TOP > 政治・経済 > 安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。昭和史研究の第一人者が問う「軍服を着た首相」の歴史観() | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。昭和史研究の第一人者が問う「軍服を着た首相」の歴史観() | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

この夏、『安倍首相の「歴史観」を問う』を上梓した保阪正康さん。昭和史研究の第一人者の目に、安倍首相の言動はどう映っているのか?...

ツイッターのコメント(17)

安倍首相は、戦前の軍指導者と酷似。
昭和史研究の第一人者「軍服を着た首相」
@gendai_biz
安倍を辞めさせないと本当に日本は
危うい。
自民党政権になってから、独裁的な
蛮行が続いてる。
昨日13日の国会答弁で立憲の本多議員とのやりとりを聞いて完全に国会を私物化、まるで昔の総会屋だ💢
今読むとよりわかりやすい。「歴史は、復讐する」
@shiba_masa 実際にそういう事を言って安倍批判をしている人はいますよね。
 
自分が言っていないから撤回してとか
謝罪まで求めてくるような人は某国人みたいな。
また差別がどうこう言われるかな?w
大変ですが頑張ってください。
昭和史研究の第一人者・保阪正康「安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。」 …
@Eriko_imai @D_Suzuki_Muneo
怪しい研究者とか、もう信用されてませんから(笑)

◆昭和史研究の第一人者・保阪正康「安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。」
昭和史研究の第一人者・保阪正康「安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。」
ポツダム宣言の第10項に「戦争を起こした指導者の裁判を行う」と書いてあった。それで、裁判の資料になるものを全部燃やせと命令を…自分の保身のこと
《安倍首相の答弁や言い分は、戦前の軍事指導者と酷似している。「軍服を着た首相」の歴史観》
戦前、行政府が立法府を意のままにできると端から考えていた証拠=安倍総理の答弁や取り巻きの言動
彼が軍服を着ていると想像すると、整合性のない言動にも納得がいく!!
歴史を蔑ろにする者は、歴史に復讐される
安倍首相もそれと同じような心持ちでいるのではないか。彼の答弁を見てもそう。いつも同じような枠組みで答弁していて、具体的に問われていることに答えてない。それは軍服を着た、当時の軍事指導者そのものです
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR