副業と転職が当たり前の時代において、企業は採用にどう向き合うべきか? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

「副業が少しずつ広がっていったことで、優秀な人ほど転職市場に出てくることなく、友人や知人に誘われ、副業で関わってから転職するケースが増えているのを肌で感じています。労働人口の減少による売り手市場の採用...

ツイッターのコメント(16)

「今まで縦型だった個人と企業の関係性が、少しずつ横型になり対等でフラットになっているからこそ、企業側も考えを変えていくべき」
勉強になる!本当に成功体験つくるのが難しい。なかなか採用まで持っていくの難しいですよね。
大好きなお2人〜好き〜!
私も「いつか一緒に働きたいです!!」って話してた人に後々お声がけいただいて今の会社に入った身です。勉強になるー。
お試し就職、良いところがたくさんあるので流行って欲しいし、その次のステップとしての「より良いお試し」を複数社で良くしていけたらなぁ
ペアルックみたいで可愛い〜🥰🥰🥰(そこじゃない)
今回の写真はイケてる(気がする)
ほんとその通りで、面接・面談の前後の母集団形成やオンボーディングなどの重要性がものすごく高くなる時代。採用担当の仕事がどんどん難しくなってきてるけど、その分おもしろいとも思える。|
人事はプロダクトづくりと同じくらい重要 -
右の人,高校の同級生の姉ちゃんだ。
まだ転職温度感の低い採用候補者のナーチャリングができるとのこと。(HERP Nurture) カジュアル面談層をしっかりプールできてアプローチしたいときに定常的にできるPFとても良き
この組み合わせの写真、電車で笑ってしまうからやめてほしいw
(左が大学の同級生、右が中高の同級生)
人事の仕事は「人間性」が求められている。の章が特に面白かった。

・副業から正社員へのコンバートの難しさ
・手法の優先順位と構造化できていない問題

結局は候補者に対して「誰が・どんな深さとタイミングで」というナーチャリングかと。
南場さんとかそのへんすごい。
Forbesさんに取材頂きました。ここからの採用の話をHERP庄田さんとお話しさせていただきました!

| Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
「優秀な人ほど『今にも転職してやる!』と思っていなくて。彼らは面白い仕事をもらっていて、それなりに待遇も良く、今すぐ辞めるほどのモチベーションにはなっていないんですよね」
以上
 
PR
PR