TOP > 政治・経済 > 「武器輸出大国」を目指す安倍政権の野望と現実(古賀 茂明) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

「武器輸出大国」を目指す安倍政権の野望と現実(古賀 茂明) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

武器輸出に前のめりな姿勢を見せる安倍政権。『武器輸出と日本企業』の著者で東京新聞の望月衣塑子記者と、元経産官僚で、安倍政権への厳しい指摘を繰り出す古賀茂明氏が、意見を交わした。...

ツイッターのコメント(27)

@tamutomojcp @jcp_cc 今の政権は武器輸出を解禁した。勿論国内製造。
戦争の為には国内で武器を製造するのに、何故コロナと戦う為のマスクや手袋、防護服、ゴーグル等は国内製造を中々実施しないのだろうか?
少し前の記事だけど。原発にも触れていて興味深い。海自が心配である。

外務省は基本的にアメリカといっしょに世界中で戦争できる国にしたいのでしょう。安倍さんに考えは近いのかな、と思います。

@gendai_biz
@namiekuwabara ◆「武器輸出大国」を目指す安倍政権の野望と現実(古賀 茂明)
武器ビジネスに光明を見出す人たち

三菱重工、川崎重工を国策会社にもくろむ首相。三菱グループの上田氏がNHK会長に収まり、安倍政権へ誘導報道、ウインウインの関係です。
@DOTEIOJISAN @MA72717027 @yamatogokorous 戦争に向けて準備しよう!なんて書いてなくてもソンタクしてる奴らが居ることに気づけタコwww
幣原喜重郎「非武装宣言ということは、従来の観念からすれば全く狂気の沙汰である。世界は今一人の狂人を必要としているということである。何人かが自ら買って出て狂人とならない限り、世界は軍拡競争の蟻地獄から抜け出すことができないのである。」
会見で管官房長官に食い下がった東京新聞の 記者は日本政府の武器輸出と企業について追い続けています。
その望月氏と安倍政権への厳しい指摘を繰り出す古賀茂明氏の対談記事です。
この記事、全体の論旨とは別に、「P-1、C-2に関してはもう「どんがらだし」といいますか、中身のシステムはアメリカ製」というのは事実じゃないんだ・・・。
(´・ω・`)
@koga_nihon @ISOKO_MOCHIZUKI
戦争に加担する商売をしたい人間が、現在のこの日本に居ますか?
理解出来ない。
これを見過ごしている日本人は罪だな。
@iwakamiyasumi 日本で2度目となる武器展示会「Mast Asia 2017」が幕張で行われた。日本からは、日立製作所、三菱重工、川崎重工、NEC・・・(古賀茂明氏、東京新聞・望月衣塑子記者/現代ビジネス)
現場から遠い人ほど吠えるのはよくあることだけれど、ひとたびサプライチェーンができてしまうと止められなくなることも多い。特にメンテが欠かせない軍事と原子力は転落確実でまずいと思う /
「武器輸出大国」を目指す安倍政権の野望と現実:古賀 茂明×望月衣塑子
「古賀: 日本が得意な繊維技術とかレーダー技術などではなくて、見た目の派手さを優先するということですね。」
脳味噌戦前回帰だわ
②《「安倍さんがんばってください、私たちを守ってください」、とみんな塚本幼稚園になってしまいます》←こんなのダメだ❗️
要するに世界は今一人の狂人を必要としているということである。何人かが自ら買って出て狂人とならない限り、世界は軍拡競争の蟻地獄から抜け出すことができないのである。(続)
加計学園問題で政府が追い詰められた要因は、①前川前文科次官の告発、②文科省現役職員の捨て身の告発、③官邸記者クラブの妨害と戦いながら、菅官房長官を追い詰めた東京新聞望月衣塑子記者の追求。
武器輸出のプロ望月さんとの対談です
死の商人に未来無し!平和産業を望みます
〜そんなことは国民から見ると「えー!それはおかしい」となりますよ。軍事費のために年金削る、医療費削る、子育て、介護はどうするの、と。
長いけどオススメ

最後まで読んでね
軍拡から抜け出す為の覚悟とは何なのかが書かれてる。私も賛成。今の日本は歴史を見ようとしていない
《 世界は今一人の狂人を必要としているということである。何人かが自ら買って出て狂人とならない限り、世界は軍拡競争の蟻地獄から抜け出すことができないのである。世界史の扉を開く狂人である。その歴史的使命を日本が果たすのだ。》
「おそらく日本は、常に赤字にならない、必ず政府が赤字を補てんしてくれるような軍需専門企業を作るために、支援制度の枠組みを整えているのではないか」
「武器輸出大国」を目指す
🔴安倍政権の野望と現実

👤古賀 茂明氏
急激に変わりつつある
日本の武器輸出の動向
世界の列強入り…。いつか来た道…( •᷄⌓•᷅ )
➡︎
以上
 

いま話題のニュース

PR