TOP > 政治・経済 > 飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 政和) | マネー現代 | 講談社(1/5)

飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 政和) | マネー現代 | 講談社(1/5)

216コメント 登録日時:2017-07-25 06:46 | 現代ビジネスキャッシュ

退職したら好きな飲食店を経営したい…そんな夢は絶対NG!? 飲食店経営にはどんな闇があるのか、夢だけでは厳しすぎる現実をベンチャー投資のプロが突きつける!!...

ツイッターのコメント(216)

廃業率は飲食が1番、小売が3番。共に平均を大きく超えている。今、特に難しい業種と言える。
飲食業で成功したら、全ての業種で成功できるということか!
最近はドトールでもタリーズでもタピオカ飲めるし新規の店はよほどの事がないと生き残れないんだよなぁ…
全業種を通して1番の廃業率だ(ちなみに、2番が情報通信業で15.8%、3番目が小売業の14.5%)
“欧州などは過当競争を避けるため、厳格にライセンスビジネス制を敷くなど行政が参入障壁を作っている…ストリートごとにアルコールを提供できる店舗数を決めており、その提供時間も22時までとか0時までとか取り決めが…火を使っていい店舗やダメな店舗というライセンスも“
人件費と家賃がないから成立している私の店。人口二万のキャパは年々減少。外食より中食の時代……ほんと厳しい業界だわ。頑張るけど!
だよなぁ、商売はそんな甘いもんじゃない。
確かにメイド喫茶でなければ
絶対に飲食店はやらなかったなあ…
いえ、文化的にはとても好きですが(^o^)
@A2fUfQC34BoCiJb 厳しいですよねー。僕は知人から店と同時に人材もお客さんも丸々受け継いだので、レベル50からスタート出来るという大きなアドバンテージがありました。それでも何度も潰れかけてビジョグジョになってます。今は店の隣に住むことで人件費減らして、何とかギリギリ!
チャレンジは応援するけれど、厳しいですね ▶︎▶︎
最近タイ嫁が「タイ料理店を開きたい」とか言ってるので本当困ってる。近所のオバちゃんがテキトーにソムタム作って売れるタイとは環境が違うということをまったく理解してない…。この記事参考にしたい→
化学調味料がおいしいと感じる方が多い日本。
まともな方法で飲食店経営は難しい。
そして、長時間労働で社会保障は自己責任。
独立は傷の浅いうちに撤退がいいと思います。
飲食業に限らずイベントとかいろんなもんがそうなるよね

〜お客さまが感動するストーリーやプレゼテーションが集客には必要だが、それらは特許のような形で保護できるものでもないので、模倣されやすい。実は、この模倣こそが飲食店ビジネスの難点なのだ〜
おじさん四人が新しい焼肉屋を出すかなんかで定食屋で会合。焼肉スターという店名にしたいらしい。一人がロゴを考えてて、eはどこに入るんだと。

いやいや、STARだし、店名の前に内容だろ、あとタバコを消せと思いましたとさ。

ちなみに飲食店出すのは難しいらしいよ。
実は、欧州などはこうした過当競争を避けるため、厳格にライセンスビジネス制を敷くなど、行政が参入障壁を作っている / | マネー現代 | 講談社(1/5)”
飲食店は経営のプロがやっても成功するとは限らない業態。
だから私は仕組み化できて現場には入らないオーナー業でも収益が出しやすいネイルサロンを4年前に始めました。
>> お客さまが感動するストーリーやプレゼテーションが集客には必要だが、それらは特許のような形で保護できるものでもないので、模倣されやすい。実は、この模倣こそが飲食店ビジネスの難点
料理ってレストラン探しの大きな要素ではあるけど全てじゃない。
そして、オーナーシェフが思うほどには重視されてない。
でもオーナーシェフは自分の料理が客を呼んでると思っている。
その辺りの意識の違いが、飲食の廃業率が高いのと関係あるのかな…
飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 | マネー現代 | 講談社(3/5)

隣に新しい競合店ができても、その場で戦い続けなければならない。栄助もそんなかんじ
こえー
「飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている」
めっちゃおもしろかった
結構面白かった
僕も脱サラする時、多くの人に反対されました。でも応援してくれる人もいて、心強かったのを覚えています。
なので僕は、店に来てくれる若者達が独立や転職を自己決断でするのなら、そっと背中を押し、ずっと応援したいと思います。
2017年記事。第3ページで説明されている欧州の飲食店ライセンス、営業権、の仕組みが面白い。レストラン料理代金に関係する。
確かに飲食店経営は難しいです。
しかしオーナー店長が自分の生活費を稼ぐというのならそこそこやれます。
おもしろいな〜wいつか聞いた日高屋の戦略を思い出した
「確かに家族だけでやる飲食店は強いですね。」
イベント経営に手を出したら、その先には「天国か地獄」が待っている
他業種から来た人は、まあまず体力が保たないわな。
@takapon_jp あれ、これ見た事あると思ったら現代さんのやつっすね。私が昔から言ってた事と似てて、こんなに分かりやすく説明出来る人間ってやっぱいるんだな、と感じました。堀江さんのサラリーマンは300万で会社買いなさいっていう本ももちろん読ませて頂きました。
日本の飲食業のレベルは、廃業率の高さに支えられている。競争あるところ良いサービスあり。
飲食店経営に手を出したら  、その先には「地獄」が待っている 代ビジネス
結構誇張されてるけど大体あってる
事前の情報・リスク把握をせずに、安易に事業をはじめて過酷な競争環境で負け続け、初期の設備投資で資金が枯渇してしまう…というのが「飲食業の負けパターン」 / 政和)…”
ちょっと前の記事だけど面白い。商売ってのは大変だねぇ…(´・ω・`)

“はっきりいおう。飲食業は、経営学の本に載っているフレームワークを全て詰め込んで、ようやく土俵にあがれるような、極めて困難なビジネスなのである”
うーん。負け戦なのだろうか。
> だいたいのお店の日替わりランチメニューが、前日の夜の食材転用であるのは、みなさんご承知の通りである。

日替りでもランダムではなくローテーションの店も多いけど……。
地獄か、、、だろうな、、、⇒
な、なるほど。人件費な。
「飲食業は「基本的には勝てないビジネスモデル」だということである。これはもう、断言してもいい。」
確かになあ。初期投資が大きくてキャッシュフローも厳しいって、もはややる意味あんの?というレベルだなあ。。。
後ろ向きなタイトルだけど、現実は厳しい事には変わりない。
町中華は残り、あなたの店が潰れる理由
@toire_komoru 自宅兼店舗型は、費用が安く済むらしいですよ。
そう言えば、バンブーブレードのアニメで、顧問の親が酒屋だった自宅をコンビニに変えていた話がありましたね。

< 町中華は残り、あなたの店が潰れる理由 >
美容室も同じような道を辿るのか。参入障壁の低さの割に、少子化、免許制度によりなり手が減少のカオス。
親見て飲食はマジで大変だとしみじみ思った。30年以上続いてるのは奇跡だなぁ。
なんという良記事。僕も「将来飲食店やりたいんだよね」っていうひとには「儲からないし大変だよ」って言ってます。factory?いろいろ幸運なのでやれてます☺️/
しかも この記事には 飲食店が潰れない方法として「なぜ、郊外のさびれた中華店が存続するのか」と説明している。成功方法を述べているのに飲食店はダメという
「自分のお店を持ちたい!」そう思っているあなたにちょっと待った!

日本における飲食店での開業は勝てないビジネスモデル。

@310JPN さんの記事を読むべし!
おもしろいなー
確かにこの商売の本質って味や品質じゃなくてブランドとストーリーだと思う
飲食店経営は面白そうだと思うけど、ハイリスクなんだね☺️
儲けを度外視して遣るくらい金を持ってないと遊びでは出来ない
驚異的なFL叩き出してるのがうちの店
飲食店経営は難しいという事。
特に初期費用と固定費、人件費が多すぎる。
もちろん、可能性はゼロではないけど…
余り物処理が日替わり定食に。ネーミング次第だ。/
基本的にそういうこと。レストラン産業で優良企業を作るなんてこの世界で1番難しい、というか、物理的には皆無に近い。それ前提条件としていつも考え経営しています。
分かりやすい。 >
これはシミジミ分かる😑
それでも続けてる人、出店する人、もう尊敬しかない。。
★近所には結構賑やかな二つの商店街がある。最近飲食の新規開店が多い。帰りがけに店を覗くが客はいない。だから2週間ほどで閉店する所もある。夢を見ると良い事しか見えなくなるんだ。
厳しい業界だな 飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 | 講談社(1/5)
@groovegoround 本当にそうですね。最近うまく文章にまとめた記事があり、勝てないビジネスモデルという言葉に納得してしまいました
@ulon4 これですね? わかります。
起業するならコンビニがいいんじゃないの
飲食店経営にはメリットが無いんでしょうかねー。
スーパーのお惣菜は前日の食材のあまり、というイメージはあったが…。 >
>飲食店・宿泊業の廃業率は18.9%となっている。
飲食店は、10店開業して5年で7店つぶれるとか聞いてたけど…
大阪高裁の裁判官の店はどうなったんだ?
飲食店起業のリスクは概ね想定してたものと合致していたが、やっぱ凹むなあ。。→  一応「自宅」(若しくは「屋台(車)」)&従業員「俺のみ」のスモールビジネスでイメージしてんだけどなあ。。
やっぱりか…。 飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている
日本の飲食とか世界で最も熾烈な競争やってる分野だから、経営能力がないと続けられない。ただ小規模の場合、人件費を考えれば本人に調理能力がないと難しい。両方持ってる人などそうは…
そうだよな~。でも、ウチのいる業界も似てるかも。
カフェで、隣にスタバが来たら終了のやつだ。
ブログという在庫も仕入れもないローリスクなもので生計を立てていた僕は、飲食店をやることに当時反対していた。

実際に経営してみたらやっぱり超絶むずかしいのだけど、その分自分がとても成長できるし、なによりオモシロイ。強敵に挑んでる感。
「飲食店お試し店舗」かってくらい、半年とか数年スパンで入れ替わり立ち替わり店が変わるとこあるしなぁ。
客単価や人件費と場所代をちょっと想像すれば、とてもじゃないけど儲からないとわかるはず。
なかなかおもすろい記事であった。そりゃそうだ、自分で店持って料理をつくろうなんてのはみんな腕におぼえありだろうし
これはよい記事である。
脱サラでやっている飲食店(喫茶店、ラーメン屋など)は、なぜか、それとなく分かるよな。微妙に素人感を隠し切れない。:
これはとても参考になる。飲食店経営、ベリーハードどころじゃないな。
街の古びた、老夫婦経営の中華料理屋がなぜ存続できるのかようやくわかった
規制緩和諸手論者はこういう事実は無視?
「欧州などはこうした過当競争を避けるため、厳格にライセンスビジネス制を敷くなど、行政が参入障壁を作っている」
廃業率が高いのはサービス業(雰囲気&イメージで売る商売)ばかり (^_^;
経営はしてないけど管理側だったから、うっすらわかる。
そうだろうと思ったから僕は「ながら経営」しています。楽しいよ/
飲食がブラックになりがちな理由ですよな
逆に言えば毎年焼きいも屋が回ってるのって、場所的制約はあまり無いし、コストも低いからよね
新規参入は多いんだろうけど
飲食は誰でもできるが、頭が良い人しか儲からない業種だと思います。

「飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている」
うむ。。
まさに…実家も最後は店を閉めた。続けることは本当に難しいと思う。|飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 | 講談社
なるほど納得。 >飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 | 講談社
消費者は基本、新しもの好き。飽きられる前に新業態を展開していかなければならない。人材確保・設備投資にも金がかかり、移動もできないという外部環境に依存することから、自助努力では対応できないリスクもある。経営のキモは味ではない
飲食業は絶対しない
腐すだけ腐して対案出さないのって死ねばいいのに(;´Д`)貶すだけなら誰でも出来る
ツイート見てたら…。
「地獄」ーコンサルの目からね。儲けようとする観点で行くと日本ではね〜。
ふむふむ。
お客様に満足していただいて、お店も生き残っていく為に、
日々、勉強と努力が必要ですねヽ( ̄▽ ̄)ノ
シンガポールで飲んだくれてる私が言うのもなんたが(°▽°)
ノウハウが出まくっている分野はノウハウを提供している人しか食えない印象。法則が情報提供よりも儲かるのなら言うわけない。 -
これはほんとその通り
>はっきりいおう。飲食業は、経営学の本に載っているフレームワークを全て詰め込んで、ようやく土俵にあがれるような、極めて困難なビジネスなのである。
参入障壁が低い=誰でもできる=レッドオーシャン、ということですね。私も飲食だけは避けました。起業は失敗するのが基本だけど、あえて失敗確率が高い飲食をやる理由はない。
いちごメロンパンの移動販売とかダメかなw
飲食業がなぜブラック化するのか考えれば分かる話。誰でも参入できる分競争率は高くなるよね。 / | 講談社(1/5)”
もっと見る (残り約116件)

記事本文: 飲食店経営に手を出したら、その先には「地獄」が待っている(三戸 政和) | マネー現代 | 講談社(1/5)

いま話題の記事