもっとも安全確実な方法ではないだろうか?価格もボリュームもピケティ並では難しいが……。
Bullshit Jobs
クソどうでもいい仕事

添付記事は私の心をほぼ代弁してくれている。

付け加えるなら、クソどうでもいい仕事を続けざるを得ない諸悪の根源は、生きていくにはお金が必要という現実。
お金をなくして仕事をボランティアにする事が、人間の欲求を満たしていく。
支配階級ってのは面白い言い方だなぁ……
「くそどうでもいい仕事」の典型ってのはもっとあるね(笑)
ムダが必要な時があるけど、多すぎるとどうしようもなくなる。
今の政治がなくなる日、見てみたい
さぁ、今日もそんな仕事に忙殺されてきます。
結構無理やりな議論に見えるけど
ホワイトカラーとか情報業ってまさにbulshit jobなのかしらね。よくよくよく考えたら。。でもじゃあ、本当に必要な仕事ってなんだろう
これをヒシヒシと感じる。
「富を握る1%」の構造
いつの時代になっても変わらないのか、これは
毎日クソどうでもいい仕事で終わっていく。気付いたら何もスキルの無い中年になってたからみんなも気を付けよう(笑)
頷きすぎて首がもげた
意味不明な仕事に時間を割くように指示されることはよくあるよね
私達が『クソどうでもいい仕事』に忙殺されてしまう。
37%が(社会に対して意味のある貢献をしている)と思ってない‼️
自民・共産・立民の

は日本人を滅ぼす。

AI革命時代に、
勢力拡大
「ケインズは、20世紀末までに週15時間労働になるだろうと予言した。しかし、テクノロジーは人々をもっと働かせるために利用され、無意味なくだらない仕事が次々と生み出された」:  | :
この記事に対する反応は「分かる、俺もこんな仕事に苦しめられている」と「人の尊い労働をコケにしやがって!」に分類される。もちろん後者がブルシットジョブに加担している側。
「クソどうでもいい仕事」はマジでクソどうでもいい仕事だと思う。現場で機械の修理やメンテナンスや回収は本当にヒーローそのもので感謝されまくるけど管理職は無意味過ぎて耐えられなかった
私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺わされてしまう意外な理由
>受付係やドアマンなどの「太鼓持ち(Flunkies)」。自分が重要な人物だと思わせるために存在している職業…ロビイストや企業弁護士、広報などの「雇われ暴力団員(Goons)」。雇用主のため、攻撃的に活動する職業…中間管理職などの「ムダな仕事製造係(Task Makers)」など
「人々が仕事に忙殺されていれば、暴動を起こしにくい。幸福で生産的な人々が自由時間を手にすることは、歴史が物語るように、支配階級にとって非常に危険なのだ」
こんなのなるべく少なくしたい!
けど、お給料貰えるからなぁ。
「人々が仕事に忙殺されていれば、暴動を起こしにくい。幸福で生産的な人々が自由時間を手にすることは、歴史が物語るように、支配階級にとって非常に危険なのだ。」
"本当に役に立つ仕事の賃金は低い" / “ | 講談社(1/3)”
面白そう⇒ David Graeber「Bullshit A Theory」
本当に必要な仕事に高い給料を支払うスキームを導入するのってむずいのかな?儲からないけど必要な仕事って、低賃金のままなのかな…。
どうでもいい仕事に現職(でやってることの一部)が入っている…涙
もっと見る (残り約82件)

記事本文: 私たちが「クソどうでもいい仕事」に忙殺されてしまう意外な理由(藤田 結子) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

いま話題の記事