TOP > 政治・経済 > 生徒の1割しか塾に行かない公立校が、名門進学校であり続ける秘密(佐藤 優,杉山 剛士) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

生徒の1割しか塾に行かない公立校が、名門進学校であり続ける秘密(佐藤 優,杉山 剛士) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

24コメント 2018-03-13 08:20  現代ビジネス

毎年多くの東大合格者を出す名門公立校、埼玉県立浦和高校。宇宙飛行士の若田光一氏、心臓外科医の天野篤氏など、一流人材を輩出してきた浦高だが、とりわけ異彩を放つのが、作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏だろ...

ツイッターのコメント(24)

@FNR4aFS4sTLVNkp @MusaKoga_201HT 浦和高校、素晴らしい学校です。

> 朝早くから夜遅くまで一日中、学校にいる生徒も少なくないです
> 正月三箇日に来ていた生徒もいたらしいです。私もある夜、校内を見せてもらったのですが、部活動を終えた生徒がまだ教室に残っていた

教員の労働環境は???
やっぱり浦高は格が違うなぁ

@gendai_biz
「学校フル活用で頑張ってみる(効率いいことばかりじゃないけれど)」生徒達が多数派なら、「予備校行ける財力ない」と嘆く家の生徒も、肩身狭くならないし、頑張ろうと思える希ガス。
子供がいたらここなら行かせても良いかなw
浦和高校すごいな
メモ 今夜読む
公立の進学校って塾に通う暇がないくらい生徒を忙しくさせておいて「ウチの生徒は塾に通ってません」と自慢する。バカじゃねーのと思うわ(地方の公立進学校出身)。 / “生徒の1割しか塾に行かない公立校が、名門進学校であり続ける秘密(佐…”
浦高みたいな学校よそにもあんのな、と思ったら他じゃなかった
当時の学力なら受かったろうけど春高なんか行かないで浦高行ってれば人生また違ってたんだろうなあ
受験刑務所ってどこにあるんですかね。勝手に仮想敵作って悦に浸っているようにしか見えない。
とまぁ小さい頃は憧れていた高校でしたが行かずに良かったと思いました。入ったら入ったでまぁ楽しいんだろうけど。
まあ、塾に頼らない点ではとてもいいと思うのだけれど、たくさん勉強して優秀な大学へ進学しなきゃってならない?
あと、補足。世にいう「進学校」でも「寄り道」を大切にすることがある。
こんな学校です。
おお、佐藤優が浦和高校についてで一冊新書書いたのか。これは買わざるを得ないな!
恥ずかしいなあ……
塾経営者が言う
世の中に、本来塾は必要ない
文系に数学、理系に歴史。素晴らしい!
内容読む前にトップの写真の出落ち感だけでシェアw / 生徒の1割しか塾に行かない公立校が、名門進学校であり続ける秘密(佐藤 優,杉山 剛士) | 現代ビジネス | 講談社(1/4):
確かに、大学生の娘は高3の時、塾の時間が無駄だと言って学校かカフェで自習勉オンリーだったなぁ。
貧困家庭だから塾にも行けず、そのせいで学力が低くて大学に行けないと言っている人たちによく読んで欲しい。
子の学力と親の経済力に因果関係はないよ。
あいかわらず古風な高校よのお
卒業生らしくない佐藤君と校長先生とのやり取りが面白いですね!
いろいろ考えてしまう記事。
勉強は原理を知らないといけない、は全面的に正しいんだけど、16,7の男女が"揺れる"文学的な余地を切ってる。屋上が必要だよ、とかいうとストロングスタイルで凄んできそう。正直怖いス。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR