TOP > スポーツ > Full-count > 2019年のFA...

2019年のFA市場はどうなる? 目玉は西武秋山、広島は4選手が権利取得か | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

15コメント 登録日時:2018-12-07 12:11 | Full-countキャッシュ

2018年のNPBのフリーエージェント(FA)戦線は、パ・リーグ打点王の浅村栄斗が西武から楽天へ、セ・リーグMVPの丸佳浩も広島から巨人への移籍を表明するなど、キャリア全盛期を迎えている大物選手が新天地での挑戦を選んだ。...

Twitterのコメント(15)

カープちゃん、4人もいるんだ…
ビキさんにおいてはお誕生日前にFA権取得してくださいませよ。
◯ヤクルト
青木宣親外野手(海外)
大引啓次内野手(海外)
中村悠平捕手(国内)

ムーチョも来年FAか。
来季は中村晃くんを何としても引き留めないと。それにしてもメンツが豊作。
もう来年の話だけど、主力キャッチャー多いイメージね。
来年のFAは今年以上に仁義なき争奪戦になりそうだな
気が早過ぎ(^_-)
鬼が笑うぞ( ´艸`)
金で読売に行くのだけは勘弁して下さい。
| Full-count
もう来年の話(ヽ´ω`)
晃ちゃんはワンチャンあるだろ
松田が代わりに出てくれ
来シーズンオフ菊池、會澤
巨人獲得に動く?
これで2018年のFA市場は閉店ガラガラ。よっしゃ、来年は誰だ!(ぉ

| Full-Count
2011年のドラフト1位はトレード2位は早々戦力外で下位2人が来年FA権とかホントにわかんねぇーな…プロ野球ってさ。
| Full-Count

来季は今年以上に有力選手がFA権を取得するが、ヤクルト球団にとっては中村への対応が注目点。秋山はMLB行きだろうが、菊池が宣言したら讀賣とSBあたりは動く可能性があるかも。
以上

記事本文: 2019年のFA市場はどうなる? 目玉は西武秋山、広島は4選手が権利取得か | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

関連記事