TOP > 政治・経済 > 日本は世界の大国でいられるのか? 元ゴールドマン・サックスのアナリストが見た日本の真の実力(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

日本は世界の大国でいられるのか? 元ゴールドマン・サックスのアナリストが見た日本の真の実力(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

アトキンソンさんは、アナリストとして...

ツイッターのコメント(34)

日本のGDPが高いのは先進国の中で人口が多いから

おもしろい
・中国人が日本で「爆買い」しているという報道もありますが、アメリカに行った中国人は平均66万円使っているのに、日本では23万円だけ。
なぜアメリカの3分の1にすぎないのかを冷静に分析しないといけません。

爆買いも嘘だった…?
@osakapolitics では政令市制度が経済発展を促進するという論拠を説明してください。ちなみに70年までの戦後復興期から高度成長期にかけての経済成長は政令市制度とは無関係でしょう。戦前からの基盤が存在した上に、人口の急増が重なった結果に過ぎず、「必然」だったと見るのが妥当ですよ。
ちょっと古い記事だけど、その通り。
日本の多くの会社は、無駄な手続きが多すぎるし、決断が遅すぎる。
事なかれ主義で、誰も責任取りたくない
「戦前から日本は経済大国で、GDPは世界第6位でした。江戸時代末期にはすでに世界5位だったという研究もあるほどです」 デービッド・アトキンソン
なるほど。「 元ゴールドマン・サックスのアナリストが見た日本の真の実力」
世界の奇跡と言われる高度成長が人口のおかげ・・・これから日本の人口は減っていく…
日本人は忘れていますが、戦前から日本は経済大国で、GDPは世界第6位でした。江戸時代末期にはすでに世界5位だったという研究も
「これからの日本はこれで食っていくんだ!」という強い産業があればいいんだけどね。藻類バイオマスとか伸びて欲しいなぁ。 / “日本は世界の大国でいられるのか。株価上昇は手放しで喜べるのか。元ゴールドマン・サックスのアナリストが見た日…”
"@gendai_biz: 【日本は世界の大国でいられるのか?】アナリストが見た日本の真の実力  "

一人あたり換算GDPは26位……
元ゴールドマン・サックスのアナリストが見た& thanks @AkaneSato
「日本はGDPで江戸時代末期にはすでに世界5位だったという研究もある。敗戦で大きな打撃を受けたのは確かですが、先進国には異例の人口の急増で高度経済成長」 / “日本は世界の大国でいられるのか。株価上昇は手放しで喜べるのか。元ゴール…”
“日本人は忘れていますが、戦前から日本は経済大国で、GDPは世界第6位でした。江戸時代末期にはすでに世界5位だったという研究もあるほどです。世界の国々が日本を脅威に感じたのもそのためです。”

日本の真の実力
印象論だけで語ってはダメってことよね。日本の強みが多様性である点に同意。 /  インタビュー「書いたのは私です…”
@May_Roma 上司に言われて穴を一生懸命掘って、終わったら埋めろと言われてまたやっているだけ。これではどんなに真面目に働いても経済効果はゼロ。一人あたりGDPが26位と低迷するのも、無駄が多すぎるからです。 すごい記事。
中国人の爆買いといってもアメリカの三分の一しか使ってないのか。
消費したいと思うコンテンツがまだまだ少ないってことか。
元ゴールドマン・サックスというだけで、どうも眉に唾して聞いてしまうんだよなあ。 /  インタビュー「書いたのは…”
「アメリカに行った中国人は平均66万円使っているのに、日本では23万円だけ。」

あっ、滞在日数が違うんじゃね。
この人、最近本も書いてたけど、割と気になってる。 /
元ゴールドマン・サックスのアナリストが見た&

この本は読みたいな。
日本人ウケは決して良くないし、身も蓋もない話だが、
『日本が生産性高くないのに経済大国なのは人口が多いから』ってのは事実かもしれない…笑
一人当たりのGDPは26位orz
供給側から見れば、
GD...
アトキンソン氏は基本的に悲観論者だからなぁ。悲観論が当たりそうなときに発信力が強くなるのは感心するが… /  …”
それはさておき、このインタビューでの指摘はいろいろとその通りだと思う:
これは、けっこう重要だと思う。日本人は、勤勉ぶってるけど実はあんま勤勉じゃない。でも、一億って数は、なかなか強い。 / 一人あたりのGDPは決してよくない日本が世界第2位の経済大国だったのは、先進国のなかで「人口が多い」から
» 中国人が日本で「爆買い」しているという報道もありますが、アメリカに行った中国人は平均66万円使っているのに、日本では23万円だけ。なぜアメリカの3分の1にすぎないのかを冷静に分析しないといけません。 日本は世界の大国でいられるのか
| 現代ビジネス [講談社] 意味の無い書類を作らされて...生産性低い...その通り納得!
日本は古いものを遺しながら、さらに、新しいものを加えている。 /  インタビュー「書いたのは私です」デービッド…”
なぜ世界第2位の経済大国なのか
「高い技術力と勤勉さ」によるというのが一般的ですが、GDPは経済の総額。最近になってわかったのは、一人あたりのGDPは決してよくない日本が2位だったのは、先進国のなかで「人口が多い」から
わりと客観的で冷静な評価 "日本は世界の大国でいられるのか。株価上昇は手放しで喜べるのか。 インタビュー「書いたのは私です」デービッド・アトキ"
「一人あたりのGDPは決してよくない日本が2位だったのは、先進国のなかで「人口が多い」から。」 /  インタビ…”
…人口が多いからGDPが多く見えるだけで、実際の労働効率は悪い。文化財は多いのに景観が悪く、海外からの観光客が増えたと言われるが、実際には金を使う客が少ない…。わりとダメダメってことじゃん…。 / “日本は世界の大国でいられるのか…”
インタビュー「書いたのは私です」デービッド・アトキ”
| 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]
元ゴールドマン・サックスの ...: ―アトキンソンさんは、アナリストとして'90年代、日本の銀行が抱える不良債権額が20兆円にも上ると指摘して論争を巻き起こしました。その後、文化財を修...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR