TOP > その他のニュース > ビル・ゲイツ夫妻が語る「コロナ後の世界」に向かう長い道のり | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ビル・ゲイツ夫妻が語る「コロナ後の世界」に向かう長い道のり | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

フォーブスは6月18日、毎年恒例の「フォーブス400慈善サミット(Forbes 400 Summit on Philanthropy)」を開催した。世界をリードする慈善活動家やビリオネアが集うこのイベ...

ツイッターのコメント(10)

ゲイツがワクチン接種の優先順位語る

①世界の6000万人の医療従事者
②米国の場合はまず黒人を優先
③基礎疾患を抱えた人々や高齢者
ゲイツ夫妻は今年の秋の新型コロナウイルスの第2波の到来予測
やな予感する
人類がコロナウイルスの危機から脱するのは、人々の大多数が免疫を獲得して以降になる見通しだが、ゲイツは3つのワクチン候補の初期のテスト結果から、将来を楽観できると述べた。

米国にもこうしろと指図するー、慈善活動家という、
お節介なグローバリストたち。
彼らのデザインする世界に向かって莫大な資金が動いている。

ビル・ゲイツって本当に人間なの?
・ワクチンは1人2回打つらしい
・第二波到来の「予定」...もとい「予測」は今年の秋
・ゲイツ「現在のアメリカは奇妙な状況にあり...」⬅ 奇妙なのはお前だ〜っ💢
ワクチン、1人が2回摂取する必要がある ですってよ。
マスクも全員がつけるべきですってよ。

冗談じゃない!
「WHOは決して完璧な組織ではない。むしろ、完璧からはほど遠い組織と言えるかもしれない。しかし、WHOは第2次世界大戦の終了後に、世界の人々が立ち上げた組織だ。このような危機に対応するためにWHOは存在する」
やっぱりマスクは必須
何故これだけの違いが⁉️😵😢☺️

世界には6000万人の医療従事者がいる。まず最初にワクチンを受けるべきは人々の命を守る仕事をする人たちだ。その次に国や人口に沿った順序が必要になる。米国の場合まず黒人を優先すべきで基礎疾患を抱えた人々や高齢者への配慮も必要になる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR