台湾侵攻を準備する中国が描く「官民一体」のシナリオ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ツイッターのコメント(10)

台湾侵攻を準備する中国が描く官民一体のシナリオ。台湾侵攻で港を占拠できれば数千隻もの中国商船が侵攻部隊を輸送できる。近年の中国企業による台湾企業の買収により台湾の主要港湾建設の責任者に中共の支持者が就任した。有事の際、この支持者が中国軍侵攻を手助けする。
「台湾政府には、自国を守るために実施できることが沢山ある。まず、中国共産党が管理する駐在員事務所を閉鎖することができる」
⭐︎日本は?孔子学院は?TikTokは?
台湾有事の一つのシナリオ
最悪台湾海峡側の港湾は空中投下機雷による機雷原作成で封鎖だな!銀英伝のリップシュタット戦役のアルテナ星域海戦か同盟滅亡のマル・アデッタ星域会戦のような機雷運用〜日本参戦ならF–2とP−1の飽和ミサイル攻撃?
許さん。
中国海軍は、台湾侵攻の際に数百万人規模の部隊を、港湾設備に頼ることなく上陸させるための十分な数の揚陸艦(ようりくかん)を保有していない。
共産党一党独裁の中国なのに、今さらながら、官民一体?😵、とか。🙀😥😱
先ずは台湾の「中国国民党」の解党
台湾にいる中国人の港湾オペレーターが民間企業に勤務しているからといって、機密情報を外部に漏らさないと考えるのは危険だ。

以上
 
PR
PR