TOP > 政治・経済 > 山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」(山中 伸弥,羽生 善治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」(山中 伸弥,羽生 善治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

117コメント 登録日時:2018-02-12 07:31 | 現代ビジネスキャッシュ

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。...

ツイッターのコメント(117)

@gendai_biz 「人間は人間なりに考えたり、発想したりすることを捨ててはいけない、やめてはいけないと思います」
いい記事でした。

@gendai_biz
羽生「ギットハブ」はずるい
趣味の世界
「山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」「棋士という仕事はなくなりませんか」」2018年2月12日、
最近俺が似てると言われる山中教授と羽生名人が対談してたとは…
羽生さんがgithubの説明してるの面白いな /
「棋士という仕事はなくなりませんか」
この記事良記事なんで、読んでみてほしい。羽生さんからGitHubという単語が出てくるとは予想しなかった。
このお二人の話を横でハイボール飲みながらずっと聞いていたい
GitHubが出てくるとは・・・
技術者と会話してるように思えるぐらいすごい!
羽生さんの思考がいよいよ棋士の枠越えてきた
「ギットハブ」(GitHub)というサイトがあるんです。 / 山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」
山中伸弥さんと羽生善治永世七冠がAIと将棋について語った対談。おもしろい、こう言う議論がサラッとできるような人に僕はなりたい(小並感)
羽生さん Github知っているのねー! /
この対談シリーズ、全部読んだけどあれだけ専門性を要求される職業にもかかわらず羽生善治の知識の裾野の広さよな。CRISPR Cas9とかGithubスラスラ出てくる。こんな天才にこれくらいで驚くのが失礼なんだろうけどさ。
内容はともかく、ハブさんが、ギッドハブに関して話してるのが驚き /
良記事
「将棋ソフトはほとんどがギットハブに載っており、オープンソースなので、誰でも自由にそれを使って分析や研究ができるようになっています。」
開発工程のブラックボックスか、それは確かにそうやな
ほぉーすごく面白い。将棋AIソフトってOSSなんだ。共有知がまだ見ぬ価値を生み出す時代。 /
将棋AIはいち早くオープンソースを取り入れ、成功した分野ということかな
羽生さんからGithubやオープンソースの話が出てくる。凄い。
羽生棋士のクチから「GitHub」という単語が出て来て驚いた。コンピュータ将棋の現状についてよく存じ上げていらっしゃる。
山中先生も勿論ですが、羽生永世七冠凄い。 知識の幅と深さはもとより、洞察力が。 この記事だけでも刺激を受けましたが、勿論即ポチった^^ :
羽生さんの幅広い知識(いや、知性か)がすごいな、洞察力も。
“ 「ギットハブ」(GitHub)というサイトがあるんです。ギットハブはソフト開発プロジェクトのための共有ウェブサービスです。” / “山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」(山中 伸弥,羽生 善治) |…”
羽生善治と山中伸弥がAIで対談
「十年前から将棋ソフトは売り物にならなくなった」というのに驚いた 強すぎて誰も買わないとか想像外だた ◆
将棋ソフトは 10 年前に既に素人は勝てないレベルになっていたのでマーケットも利害関係も消滅してオープンソースになることができた、みたいな解説は新鮮だった
将棋ソフトがなぜ発展したのか、を羽生竜王がここまで語れるんだ
> 「ギットハブ」(GitHub)
Σ羽生名人ギットハブ認識してるの
今すでにAI同士が一日二十四時間対局し続けているサイトがあります。もしファンの人たちが「AI同士の対戦のほうが人間の対戦よりも面白いね」と思うようになれば、棋士という職業はなくなってしまうかもしれません / “山中伸弥さんが羽生…”
ギット羽生というサイトがあるんですね。。
羽生善治は羽生善治なのにAIジャーナリストみたいになっててすごい■
「将棋ソフトを売る」マーケットが十年くらい前になくなったから、とは
人と機械、そしてその先・・・か
「これまでは比較する対象がなかったので、「知能とは何か」については答えが保留されていましたが、AIという比較対象を得たことで、「知能とはこういうものだったのか」と人間の知能の本質にアプローチできる可能性が出てきました。」
