TOP > 政治・経済 > カリスマ副社長が就活生に教える「お金の稼ぎ方」(大久保 伸隆) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

カリスマ副社長が就活生に教える「お金の稼ぎ方」(大久保 伸隆) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

10コメント 登録日時:2018-04-22 06:37 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

就職活動がヒートアップしてくるGW前後。「働くとはどういうことか」を考えている人は多いのではないだろうか。「塚田農場」「四十八漁場」などの居酒屋チェーンを経営するエー・ピーカンパニーの副社長大久保伸隆さんは、3年にわたり、他者に就活をするアルバイトに向けて就職活動支援セミナー「ツカラボ」を開催しており、5回参加した学生100%の内定率を誇っている。そこでもっとも大切な話として...

Twitterのコメント(10)

エー・ピーカンパニーの大久保伸隆さんがやってる塚田農場のツカラボ。稼ぐこと、働くことの意味、お金との前向きな付き合い方を学生に伝える取り組み。
時代が変化することも、それに合わせて考え方を変化させる必要があることも、当然です。そこで差が生まれることも当然。
大切なことは感受性と想像力だ。
カリスマ副社長が就活生に教える「お金の稼ぎ方」(大久保 伸隆)



Google マイフィードから共有しました
記事のタイトルはズレてるなと思う。

ただ内容は素晴らしい。
常識に縛られてる方はぜひ読むべき内容。
会社の役員が自社の素晴らしさをアピールするのではなく、新しい気付きを与えてくれるのは学生にとっても嬉しいよね。 /
どう稼ぐか、どう貯めるか、どう使うか、どう増やすか。お金が全てではないけれど、考えさせられる記事。 /
会社に入りさえすれば将来安定なんて、そんことないからね。 /
個人が得意分野を生かせる社会になってる事は確実ですね。
時代にあった働き方、私たちが当たり前に習ってきた事はすでに当たり前ではないのかもしれない。変化に対応されると批判され...
もう時代が違うんだから、親の言う事は聞かなくていい。大事なのは、自分が何をしてどの位稼ぎたいかを選択することなんですね(^^)
今の若者はある意味大変だ。
「自分がどうしたいか?どうなりたいか?」が結局一番大事。そこがあやふやだと、やっぱりあれがいい、やっぱりこっちがいいって軸がブレブレになるからね。
以上

記事本文: カリスマ副社長が就活生に教える「お金の稼ぎ方」(大久保 伸隆) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事