TOP > 政治・経済 > 甲子園決勝再試合の夏から7年…早稲田実業 駒大苫小牧 栄光の球児たちの「その後」(フライデー) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

甲子園決勝再試合の夏から7年…早稲田実業 駒大苫小牧 栄光の球児たちの「その後」(フライデー) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

'06 年の夏、舞台は甲子園―。延長15回の末引き分け再試合となった早稲田実業と駒大苫小牧の決勝戦は、高校野球ファンのみならず...

ツイッターのコメント(40)

@gendai_biz BS1でやってる甲子園決勝再放送を見て検索してみたよ。
この記事だ
スポーツ推薦で大学に入っても途中で部活を辞める人もいっぱい居たし自由だと思いますよ。
僕は輝かしい成績は残せなかったけど、それでも「高3の引退」時の喪失感と無力感は大学3年まで引きずっていたと思う。
こら面白いわ いい記事だわ 泣ける
1年前の記事にはなるけど非常に関心を持って読むことができた。
おおおおこれは!!!
甲子園決勝再試合の夏から7年早実  「年間1億円ほど稼ぐような選手にならない限り、野球に人生を捧げる価値はありません。選手の寿命は短いので、稼げなければ引退後の人生に大きな不安を残すわけですから。
今更ながら、気になったので・・・(笑)!
川西は留年してどうなったかと思えば電通に行ってたな、そういや。
こりゃあ一貫校入試に呉父母が躍起になるの理由がわかる。
この二年前くらいから駒苫ってアツかったよな、、、懐かしい
離れた後の戻り方って人それぞれだろうけど、自分が素直な気持ちで音楽に戻って来れたのは去年くらいのこと。全然聴かない時期もあった。
同世代の記事とても刺激になるな。。自分まだ大学にいるけど。:
この中の誰が負けているのか。 RT @gcpx24 無慈悲な記事だけど、無責任なこと言うけど、負けないで欲しい。
空気が動くのってなんでなんだろう。
それぞれの球児の進路が載ってて、中に不明というのもあった。そこまで詳しく載せなくてもなと思ったな。
球児の数だけドラマがある。野球が全てではないんだな。
無慈悲な記事だけど、無責任なこと言うけど、負けないで欲しい。
「あの試合」を戦い抜いた選手たちは「諦める」わけにはいかない。諦めるには、あの日摑んだ「誇り」が、あまりにも巨大過ぎるのだ。
あの夏甲子園を沸かせたレギュラーメンバー18人でプロ入りしたのが斎藤と田中の2人だけだったとは。プロ入りの厳しさを感じる。
“ | 現代スポーツ | 現代ビジネス [講談社]”
早実が非常に早稲田臭い件
何かいろいろとモニョるけど、人生の中で高校時代なんて、良くも悪くもそんなもんだよね。
| 現代スポーツ | 現代ビジネス [講談社]: '06...
掴んだものが大きすぎたが故の苦しみ。あの試合はテレビで見てたけど震えた。
ちょいと感動( ;∀;)
懐かしいなぁ…:
フライデーにしては面白い!“@miu3104: これは面白い記事”
これは面白い記事
全般的にみて、両校メンバーの「その後」の進路に格差があることは否めない。駒大苫小牧のメンバーの中に「不明」とあるのは本当なのか。
私も最近燃え尽き気味なのでちょっと参考になったかもしれない.
高校野球はそこまで興味ないわたしでも、この試合はよく覚えてる。ちょうど同い年ですし。
甲子園で観戦したけど、あれから7年もたったんや。RT @gendai_biz: 甲子園決勝再試合の夏から7年…早稲田実業 駒大苫小牧 栄光の球児たちの「その後」
興味深い▽
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR