TOP > 政治・経済 > 佐藤優が説く!いま日本人がヒトラー『わが闘争』を読むべき理由(佐藤 優) | 現代ビジネス | 講談社

佐藤優が説く!いま日本人がヒトラー『わが闘争』を読むべき理由(佐藤 優) | 現代ビジネス | 講談社

26コメント 2016-10-15 06:32  現代ビジネス

「名著」とはやや異なるが、名前だけは有名でもほとんど読まれたことがないのが、「ナチスの聖書」と呼ばれた『わが闘争』だ。

ツイッターのコメント(26)

4年前に書かれた佐藤優氏による「いま日本人がヒトラー『わが闘争』を読むべき理由」。
 ヒトラーの日本人蔑視思想の部分は、戦前の翻訳からは削除されていたそうで、昔の日本人は知らなかった。僅かに、“極右思想家”蓑田胸喜がドイツ語で読んで、大使館に抗議したそうである
4年前の記事だけど、佐藤優さんがヒトラーについて書いたものがありました。
「あらたな装いで現れるナチス思想に対する耐性をつけるためにも、『わが闘争』を批判的に読んでおくことが重要と思う」

@gendai_biz
日本民族をもしっかりと見下していたヒトラー。

⬆️保守を自称する人達がヒトラーを擁護する理由は何なの?大いに疑問を持とうよ❗

歴史に残る残虐行為が行われた背景。

" @gendai_biz "
自分が病身であり欠陥があるにもかかわらず子どもをつくることはただ恥辱であり、むしろ子どもを生むことを断念することが、最高の名誉である/国家は成人よりももっと子どものことを心配しなければならない / “佐藤優が説く!いま日本人がヒ…”
@muryoko22 専門分野じゃなくて一般の日本人が我が闘争を読めって言ってる人がいるんですけどw
「戦前の『わが闘争』の翻訳からは、ヒトラーが日本人を侮蔑している箇所が削除されていた。」って、デマじゃなかったっけ。
ナチスに近いのは別に意外ではないけれど。
検閲部分が今の日本の状況的確に言い当てててやっぱアドルフおじさんは只者ではないなと思いましたまる
以前麻生太郎がナチスの手口を学べと言ったし「しくじり先生」でも取り上げたヒトラー。
国家を主体にして、すなわち日本が強国として生き残るために少子化問題に取り組まなければならないという発想は、気をつけないとナチス型の国民管理につながっていく。
こりゃまたタイトルだけで釣られるバカが続出しそうな記事でw
まさか、無批判で本を読む人は居ないとは思いたいのですが。



欧米のヒトラー絶対悪は行過ぎ。が、全肯定も間違い 。倫理感に照らした適切な善悪の判断に期待したい。
佐藤氏が書いていることと、現代誌が書いている「日本がナチス化する云々」はつながっていない。
むしろ少子化対策では移民だの外国人だのが議論されている。
新たに発覚した日本人への侮蔑←新しくも何ともない事を…
// …興味はある。
社会主義共産主義が闊歩してる😑確かにナチスだな
いいことも書いているらしい。>「国家は成人よりももっと子どものことを心配しなければならない」
ヒトラーを賞賛する著名な医者もいる時代だから「我が闘争」を批判的に読むことは必要だと納得出来る。
現職障害者の私としてはヒトラーに全面賛成なんですが
障害が高い確率で遺伝するのをわかってて子供産むなんて無責任と非難されて然るべきでしょ。
佐藤優は好きじゃないが。。
さすがに鋭い指摘。ただこの本かなり疲れるんだよな😅
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR