鍵を握るのは「くまモン」。熊本県の「SDGsモデル」は広がるか? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

熊本市は、熊本城のふもと、路面電車が走る路面の緑地化を進めるなど、環境にやさしい街として知られる。2019年には内閣府が定める「SDGs未来都市」にも選定されている。県庁のある熊本市だけでなく、県もま...

ツイッターのコメント(4)

10月29日には、SDGsに積極的に取り組む県内の企業・団体を登録する「熊本県SDGs登録制度」の登録証交付式を開催し、第1期として、肥後銀行や熊本銀行、熊本大学など442の事業者が登録された。

👉鍵を握るのは「くまモン」。熊本県の「SDGsモデル」は広がるか?
熊本県では、SDGs関連施策の推進においても「くまモン」が起用されています。認知度が高いため、啓発活動の鍵を握っているようです。

>>鍵を握るのは「くまモン」。熊本県の「SDGsモデル」は広がるか?
鍵を握るのは「くまモン」。熊本県の「SDGsモデル」は広がるか?

『「誰一人取り残さない くまもとづくり」を進めていくと表明した。』
鍵を握るのは「くまモン」。熊本県の「SDGsモデル」は広がるか?
以上
 
PR
PR