29%は国外生まれ。移民国家オーストラリア、「住みやすさ」の理由はどこにある? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

オーストラリア政府は1970年代から「多文化主義」を掲げ、移民を受け入れてきた。近年は移民受け入れの審査を厳格化しており、2019年度(2019年7月~2020年6月)以降は移民受け入れ上限を16万人...

ツイッターのコメント(12)

@polichanpolicy  によると、オーストラリアの人々の29%はオーストラリア国外産まれだそうです。日本でそんなことはありますかね?
現地での就労証明書がなくとも後述する方法にて、オンラインで申し込めば永住許可が下りることがあるようだ。
気候沼うんぬより、他文化や多様な価値観を否定しないことが住みやすい理由だと思います❤️
3人に1人が海外生まれ、大学の留学生の比率も3割。
のんびりした空気感と多様性がアウェー感を感じさせない。
地球人なら誰でも住める国!個人的には日本もそのようになってほしい。関係ないじゃん、外国人とか日本人とか
オーストラリアってこんなに移民多いのか。

“今やオーストラリア人の29%は国外生まれ”
オーストラリアは綺麗で雄大、のんびりしてる国かな。四季が逆転してるのも、パースならシンガポールマレーシアから5-6時間なのも、魅力。| Forbes
三男は以前よりオーストラリアに住みたがってます。/
100年後にカナダとオーストリアがどうなっているか。住みやすいかな〜?
「同調圧力が少なく、ワークライフバランスが取りやすい」
確かにそうだし、外国人として住みやすいかな。
まあ、日本も自分が外国人として住んでみたらいろいろと感じ方も変わるのかもだけど
確かにオースは住みやすいけども、(次ツイへ続く)
移民国家だと言われるオーストラリア。今やオーストラリア人の29%は国外生まれだ。
以上
 
PR
PR