TOP > その他のニュース > ユニクロを変えたクリエイターは誰だ? 柳井正が「才能」に投資する理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

ユニクロを変えたクリエイターは誰だ? 柳井正が「才能」に投資する理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

数あるファッションブランドの中で、なぜユニクロは突き抜けることができたのか。その理由の一つには、クリエイターの活用があるのではないか──。柳井社長はクリエイターたちの才能をどのように活用し、どのように...

ツイッターのコメント(26)

経営層にクリエイティビティの高い人材をがどんどん集まっている。自分と異なる才能へ投資していくということ。
これわかるなあ。クライアント側がビジネスの目的をしっかり持っているなら、それに適した提案ができるスキルは持ってると思う。でも、やりたいことがはっきりしてないとこっちもどうしようもない。
クリエイティブ統括にジョン・ジェイ 、UTクリエイティブディレクターにNIGO、執行役員に元POPEYE編集長の木下孝浩、ウェブメディアには松浦弥太郎。クリエイティブは盤石な体制になりつつある。
ユニクロにありZOZOに無いのがこの記事。例えば広告で言えばビジュアル。物で言えばproducutデザイン。更に広い連動ケースもある。コピーは忘れられるがクリエイティブデザインは記憶に残る。
私の立場からすると、力あるクリエイターへのオリエンテーションが大切であり、潤沢な予算確保が何より重要。一方でクライアントの事業を理解する、しようとするクリエイターにはほとんど会わない
"「編集者」の視点で、ユニクロの服やブランドに磨きをかけてほしい。何かをつくるということは、何を選んで何を捨てるかを決める「編集」みたいなものだと思いますから"

厳しいビジネス視点を持ちながらも同時にクリエイティブの力を率直に認められるバランス感覚。
元ポパイ編集長の木下さんの話も。
佐藤可士和さんと最初に会うのは嫌々だったとか、随所に面白い話がある。元『POPEYE』編集長の木下さんがユニクロでどんな編集力に発揮するのかはとても楽しみ。
アートの力でまるでワープするように立ち位置を変えて行ったユニクロ。
そこに視点を集中させた柳井さんは本当にすごい。
佐藤可士和さんは、
ユニクロでは極限まで無駄を削ぎ落として表いたけど、あの頃とは時代が変わって、最近の手法はどんなんだろう。
この記事に出てくる「編集」が、ほとんどそのまま自分の理想とする「編集」です。
センスのいい雑誌のPOPEYEの編集者の方もユニクロに入っていたとは!
これからもユニクロの強さは続きそうですね!
マーケティングにおけるクリエイティビティはクライアントの想いとクリエイターの翻訳が必要、とW+Kのジョン・ジェイ。

日本のクリエイターに懐疑的で佐藤可士和と会うのは嫌々。が彼が作った携帯に一目惚れ。

ユニクロを変えたクリエイターは?柳井正が才能に投資する理由
マーケティングにおけるクリエイティビティは、クライアントの確固たる思いと優れた翻訳家たるクリエイターの両方の存在がなければ実現できません。
トップレベルのクリエイティブディレクターの方は経営、デザイン、マーケティング、さらにクライアントとのコミュニケーション力など総合的にかなりレベル高い。
クリエイティブ・ディレクターとは、ビジネスと広告コミュニケーションをつなぐ翻訳者です。
クライアントは「どういう思いでビジネスを展開しているか」伝えクリエイターは「だったら広告宣伝や店舗設計はこうなりますね」とクライアントの確固たる思いと優れた翻訳家たるクリエイターの両方の存在がなければ実現できません
俺がカタログ作っちゃいけないと分かった
「『編集者』の視点で、ユニクロの服やブランドに磨きをかけてほしい。何かをつくるということは、何を選んで何を捨てるかを決める「編集」みたいなものだと思いますから」。
"何かをつくるということは、何を選んで何を捨てるかを決める「編集」みたいなものだと思いますから。" 柳井さんのものづくりとの距離感見習いたい。学びの多い記事ありがとうございました。
柳井さんのこの他人の才能を信じ抜くところは好きだな
この言葉大事だよなぁ。ビジネスについて、理解が浅い、理解しようとしないと、広告コミュニケーションとして成立しなくなる。

「クリエイティブ・ディレクターとは、ビジネスと広告コミュニケーションをつなぐ翻訳者です。」
「私は携帯電話をまったく使わないのですが」
スマホも使ってないのかな?ユニクロのスマホアプリが微妙なのはそのせいかも。
「マーケティングにおけるクリエイティビティは、クライアントの確固たる思いと優れた翻訳家たるクリエイターの両方の存在がなければ実現できません。」
人と環境と尊重。そして柳井さんの懐の深さ。
クリエイティブ・ディレクターとは、ビジネスと広告コミュニケーションをつなぐ翻訳者…

マーケティングにおけるクリエイティビティは、クライアントの確固たる思いと優れた翻訳家たるクリエイターの両方の存在がなければ実現…
ユニクロが世界的なファッションブランドに成長した背景には、クリエイターの存在がある。柳井 正さんがクリエイティブな才能と協業するようになったきっかけは、ある世界的クリエイティブ・ディレクターとの出会いでした。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR