TOP > スポーツ > 長男誕生翌日に衝撃の通告 大洋ドラ1が忘れられないオレンジジュースの味 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

長男誕生翌日に衝撃の通告 大洋ドラ1が忘れられないオレンジジュースの味 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

13コメント 登録日時:2020-05-23 08:03 | Full-countキャッシュ

川崎球場を本拠地とした頃の大洋ホエールズ(1955~77年)および、横浜スタジアム移転後の横浜大洋ホエールズ(78~92年)を懐かしむファンは多い。いずれも横浜DeNAベイスターズの前身にあたるが、現在とはまた一味違う魅力を放っていた“鯨軍団”の戦士たちに、スポットを当てる連載企画。今回は、古葉竹識監督時代にレギュラー三塁手と...

ツイッターのコメント(13)

銚子さん懐かしい!
| Full-Count
酒豪の須藤監督が下戸の銚子に差し出した別れの酒の話にうるっと(T_T)
打てよチャンスだ銚子
気迫の一振りで
勝利を呼べ
勝利を呼べ
フェンスを越えて!
銚子選手いたなあ、あの頃は銚子商業出身のうーやん、土屋投手など中日や篠塚選手などプロにゴロゴロ銚子出身の人がいたが、最近はめっきり聞かなくなってしまった…
「市立銚子の銚子君」と言われていて打球を受けて退場した試合は記憶にある。千葉商は関根投手が居た時代かな? 法大では小早川さんと同期だったか。エースはプロには行かなかったが和田投手だったかな?
ヒッティングマーチがマイ・フェア・レディだった
この「乾杯しよう」、どんな気持ちで言ったんだろう?
懐かしい選手だ
当時、近くに住んでることが判明して、友達と自宅を見に行ったなあ
珍しく、利ちゃんが記事になっている。このトレードの時から須藤が大嫌いになり数年前のレジェンドマッチまで長い間もやもやが消えなかった。
我が小学校の偉大な先輩。
子供の頃、すげえと思って、甲子園観てたなぁ。。
今回は、古葉竹識監督時代にレギュラー三塁手として活躍した銚子利夫さん(現法政大学野球部助監督)が登場。劇的な野球人生を語る。
以上

記事本文: 長男誕生翌日に衝撃の通告 大洋ドラ1が忘れられないオレンジジュースの味 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

いま話題の記事