一連の「弱者男性論」言及から見えて来た「弱者男性」概念のコアとその将来への提言 ―フェミニズムとのコンフリクト― - あなたとあなたの話がしたい

クリッツァ―さんの「弱者男性論」に批判的に言及した記事を発端として、Twitterやはてな匿名ダイアリー(通称「増田」)で「弱者男性」の議論が盛り上がっている。クリッツァ―さんの記事では「キモくて金の...

ツイッターのコメント(12)

弱者男性論について聞かれたので関連記事をざっと読む。
なぜ弱者性単体で問題提起されず「男性」がつくのか疑問だったけど、環さんの記事で言及されている「特権を持つ集団(強者)として一般化されることへの抵抗」という理解に納得。
うーん……「弱者男性」が「女性」と協同して「男性中心ホモソーシャル」をぶち壊すまで、この概念は解体しちゃダメ。
ちなみに「どうしてフェミニストに文句を言うのか、メンズリブをやればいいのに」という頻出の疑問については、先日の私の記事を読めばどうしてそうなるのか分かります。 /
読みました

202104/08

よい概説 一読推奨
「男性が一枚岩の強者でない」という現実に立脚すれば、「強者になりたい」という願望も無効化されうるという板挟み。/
こちらも拝読。全面的に同意ではないがまっとうな議論が出てきた印象。これを機に対立煽りビジネスは退場の流れになるといい>
確かに「KKO」などというのは煽るための言葉と言えるかも。「「弱者男性とかKKOという言葉や概念は解体」し、この用語を敢えて使わずに自身の関心を正確に語る試みがなされても良い」
相変わらず雑感止まりのぬるい記事だが、【決してフェミニズム的価値観を押し付けるようなことはしないけれど、フェミニズムがどうしようもなく嫌いという方には合わない場になってしまっているかとは思う】もうメンズリブを辞めたいんじゃないの?w
この議論対立煽りがめちゃくちゃ酷くて意見拾ってるとゴリゴリ精神が削られるので、冷静にまとめてあって助かる /
「《男性は皆全員強者だ》論を見たときには、『こんな惨めな人生でも強者あつかいか……』とは思ったんで、せめて強者として扱うのはやめてほしい。どうせ救われぬ人生だけど、救われなかったことくらいは認めてほしい」
あれは酷い言葉の投げあいだった。
以上
 
PR
PR