TOP > IT・テクノロジー > 「WSL 2」に「DirectX」が追加 ~将来的にはLinux GUIアプリへの対応も - 窓の杜

「WSL 2」に「DirectX」が追加 ~将来的にはLinux GUIアプリへの対応も - 窓の杜

21コメント 登録日時:2020-05-20 13:01 | 窓の杜キャッシュ

 米Microsoftは5月19日(現地時間)、開発者向けオンラインカンファレンス“Build 2020”で、「Windows Subsystem for Linux 2(WSL 2)」に「DirectX」のGPUハードウェアアクセラレーションを導入する計画を発表した。...

ツイッターのコメント(21)

DECとUNIXの戦争が今もWindows対Linuxという形で続いているのが面白い。
WSL2の機能強化は楽しみだ。
あとは、他社仮想マシンとの共存頼む!
これ出来たらlinuxでgamingが広まるのかしら
DirectX12がLinuxで動くとかもう何が何やら訳が分からないけど凄いな。
-
これはその内、オフィス製品がLinuxコンテナで動くようにするための布石とみた!
さすが我らがMicrosoft。予想通り。
よくわかっていないがこれは期待 (゚∀゚)
Linux版 Ck2 日本語化には最終的に別にマシンを立てないといけないと思っていたけど必要なくなくなるかもな
マイクロソフトがやろうとしてるのはWindowsとLinuxの垣根を曖昧にすることかな?
これ何かメリットあるんやろか?素人考えだとWSLはいいからLinux向けにDirectX API提供してよって思うんだけどそういう話しでも無いのかなあ。
WSL2でDirectXついかされたんですな、 そのうちWSL2上でDirectX12とかでかいたゲーム動かせるようになるのかな・・・・
この辺が充実してくると、「ホストOSとしてのWindows」ってのも見えてくるのかな。
WSLからGPUを使えるようになったぞ!!!!!
サブのLinuxマシン用意しなくても良くなるのは嬉しい
あと機械学習でGPU使えるのはありがたい
GUIアプリへの対応も/“Build 2020”でMicrosoftが発表
Vulcun? Vulkanのこと?
みてる :
ざっくり読んだけど予想以上にガチなやつじゃないか…… |
以上

記事本文: 「WSL 2」に「DirectX」が追加 ~将来的にはLinux GUIアプリへの対応も - 窓の杜

いま話題の記事