中国版スターバックスの「ラッキンコーヒー」がIPOを準備中 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

中国版スターバックスと呼ばれる北京本拠の「ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)」が、年内にIPOを計画中であることが分かった。2月28日のロイターの報道によると、IPOの実施は5月か6月の上場の予定で、ラッキ...

ツイッターのコメント(17)

うまいなー
行列に並ぶことなく受け取りだけで
済ませれるアプリでのオーダー決済システム
そして自動販売機まで作るという

スタバにはない
「かゆいところに手が届く場所」を
きっちりと抑えてる
"ラッキンコーヒーでは、顧客は来店前にアプリでオーダーと決済を行い、店舗では商品の受け取りのみ。レジ前の行列に並ぶ必要はない。また、価格もスターバックスよりも安価に抑え、中国での支持を拡大させた。" 〜
昨日のモバイルアプリでのオーダー の話で話題に出した中国のカフェはこちら。急成長っぷりがスゴイ。
瑞幸咖啡の味やシステムについて、率直な感想をお聞かせください
中国の30都市で2000店舗を構えるようになり、2019年には2500店の新設を計画中とのこと。エクスペリアンス重視のスタバと違いテイクアウト重視らしい。 スゴイ勢いだけどどうなんですかね。
中国でスタバよりも勢いあると最近話題のラッキンコーヒー
2017年10月に設立のラッキンコーヒーは、瞬く間に中国の30都市で2000店舗
拡大が早い!
日本にできないかなぁ〜
2017年10月に設立してもうIPO😂 今年中に合計で4500店舗目指してるみたいだけど、日本でスタバが約1400店舗ほどと考えるとそのスピード感ヤバすぎ/
全てにおいて爆速w
マジか。成功すれば細い橋を走り抜けた感あるな。なお、コーヒーは多分普通に美味しい。→
スターバックスがサードプレイスを提供しているのに対して、
ラッキンコーヒーは、顧客は来店前にアプリでオーダーと決済を行い、店舗では商品の受け取りのみ。レジ前の行列に並ぶ必要はない。
さすがや…
史上最速でグロースしてるコーヒーチェーン☕️ もうIPOするの...
中国版スターバックスの「ラッキンコーヒー」が年内のIPOを計画中。売りはテイクアウトやデリバリーを軸にした、オンデマンド型のビジネスモデルだ─
以上
 
PR
PR