TOP > 政治・経済 > 1200万人がやっているサラリーマン「節税」と「脱税」の境目(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

1200万人がやっているサラリーマン「節税」と「脱税」の境目(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

国税庁の新人職員は「脱税は殺人と同じくらい重い罪」と教え込まれる。「国家の根幹」を揺るがす犯罪だからだ。とはいえ、税金は安ければ安いほど嬉しいのも事実。一線を越えない節税の方法は—...

ツイッターのコメント(25)

後でゆっくり読みます♫
配偶者控除が受けられるかどうかの境界線が103万円で、奥さんがそれ以上稼がないよう、調整している家庭もあると思います。でも実は、150万円稼ぐ能力が奥さんにあるなら稼いでもらって、その分を全額、実家
100人以上から、年額7〜8万円の手数料で教えていたという事は、単純計算でそれだけで年収700〜800万以上稼いでたっていうことか。
色々あるんだ。⇨
本業でも安月給ってことなんじゃないすかね(笑)。ちなみにやりすぎると脱税になるので要注意です。 RT @shinji_japan にしても本業の源泉徴収丸ごとで5万10万て事も無さそうな
扶養控除……そういうのもあるのか。
>配偶者控除38万円がなくなる代わりに、扶養控除192万円が受けられるわけですから。
『同居していない親の控除額は48万円。夫婦それぞれの両親が扶養控除の対象になれば、×4で192万円が控除されます』 /
1200万人がやっている  [講談社]
確定申告で雪かき控除!?
国税庁の新人職員は「脱税は殺人と同じくらい重い罪」と教え込まれる。←一方でこれは罪にならない!→ 勝栄二郎前財務次官の補正予算500億円“ブン捕り”
国税庁の新人職員は「脱税は殺人と同じくらい重い罪」と教え込まれる。とはいえ、税金は安ければ安いほど嬉しいのも事実。一線を越えない節税の方法は—。
以上
 

いま話題のニュース

PR