「 それが可能だったのは、実は「将棋ソフトを売る」マーケットが十年くらい前になくなったからなんです。強すぎて誰も買わなくなりました。」うへえ 山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」
「今の棋士には、人間同士の対局を魅力的なものにして、AI対局以上の価値をつくり出し続けていけるかが問われているんだと思います。」
オープンソースについて羽生さんの解説がものすごくわかりやすいから「平日休日にやってるの、こういうやつだよ」って家族に見せた
羽生さんの口からgithubって単語が出てくるとは思いもしなかった
> 人類の歴史は「高い知能を持っているのは人間だけ」という前提でここまで来ました。でも将来、(中略)その前提が崩れるかもしれません。
日本人の中でも間違いなく死ぬほど頭のいい二人ってだけでも面白い組み合わせ。
中身も面白い。会話もわかりやすかった。
この本は買おう。
あー、これはオモシロい。ものの見方、視点を再認識というか別の方向から見る思考訓練のたたき台として興味深い。必読。~
将棋ソフトのマーケットのくだりがおもしろい ||
"もし将棋ファンの人たちが「AI同士の対戦のほうが人間同士の対戦よりも面白いね」と思うようになれば" 逆になぜ面白いと思わないのかだよなぁ。
強い人工知能弱い人工知能ちゃんと区別されてる > | 講談社(2/3)
まさか羽生さんの口からgit hubがとびだすとは。
エンジニャー並みにgithubを語る羽生善治強すぎ
羽生さんはホント凄い。
「将棋ソフトが強くなりすぎてマーケットが崩壊した。その結果、オープンソースとしてより深く研究する対象になった」って面白いな
羽生さんが、普通にGithubとオープンソース界隈の話してるw |
AIに対する羽生さんのコメントはSF好きのコメントっぽいけど、きっと勉強してその域に達したのかな?と。
面白かった。無料でソフト作る人もいるんだね…………
見てる:
「人間は人間なりに考えたり、発想したりすることをやめてはいけない」⇒
"「ギットハブ」(GitHub)というサイトがあるんです。ギットハブはソフト開発プロジェクトのための共有ウェブサービスです。将棋ソフトはほとんどがギットハブに載っており、オープンソース" / “山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞…”
GitHub知ってるんだ!普通の人はこの記事読んで、どんなサイト思い浮かべるんだろ。
羽生すごい(小並感 /
朝からすっごく面白いコンテンツをみた!気になっていた書籍なので、買って全編読みます。/
GitHubとオープソース素晴しい😀 お二人はもちろん🤭
人の可能性を広げるAIであってほしいね/
これは面白そう。文庫化されたら(笑)是非読んでみたい。>『山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」』
羽生さんが色々全部分かってるのがすげえなあ。 /
羽生さんがGitHubを眺めてると思うと、胸が熱くなるな
"なぜ将棋のソフトが急激に強くなっているのか"の理由を知れる記事。『人間の未来 AIの未来』から一部抜粋されております。
羽生さんスゲーわ。AIの専門家かよww
Git羽生なるほど
読み応えあった。将棋AIの進化にははっきり時代背景があったんだな。 /
“ブラックボックス問題。結果はうまく行っているけれど、そのプロセスが誰にも見えない状況を人間の側が受け入れられるか。理屈としては理解できなくなって、AIが出した結果なり結論なりを信じるか信じないか” / “山中伸弥さんが羽生善治…”
「実は「将棋ソフトを売る」マーケットが十年くらい前になくなったからなんです。強すぎて誰も買わなくなりました。」|
羽生永世七冠は著書や発言を見るたびに、物事を一段階上から俯瞰して捉えているなといつも思う。 /
羽生さんからGitHubの名前が出てくるとは思わなかった。。。 /
“羽生: 将棋ソフトはほとんどがギットハブに載っており、オープンソースなので、誰でも自由にそれを使って分析や研究ができるようになっています”
羽生さんがギットハ・・・いや、すみません。
将棋プログラムってオープンソースで発達したんですね。
羽生さんはやっぱりわかってる /
なかなか良い記事。帰りに読もう
謎の秘密結社ギフハブだ…!
羽生さんがgithub語ってるのすごい。
フムフム…
羽生さんのGitHub発言だったり、将棋ソフトの歴史だったり、AIの発展と棋士という職業、知性とは何かなど極めて読み応えのある記事
はー、ちょっと興味出た、本買うか迷う
終盤は悪手の海を泳ぐようなもの、とは中原永世名人の言葉。ギリギリの終盤戦では、正着(正しい手)はほぼ1つしかない。残りの手は全部間違い。

将棋観戦の楽しみ方はここ2年で劇的に変わりました。

以...
GitHub、オープソースってやっぱすごい、という記事でもありますね。今やオープンで誰もが簡単にAI使えるので、いろんな分野で適用されそうです。
一方で、AIが汎用的か、と言われると羽生さんの仰る...
おもろかった📍知識の量もそうやけど角度も深度もすごいわ…
なんでAIの話するのに専門外のこの二人やねんと思ったけど、読み物として普通におもしろくてびっくり。
AIにWISCテストでIQ測らせてみたい /
GitHubが、かんでいたとは。。 /
マーケットが十年くらい前になくなったからなんです。強すぎて誰も買わなくなりました。マーケットがないので利害関係がない。

なるほど。
これはおもしろい。 / 山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「A...
このクラスの連中がソフトウェア開発は実利と乖離した技芸、と言ってるのがとても頼もしい。知的労働力の余剰の話として面白いなあ。>
これは面白い。
ほんとSFだーと思ってたことがドンドンカタチになっていく。
趣味がテクノロジーを作ってるというのも理解できる。
このNHKスペシャルは面白かった!
10年後にはプレ・シンギュラリティが起こると言われている中で、今の職業にこだわっても仕方ない。どんな世界が来るかはわからない。楽しみな半面怖いし、怖い反面楽しみ...
羽生さんがGitHub知ってるんだ。 /
この流れ。意外で面白い。

実は「将棋ソフトを売る」マーケットが十年くらい前になくなったからなんです。強すぎて誰も買わなくなりました。マーケットがないので利害関係がない。だったら、いっそのことオ...
「ギットハブ」(GitHub)というサイトがあるんです
羽生竜王からGitHub発言とは驚き
羽生さんが GitHub について言及してる…!?
なんか、羽生さんはエンジニアになっていても超一流だろうし、哲学者になっていても超一流だろうというのがわかるw
棋士の知識範囲じゃないぞw
人間を超えたAIを支配者と見るか神と見るか強力なパートナーと見るかで人間の反応が分かれそうだな。心地良い支配に進むんだろうけど -
“山中 ここ数年、将棋のソフトが急激に強くなっているのは何か理由があるんですか。 「ギットハブ」(GitHub)というサイトがあるんです。ギットハブはソフト開発プロジェクトのための共有ウェブサービスです。将 / “山中伸弥…”
一線にいる技術者のコメントかよってくらい理路整然としててビビる
「ギットハブ」(GitHub)というサイトがあるんです。
この羽生善治という男、ただ者ではない。 /
神々の対談
「棋士という仕事はなくなりませんか」
参考にしたい情報ですね
▼ | 現…
やっぱり羽生さんは頭いいなぁ。視野が広いしPGのこともわかってる笑
以上

記事本文: 山中伸弥さんが羽生善治永世七冠に聞いた「AIと将棋の未来」(山中 伸弥,羽生 善治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)