TOP > 政治・経済 > 米中貿易戦争のウラで、いま中国で起きている「ヤバすぎる現実」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/4)

米中貿易戦争のウラで、いま中国で起きている「ヤバすぎる現実」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/4)

米中貿易戦争でアメリカとつばぜり合いを続ける中国。アメリカに対して強気姿勢を貫いているが、いざ足元に目を向けるとヤバい現実があちこちで勃発し始めている。急増する「空巣青年」問題や「マンション離婚」問題など、日本のメディアがまったく報じない新たな問題が続々と起きているのだ。『未来の年表』著者がその実態を明かす。...

ツイッターのコメント(73)

人工多大国の未来は無いってことだ。
一人っ子政策の結果…

米中貿易戦争のウラで、中国で起きている「ヤバすぎる現実」(週刊現代)
マネー現代 | 講談社(1/4)
これも資料として興味深い
"経済規模(GDP)については、2017年の時点で、63.2%まで追い上げています。このペースで行くと、2023年から2027年の間に、中国はアメリカを抜いて、世界ナンバー1の経済大国となるのです。"
中国で起きている「ヤバすぎる現実」 @moneygendai

中国特有の離婚も急増中です。「マンション離婚」と呼ばれる。
マンション投資が過熱すると、価格が急騰して庶民が買えなくなるため、政府は2011年以降、「ひと家庭に1軒のみ」購入制限令を出してきました。
インド🇮🇳来る〜きっと来る〜
悩みが大きすぎる。
✅今は中国がとても勢いのあるように見えるけどずっと働きつづけれる訳じゃない。

✅反動で大量の高齢者層をどう対処するかが大きな問題になりそう。

人の数による経済成長は持続的ではないのかもね😒
@moneygendai インドが世界の中心になるのかな?
@moneygendai 中国は結婚できない男子を近隣諸国に放り出すに違いない!まず南北朝鮮へ!その後は福祉が充実している日本へ!ということに成るので今の内から中国人の移民対策を取れ!
@moneygendai 『人口動態統計は未来を的確に予測する。中国の人口は減り始めている。そして2025年にはインドが最大の人口大国になる時、中国は老人大国となるのか・・・』
@moneygendai 日本も人のこといえないけど、中国は相当やばいだろうなぁ…
興味深い・・
少し古い記事ですが中国の現在と未来をわかりやすく解説してくれている記事でめちゃくちゃ理解進みます。
中国にも訪れる少子高齢化。
しかも一人っ子政策による労働力不足に落ちる?
中国は持っているアメリカ国債を日本に売ってそのお金を米国に投資しメキシコ国境に「万里の長城」を建設すればいい。
トランプ政権がファーウェイとZTEの2社を目の敵にしているのも、
アメリカの焦燥感の表れ
先端技術の指標となる国際特許出願件数(2017年)1位が中国のファーウェイ、2位も中国のZTE 3位にようやくアメリカのインテル

アメリカのファーウェイ、ZTE潰し
ふとみた記事だけど、「剰男」ってなんかいい感じにシュールな響きかもしれない。
備忘録として。 /
・既に子供の男女比120対100
「3000万人独身男の憂鬱・剰男・空巣青年」

・'17年日本の約13倍の学生数、経済規模は日本の2.5倍以下
就職先がまったく..

・年間の離婚件数>結婚件数で世界初に?
「421家庭・未富先老」
興味深い、どう御すのか?
ただ一人一人には、顔がある
日本も中国も2040年がターニングポイントだね
>2025年になると、中国は深刻な労働力不足に見舞われます。15歳から64歳までの生産年齢人口に関して言えば、すでに2015年頃から減少しています。

労働力の絶対数が減り続ける上に、一人っ子世代は単純労働を嫌うので、大卒者の給料よりも単純労働者の給料のほうが高いという
未来の中国にとって、最大の問題となることは間違いありません。日本に遅れること約30年で、日本の10倍以上の規模で、少子高齢化の大波が襲ってくる

長期化すれば中国製造企業も中国から逃げ出す…
離婚率が5割を超えるのもまもなくです。 逆に結婚件数は5年で3割減っているので、中国は近未来に、年間の離婚件数が結婚件数を上回る最初の国になるのではという懸念も出ているほどなのです。』
現代のわりにまともなような
出だしは就職先が足りないぐらい人口が増えてて米国がビビるで、途中から最後までは「15歳から64歳までの生産年齢人口に関して言えば、すでに2015年頃から減少しています」で話が展開してる?
年間の離婚件数が結婚件数を上回る最初の国
しかも適齢期男子は120%

2023年から2027年の間に、中国はアメリカを抜いて、世界ナンバー1の経済大国になるけど
労働力 2015年頃から減少し始めていてすぐに没落。
中国のヤバすぎる現実
インドは6年後の2024年に中国を抜いて世界一の人口大国に
「未富先老」(未だ富まないのに先に老いていく):国連『世界人口予測』2050年60歳以上4億9802万人、80歳以上1億2143万人
ー少子高齢化政策で自滅、人口ボーナスが大きいほどオーナスの反動も強烈
中国の課題➌

