TOP > 政治・経済 > 「出戻り」新井貴浩、屈辱と意地の物語 ~裏切り者の烙印を押されて(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

「出戻り」新井貴浩、屈辱と意地の物語 ~裏切り者の烙印を押されて(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

14コメント 登録日時:2016-10-08 06:47 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

どのツラ下げて帰ってくるんじゃ—。罵られても仕方がない。それでも、再び受け入れてくれたファンの思いに応えるには、勝つしかない。覚悟を胸に古巣に戻り、チームを頂点に導いた男の軌跡。...

Twitterのコメント(14)

「どのツラ下げて」というより、「戦力になるのか」というのが私の本音だった。ここまでやってくれるとは思ってなかった。感謝しかない。
新井さん辞めないで(´;ω;`)
カープは今年きっと日本一になるような気がする。
絶好の場面でこの男が登場し、やってくれるシーンを想像してしまい、ワクワクが止まらない。
新井伝説~♪
新井さん引退……平成が終わる……
過去記事だけど泣いてしまった。
しつこいが、私は最初から「裏切り者」とは思っとらんかったぞ。
当時のチームの状況からすれば、仕方の無い事だった。
これもいい記事だよなぁ→
「意地」という言葉が好きだ/
イヤイヤ...とっても良い記事。おぢさん思わず泣いてしもたよ...
新井さん来年もがんばってね(∩´ω`∩)
もし阪神に移籍しなかったとしたら、広島の優勝はもう少し早かっただろうか?
〜裏切り者の烙印を押されて(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) ええ記事
[現代ビジネス[講談社] | 最新記事]
以上

記事本文: 「出戻り」新井貴浩、屈辱と意地の物語 ~裏切り者の烙印を押されて(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)