④労働力不足
15年に生産年齢人口ピーク
25年深刻な労働力不足
中国政府はAI技術でカバーの目算

⑤高齢社会
2050年
60歳以上人口4億9802万人
80歳以上人口1億2143万人

介護保険もなく国民健康保険も十分でない
この高齢化こそが、中国にとっての最大の課題
一人っ子政策で大変なのは昔の同僚から聞いていたけど、必死に起業を支援しているのが雇用の確保のためだということには気がつかなかった。
これは日本人全員の頭に叩き込んでおいてこれから国際社会でどう行動すればいいか判断材料にすると良いでしょう。
わかるんだけど、無限の成長前提だから、100年後は今度インドもってことになりそうだよなあ。
「米中貿易戦争のウラで、いま中国で起きている「ヤバすぎる現実」」
この記事、思ってもなかった方向の問題が色々書いてあってめちゃくちゃ面白かった。どの国も色んな問題抱えてるよなあてつくづく。 よく外国に比べて日本は〜なんて記事目にするけど、いい話には裏があること多い。 / “米中貿易戦争のウラで…”

『421家庭』という概念が目新しい。一人っ子政策ホントにろくでもないな!
日本はその頃、何位かな?

経済規模(GDP)についてはこのペースで行くと、2023年から2027年の間に、中国はアメリカを抜いて、世界ナンバー1の経済大国となる。
これは面白い記事。勉強になる。
またゲンダイが取材もせずにテキトーなこと書いとる!
某有名経済学者が中国はこれから発展する若い新興国だと言っていたけど、日本以上の速さで少子高齢化が進むので、とてもそうとは思えない。もはや老齢国家かも。新興国といっても様々。 / 米中貿易戦争のウラで、いま中国で起きている「ヤバすぎる現実」(週刊現代) | 講談社
一人っ子政策で男女産み分けを行った為、独身男3000万人‥>
こうやってみると中国政治は対処療法が多いのね
(*゚-゚)隠すことが出来てるうちはうまい事いくけど表面化してら気をつけないと。
習近平は、この1年が勝負となりそうだね。
ちいさな事も見逃してはいけない。一気にくるから。
非常に的を射た内容👍中国の現状を知らない人にも参考になる記事👍中国は目先の政策で景気煽る自転車操業の繰り返し。現実は急速に訪れる高齢化に対する医療制度が脆弱すぎて不安材料多すぎ😨
マンション投資が過熱すると「ひと家庭に1軒のみ」といったマンション購入制限令を出す。それならば「離婚してふた家庭になれば2軒買える」と「マンション離婚」が急増。そのため、北京市役所は「1日の離婚届受け付けを1000件までとする」としたという。社会主義の末路。
ファーウエイとZTEのスマホを禁止するのはセキュリティ以外の理由もあったんだな:
間違いなく中国は分裂しますね!1国で15億の民を治める事自体が普通じゃない!
‥『未来の中国年表』って面白そう❗️どの国にも、どの民族にも栄枯盛衰有り。「中国に爺婆が溢れる時」、共産党はどうなっているのかなぁ?無くなってる⁇
5億人の暴走老人がシナの30年後😱 地獄絵図👽
20年後は が世界で天下をとるとな。安倍外交は20年後を見据えていたわけね。
確かにヤバいな^^; |
子供の男女比が120対100にできるんや★
日本は2020年オリンピックを過ぎると2025迄に70歳以上の割合が3人に1人となる、そこで移民だ。空巣青年や老人を押し付けられても日本に未来はない。LGBTに金など使え無い?…ナゼか、生産性だよ。
興味深い記事。近い将来、歪な一人っ子政策のツケを払うわけだね。
中国を狙えるインドが羨ましい!
「インドは早くも6年後の2024年に、中国を抜いて世界一の人口大国」世界情勢は激変の時代だ。>
日本の少子高齢化も問題だらけだけど、中国も人口が多いし将来は問題が山積みだな。
★成る程ね。スズキが中国を撤退するのも撤退出来るのも、これからの中国と次に大国となるインドがあるからか。落ち目の日本はどうするのかね。
2023年から2027年の間に、中国は世界ナンバー1の経済大国となる
14億中国人の「爆消費」が世界経済を牽引していく
一人っ子政策の弊害、いびつな男女差「剰男」「空巣青年」
マジヤバだが、これはこの国の異常さのごく一部。今後の日本人は、なんらかの形でその恐~い影響を受けるのが確実だからちゃんと知っておこう。危機感を持った政権を選ぶことがが大事だぞ。

米国との貿易戦争のウラで、いまC国で起きている「ヤバすぎる現実」
興味深い・・

2025年になると、中国は深刻な労働力不足に見舞われます。15歳から64歳までの生産年齢人口に関して言えば、すでに2015年頃から減少しています

#fx  #中国
1日の売り上げ2兆円?!
こりゃ何かとヤバイよな。
(。・´д`・。)
6年後にはインドの人口は中国抜くのか。って、どっちも現在は13億人台。インドの人口がそんなに多いって知ってました?
空巣青年 / 米中貿易戦争のウラで、いま中国で起きている「ヤバすぎる現実」(週刊現代) (マネー現代)
以上
 

いま話題のニュース

PR